美姿勢を体にインプット!『ちょいサポ』のおすすめの使い方とは?【美容賢者のダイエットグッズ】

美ボディを持つ美容賢者におすすめのダイエットグッズを教えてもらうこの企画。今回も前回に引き続き、コンディショニングの基礎スキルを学ぶコンディショニングトレーナー向けのアカデミーが考案した運動ツールを紹介。

re frame conditioning academyのちょいサポという運動ツール

骨格ボディメイクトレーナーの植吉紘子さんがおすすめするのは、「re Frame Conditioning Academy(リ・フレーム コンディショニング アカデミー)」の『ちょいサポ』。こちらも前回紹介した『コアクレードルmini』(コチラの記事を参照)と同じく、アカデミー受講者やメンバーしか買えなかった商品だが、2020年から一般の人でも手に入れられるようになった注目のアイテムだ。

どんなときに使う?期待以上に活躍する運動ツール

『ちょいサポ』はマットエクササイズのときに、腰椎アーチや頸椎アーチなど、体のアーチサポートに効果を発揮するツール。

re frame conditioning academyのちょいサポという運動ツールを足で踏みエクササイズしている女性

「首だけでなく、腰や脚など他のパーツにも使うことができ、『ちょいサポ』というおまけのようなネーミングですが、とてもいい仕事をしてくれる優秀アイテムです」と、植吉さんがおすすめの使い方を教えてくれた。

老けて見えてしまう悪姿勢を改善!

「長時間のパソコンやスマホなどで気付けば背中は丸く、首が前に出て悪姿勢になっていませんか? 姿勢の崩れは肩こり、首こりだけでなく、首のシワやフェイスラインもたるみ…さらにバストも下がり、体のあちこちが重力に負けて下がってくるという悪循環に。この『ちょいサポ』は、インナーマッスルを鍛え、つい前に出てしまう首のラインをスッと立て、形状記憶してくれるトレーニングができるアイテム。頸椎の美しいラインを叶える、計算された角度でカットされたカーブがポイントです」(植吉さん・以下同)

1日1分でOK!いつの間にか美姿勢をインプット

re frame conditioning academyのちょいサポという運動ツールを首の下に入れてエクササイズしている女性

植吉さんがおすすめの使い方を教えてくれた。

「仰向けになり、首の後ろのカーブの隙間を埋めるように『ちょいサポ』を入れたら【1】ゆっくりと息を吸い、胸を持ち上げ【2】肩を横に開き【3】首の後ろを伸ばしていく。この3ステップで美姿勢に。

re frame conditioning academyのちょいサポという運動ツールを首の下に入れてエクササイズしている女性

【3】は顎を引きたくなる動作ですが、顎下は90度をキープしましょう。このエクササイズを1日1~2セット、わずか1分でOKです。朝行うとその日1日のよいポジションが体にインプットされます。仰向けで美姿勢の筋肉を目覚めさせたら、日中は、立った状態でこの3ステップを意識してみてください」

骨格ボディメイクトレーナー:植吉紘子さん

骨格ボディメイクトレーナーの植吉紘子さん

美姿勢美脚スペシャリスト。全米ヨガアライアンス。大学時代にスポーツクラブのインストラクターを経験し、水泳、エアロビクス、ウエイトトレーニング、マラソン、ヨガ、ピラティスなどあらゆるエクササイズにチャレンジするも、コンプレックスの下半身太りは変わらず。その後上京し、痛みの出ない体の使い方を学ぶ。妊娠・出産を経て、現在は、ボディメイクや不調改善のサポートをする骨格ボディメイクトレーナーとして活動。
https://ueyoshihiroko.com/

【データ】
ちょいサポ(re frame conditioning academy)
販売価格:2個1セット8720円(税込・編集部調べ)
販売場所:公式オンラインショップ
http://corecradle.shop17.makeshop.jp/

取材・文/竹腰奈生

●ウエスト-10cm!?『コアクレードルmini』のおすすめの使い方とは?【美容賢者のダイエットグッズ】
●『サンクトバンド』ぶれない抵抗力で下半身痩せをゲット!【美容賢者のダイエットグッズ】
●U.S.A.流最新メソッド&マシンで美くびれ&ヒップアップ!【話題のパーソナルトレーニングジム潜入】(Dr.トレーニング)
●外国人に負けないぷりっと桃尻に!美尻トレーナーが伝授【パーソナルトレーニングジムの動画レッスン】(LIIL)
●2WAYの『おしり体操ポール』で“デカ尻”から美尻を目指す!宅トレグッズを【お試しレポ】

過去の【美容賢者のダイエットグッズ】を読みたい方はこちら

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事