【美のプロが愛するコンビニ飯】ダイエットに貢献するファミマの高たんぱく低糖質なお総菜とは?

街はすっかりクリスマスムードで、ケーキなどダイエットを阻む高カロリーな食事をする機会が増える。だからこそ、いつものランチや夕食はしっかりヘルシー路線でセーブしたいところ。そこで、美のプロにダイエット向きのコンビニフードを教えてもらった。

ファミリーマートのポケチキ チーズとさばの塩焼きとかにかまマヨネーズ和えとおでんと全粒粉サンド サラダチキンとチェダーチーズと明治製菓のinバープロテイン ベイクドビター

ランチは仕事の合間にサクッと食べることが多いので、コンビニをよく利用するというダイエットガイドの土井千春さん。夕食のバランスを考え、足りないものを補給するのにもコンビニは便利と語る。中でもよく利用するのがファミリーマートで、理由は、高たんぱく質で低糖質なお総菜が豊富だからだという。

「コンビニでは、まずはお総菜メニューをチェックします。ファミマの『お母さんの食堂シリーズ』や、グリルチキン、海鮮スティック、パストラミビーフなど食事にプラスするとバランスのいい食事にすることができるので、おすすめです。レジ横のおでんやチキン系のお総菜も手軽でよく購入します。カップ麺やお弁当よりも、単品メニューでバランスよく組み合わせて買うのがマイルール。また、最近は種類が豊富なプロテインドリンクも必ず買います」(土井さん・以下同)

『ポケチキ チーズ』(ファミリーマート)

ファミリーマートのポケチキ チーズ

『ポケチキ チーズ』(ファミリーマート)186円(税抜)

●鶏むね肉とチーズのたんぱく質コンビ

ナゲットの軽い衣と唐揚げのジューシー感という両方のいいとこ取りをした鶏肉メニュー。鶏肉に相性のいいチェダーチーズで味付け。新鮮な鶏むね肉をひき肉にはせず、粗目にカットすることで、ジューシー感を実現。5個入りで、約256kcal。たんぱく質は16.61g摂れる。

「鶏むね肉だとパサパサしそうですが、とてもジューシーでおいしく、チーズ味はより高たんぱく低糖質。揚げているので満足感もあり、サラダチキンやささみに飽きた人にもおすすめです」

『さばの塩焼き』(ファミリーマート)

ファミリーマートのさばの塩焼き

『さばの塩焼き』(ファミリーマート)276円(税抜)

●血液をサラサラにする焼きさば

魚醤塩を使用したノルウェー産さばフィーレを使用。骨取りされているので、食べやすい。1パック256kcal、たんぱく質は15.8g摂れ、糖質は0.5gと低く、ダイエット向き。

「焼き魚などは自宅では面倒で、つい魚メニューが減りがち。でも青魚にはDHAとEPAが含まれており血液をサラサラにしたり、脂肪がつくのを阻止したりする働きがあります。骨も取り除かれているので子供にも安心して食べさせられ、便利です」

『かにかまマヨネーズ和え』(ファミリーマート)

ファミリーマートのかにかまマヨネーズ

『かにかまマヨネーズ和え』(ファミリーマート)184円(税抜)

●血糖値の上昇をセーブ

コクのある卵黄タイプのマヨネーズを形状の異なるかに風味かまぼこに絡めて仕立てある。1包装あたり224kcal。

「かにかまは高たんぱくでかつ低脂質、カロリーも低いダイエットメニューです。多く含まれる栄養素はカルシウムとビタミンDがあります。これらが合わさると血糖値の上昇を抑制する効果があります。また、マヨネーズは卵と油と酢などでできていて、野菜に多く含まれる脂溶性のビタミンの吸収を強く促してくれるなど、意外とダイエットに不向きではない食品。マヨネーズと和えていることでボリュームも出て満腹感を得られますし、サラダにのせたりアレンジもおすすめです」

『おでん』(ファミリーマート)厚揚げ(絹)、こだわり味付たまご、牛すじ串

ファミリーマートのおでんの厚揚げ(絹)、こだわり味付たまご、牛すじ串

『おでん』(ファミリーマート)厚揚げ(絹)93円、こだわり味付たまご84円、牛すじ串125円(税抜)

●具材次第で栄養満点のダイエットメニューに!

ファミマのおでんは、今年も全国を7つの地域に分け、地域ごとの特色に合わせたつゆを提供。厚揚げ(絹)は、105kcal、たんぱく質は6.2g。味付たまごは、73kcal、たんぱく質は6.6g。牛すじ串は、30kcal、たんぱく質は4.9g。この3品で200kcalちょっと、たんぱく質は17.7gも摂れる。

「これからの季節に最適なおでんはまさにダイエットメニュー。必ず入れたいのが栄養満点の卵、たんぱく質豊富な牛すじやウインナー、厚揚げなど。練り物や餅巾着などは塩分や糖質が高いのでダイエット中は控えるのが賢明」

『全粒粉サンド サラダチキンとチェダーチーズ』(ファミリーマート)

ファミリーマートの全粒粉サンド サラダチキンとチェダーチーズ

『全粒粉サンド サラダチキンとチェダーチーズ』(ファミリーマート)258円(税抜)

●全粒粉入りパンとサラダチキンで罪悪感半減

サラダチキン・チェダーチーズを、ピリ辛のトマトのソースとバジルソースで味付けし、全粒粉を使ったパンでサンド。1包装214kcal。

「どうしてもパンが食べたくなったときも全粒粉入りのパンならやや低糖質なため罪悪感も半減。具材がサラダチキンのものは高たんぱくで、栄養価も高くバランスがいいのでおすすめです」

『inバープロテイン ベイクドビター』(森永製菓)

森永製菓のinバープロテイン ベイクドビター

『inバープロテイン ベイクドビター』(森永製菓)150円(税抜・編集部調べ)

●チョコレート菓子感覚のプロテインバー

『inバープロテイン ベイクドチョコ』に比べて、糖質は5.9gと約40%オフ。食物繊維もおよそ4倍の6.7g。1本で155kcal、たんぱく質は10.4gも摂れる。さらには、たんぱく質の働きに必要なビタミンB群も添加されている。「ベイクドビター」は甘さ控えめ。

「小腹が減ったとき、3時の休憩に甘いものが食べたいなと思うときに手軽にたんぱく質補給ができ、しかもチョコレートを食べた感覚になれるのでおすすめです。持ち歩きもでき、糖質オフなうえに食物繊維も豊富というダイエットに好都合なバーです」

ダイエットガイド:土井千春さん

ダイエットガイドの土井千春さん

株式会社シーエスティーグレイス代表取締役。2014年ベストボディー全国大会のファイナリスト。全国の痩せたい女性を集めてダイエット指導を行うダイエットチームを結成し、年間300人以上をダイエット成功へ導いている。また、ダイエット商品開発も行う。

撮影/黒石あみ 取材・文/竹腰奈生

●【美のプロが愛するコンビニ飯】オーガニックライターがセブン-イレブンでリピ買いするものとは?
●【美のプロが愛するコンビニ飯】「量より質」で選んだナチュロ、セブンの6品とは?
●ダイエット中に!コンビニお菓子・スイーツ56選|低カロリー、低糖質など市販のおすすめ一挙まとめ
●コンビニ飯をヘルシーメニューにするための裏ワザ5選
●コンビニ飯の健康志向が進行中!”自分定食”を組み立てるのがコツ

過去の【美のプロが愛するコンビニ飯】を読みたい方はこちら

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事