松坂桃李、GACKT、山埼賢人、成田凌のダークなジャケットコーデ集【ファッションチェック】

一口にジャケットコーデと言っても、その着こなしはさまざま。素材や合わせるアイテムなどによって着る人の個性が発揮されていく。今回は、イケメンたちのダークなジャケットコーデを一挙紹介!

GACKT トレードマークの中にも個性を

GACKT

トレードマークのブラック一色でまとめたのはGACKT。

GACKT

ジャケットはスタンドカラーで、GACKT様の長い首がすっきりと強調されている。また、ジャケットのステッチとベルトのポイントにシルバーのデザインがあしらわれ、クールな印象もプラス。ボトムはサルエルパンツをチョイスして、個性もバッチリ。

GACKT

映画『翔んで埼玉』が第44回報知映画賞の特別賞を受賞し、武内英樹監督とともに授賞式に出席したGACKT。ブロンズ像を受け取り満面の笑みを見せた。(2019年12月18日)

→アクセでシルバーを加えた草なぎ剛のコーデはコチラ

山埼賢人 主役を引き立てるシンプルルック

山崎賢人

ブラックのツーピースでまとめた山埼賢人。

山崎賢人

映画『キングダム』の佐藤信介監督が第44回報知映画賞の監督賞を受賞したため、主演として花束を贈呈した山崎。「主役は佐藤監督」という思いがあるからか、あえてシンプルな装いだった。足元もストレートチップシューズにして、フォーマルな雰囲気に。唯一柄物だったネクタイも、モノトーンで落ち着かせていた。

山崎賢人

壇上で佐藤監督とハグをし、受賞を祝福した山埼。「『キングダム』はぼくにとって本当に大切な作品」と、同作への思い入れの強さも明かした。(2019年12月18日)

→北村匠海のモノトーンコーデはコチラ

成田凌 パキッとフォーマルで勝負

成田凌

成田凌もブラックを基調にしたフォーマルスタイル。

成田凌

ジャケットは、襟が上に向かって尖っている「ピークドラペル」で、タキシードに由来するフォーマルなデザイン。これにより、コーデ全体がグッと引き締まって見えた。また、ネクタイはサテンのような光沢のある素材で、顔周りを明るい印象にする効果も。ジャケットをカジュアルに着こなすことも多い成田だが、この日は着崩すことなく正装で勝負した。

成田凌

成田は、映画『チワワちゃん』『愛がなんだ』『さよならくちびる』で第44回報知映画賞で助演男優賞を受賞。「この助演男優賞に恥じない役者にならないといけない」と、宣言していた。(2019年12月18日)

→タキシードでビシッと決めた千葉雄大はコチラ

松坂桃李 さり気ないおしゃれに注目

松坂桃李

ダークグレーのツーピースを着た松坂桃李。

松坂桃李

ピンストライプがさり気なくはいったデザインで、大人のおしゃれを演出。細く長い脚を強調するテーパードパンツでスタイルアップさせつつ、シャツやネクタイ、シューズをブラックで統一し上品にまとめた。シャツの襟元に輝くカラーピンが、洗練されたファッションをさらに引き立てている。

松坂桃李

松坂は、「第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」の授賞式に出席。主演男優賞を受賞した池松壮亮に、前年受賞者として盾を贈呈した。(2019年12月28日)

→こだわりがにじむ松坂桃李のコーデまとめはコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/高柳茂、浅野剛

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事