石田ゆり子はジム通いで180度開脚目指す!習い事始めるR50女性が増加

《きのうからギターレッスンが始まった。まだ何もできないけれど楽しくて仕方ないです。がんばります。》

石田ゆり子(50才)が11月17日、自身のインスタグラムでギターを習い始めたことを明かした。

赤ニット&パンツスタイルで颯爽と歩く石田ゆり子

この日はジム帰りだった石田ゆり子のプライベート姿

石田は現在公開中の映画『マチネの終わりに』で、福山雅治(50才)演じる天才クラシックギタリストと惹かれ合うジャーナリストを演じている。

「映画の影響でクラシックギターを始めたようです。なかなか思い通りに動かない自分の指にもどかしさを感じながらも、とても楽しそうですよ」(テレビ局関係者)

2020冬公開の映画『サイレント・トーキョー』のヒロイン役が決まるなど、出演作が相次いでいる石田だが、それ以上に忙しくしているのが“お稽古事”だ。

「ピラティスとスポーツジムが週2、フランス語と英語が週2、ギターが週1なので、多い時は週5でお稽古事に通っているそうです。最近はフランス語と英語のレッスンは少しお休みしているようですが、いろいろなことに興味を持って、それを学びたいという意欲がすごい」(ファッション誌関係者)

お稽古事が長続きしないという人も多いが、「目標を作る」のがゆり子流だとか。

「例えばギターだったら“この曲をなめらかに弾けるようになる”というように、具体的な目標を定めてそれに向け頑張る。ジムでは年内に“180度開脚ができるように”と決めていて、もう達成目前のようです」(前出・テレビ局関係者)

→奇跡のアラフィフ石田ゆり子の魅力を解剖した記事はコチラ

アラフィフからお稽古事を始める女性が増加


実は最近、石田のようにアラフィフからお稽古事を始める女性が増えているという。ハナマルキャリア総合研究所代表の上田晶美さんが話す。

→石田ゆり子、真紅のドレス姿はコチラ

「英語やヨガ、お金の投資に関するものが増えています。アラフィフ女性はバブル時代にお稽古事をしていた人も多いので、自分にお金をかけることへのハードルが低い。自分自身への投資と考えているようですね」

人生100年時代といわれる今、50代は「折り返し地点」。アラフィフから始めても遅すぎることはないという。

「若い頃に比べて身につくのに時間はかかるけれど、50代は時間に余裕がある人も多いから練習ができるし、新しい友達ができるというメリットもある。長い目で見れば、お稽古事は人生を豊かにするうえでとても大切だと思います」(前出・上田さん)

ゆり子流とまではいかなくても、あなたも今からお稽古事を始めてみては?

※女性セブン2020年1月1日号

●ピラティスの効果は?ヒップ、お腹、脚などを刺激するマシンピラティスに挑戦!【体験レポ】
●石田ゆり子、のん、杉咲花、中条あやみの深秋を彩るカジュアルドレッシー【ファッションチェック】
●2児のママ優木まおみさん、美しさの秘密はピラティスと栄養素を意識した食生活【美痩せインタビュー】
●石田ゆり子、有働アナも悩む更年期障害の新治療法 塗り薬や貼り薬も登場
●「SUMO YOGA」ってどんなヨガ?逆輸入の相撲風ヨガエクササイズで下半身痩せ!【体験レポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事