令和2年も輝く雅子皇后|世界を魅了した華麗なる装いを振り返る

令和元年の皇后雅子さまは、さまざまな儀式や式典などに加え、ご公務もありお忙しい日々を過ごされた。そこには、笑顔も涙もすべてを糧にされているような、凛とした表情があった。令和2年1月2日に行われた新年一般参賀では、集まった多くの人に輝くような笑顔で手を振られた。令和2年も皇后としてのお務めに注目が集まる。そこで、海外でも高い関心を集めた伝統衣装や美しいローブ・デコルテなどをお召しになった即位関連行事での装いを振り返る。

2019年10月22日、「即位礼正殿の儀」

雅子さまが十二単をお召しになっている

2019年10月22日、「即位礼正殿の儀」

「即位の礼」、その儀式の中心になった「即位礼正殿の儀」。天皇陛下は高御座に登られ、「憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」(要旨)と宣明された。その姿を十二単姿で横の御帳台から見守られる雅子さま。

→雅子皇后の十二単など装いで振り返る「即位の礼」はコチラ

2019年10月22日、「饗宴の儀」(第1回)

天皇陛下と皇后雅子さまがブータン国王ご夫妻とご挨拶をしている

2019年10月22日、「饗宴の儀」(第1回)<写真提供/宮内庁>

「即位の礼」に招待された世界の王族、政財界の重鎮たち。そのロイヤルゲストを喜ばせたのは天皇皇后両陛下主催の「饗宴の儀」。着席、立食と形式は違っても和食が供された。日本とゆかりの深いワンチュクブータン国王(39)、ジェツン王妃(29)のあいさつを受けられる。

→雅子皇后「饗宴の儀」全ファッションはコチラ

2019年10月25日、「饗宴の儀」(第2回)

饗宴の儀でテーブルに座り天皇陛下と皇后雅子さまが談笑されている

2019年10月25日、「饗宴の儀」(第2回)<写真提供/宮内庁>

三重のパールネックレスが胸元を華やかに彩る変わり織のロングドレス。シャンパンゴールドがまぶしく輝く。

→雅子皇后、ご成婚の日から世界を魅了した優美な装いはコチラ

2019年10月29日、「饗宴の儀」(第3回)

天皇陛下と皇后雅子さまが歩いておられる

2019年10月29日、「饗宴の儀」(第3回)

立食形式の祝宴。最近お気に入りのラッフルをあしらって、シンプルな中にフェミニンさを表現された。

→皇后雅子さま、着物からドレスまで色鮮やかな着回しはコチラ

2019年10月31日、「饗宴の儀」(第4回)

天皇陛下と皇后雅子さまが乾杯をされている

2019年10月31日、「饗宴の儀」(第4回)

和の装いで祝宴のフィナーレに臨まれた雅子さま。日本伝統工芸の粋といえる技法で、松や亀甲紋をちりばめて、乾杯!

→雅子皇后、アイディアに溢れたパーフェクトコーデはコチラ

2019年11月9日、「国民祭典」

国民祭典を天皇陛下と皇后雅子さまがご覧になり、雅子さまは涙をぬぐっている

2019年11月9日「国民祭典」(写真/共同通信社)

嵐が天皇陛下のライフワーク・水の研究をテーマにした奉祝曲「Journey to Harmony」を優しく歌い上げた時、雅子さまはたまらず涙をぬぐわれた。ご成婚(1993年6月9日)から26年、おふたりの辿ってきた道程を振り返られていたのだろう。

→雅子皇后の“お心遣い”がにじむ淡色ドレス&スーツはコチラ

2019年11月10日、「祝賀御列の儀」

天皇皇后両陛下

2019年11月10日、「祝賀御列の儀」

1回目の饗宴の儀にお召しになったラッフルがバラの花びらのように重なったローブ・デコルテ。皇室に受け継がれている大粒のダイヤモンドの3連のネックレスを2連にしておつけになった。そのコーディネートに、屋外ということでジャケットをお召しに…。

→雅子皇后の麗しきローブ・モンタントはコチラ

天皇陛下と皇后雅子さまが笑顔でオープンカーに乗っていらっしゃる

2019年11月10日、「祝賀御列の儀」

天皇陛下は燕尾服に勲章をつけられ、雅子さまはローブ・デコルテにジャケットを重ねられ、ダイヤモンドの輝く第1ティアラをつけられた。日の丸の小旗を振り、カメラやスマホをかざす人々に手を振って応えられた。この様子はNHKほか民放5系列のテレビ局が生中継し、平均視聴率が45.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

→雅子皇后 祝賀パレードのティアラとドレス姿はコチラ

オープンカーに乗って涙を拭われる雅子さま

2019年11月10日、「祝賀御列の儀」

元来皇室の方々は感情を表されないのが美徳とされてきた。だが雅子さまが2日続けて国民の祝福を目の当たりにして感極まわれてしまったのだろう。沿道の人々も、テレビの前で見守った人々も涙した。何とも素直な美しい涙だった。

→雅子皇后、秋の儀式を華やかに彩ったドレスはコチラ

2019年12月9日、雅子さまお誕生日

天皇陛下と皇后雅子さまがソファに座ってボンボニエールを手にしてお話しをされている

2019年12月9日、雅子さまお誕生日(写真提供/宮内庁)

歴年のお誕生日写真に比べると56才の記念写真はフォーマルなイメージ。女性セブン2019年12月19日号でも“小さなペアルックが素敵!”とお伝えした雅子さまのゴールドカラーのスーツと、天皇陛下のネクタイが同じ色。その装いで「大饗の儀」(2019年11月16日、18日)で配られた銀器・ボンボニエールを手に談笑。そして文書で発表された感想では、「国内各地で出会った沢山の笑顔は、これからの歩みを進めて行く上で、大きな支えになってくれるものと思います」と感謝を示された。

→雅子皇后、オレンジスーツの着回しはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材、祝賀御列の儀取材班

※女性セブン2020年1月2・9日号

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事