雅子皇后、アイディアに溢れたパーフェクトコーデをご披露!

天皇皇后両陛下は即位の礼と大嘗祭の終了を報告するため、天照大神を祀る伊勢神宮(三重県伊勢市)を参拝する2泊3日の「親謁の儀」(11月21~23日)、歴代の3天皇陵を参拝する2泊3日の「親謁の儀」(11月26~28日)で奈良・京都を訪問された。

細部まで工夫を凝らされ、“美と品”が随所にちりばめられたファッションにも注目が集まった。人々の視線が集まる、さまざまなシチュエーションに挑まれた皇后雅子さまの装いの秘密に迫る――。

へちまカラーが印象的な淡色アンサンブル

ツヤのあるオフホワイトのスーツをお召しになった雅子さま

11月21日、近鉄宇治山田駅

皇后になられてから、淡色の装いをチョイスされることの多い雅子さま。皇室の祖であった天照大神を祀る伊勢神宮への旅は、へちまカラーの全身オフホワイトのアンサンブルでスタート。

→雅子皇后の令和ファッション!レース地ワンピースなど8つの新テイストはコチラ

小さなペアルックが素敵!

天皇皇后両陛下が笑顔で会話をされている

11月23日、近鉄宇治山田駅

伊勢神宮の参拝を終えられたご夫妻。関係者と穏やかにあいさつを交わされる雅子さまのスーツは明るいトーン。そして天皇陛下(59)のネクタイの色にご注目! 雅子さまのスーツと同じ色。ご成婚(1993年6月9日)から26年たっても仲むつまじいおふたりです。

→雅子皇后、伊勢できらめいた十二単&白とオレンジのスーツ姿はコチラ

1度の仮縫いで完成!ご多忙の中、省力スーツのアイディア

白いスーツをお召しになって、笑顔でお歩きになる雅子さま

11月26日、ホテル「THE KASHIHARA」

雅子さまの装いのアクセントの特徴の1つにブレード(細いひも)の多用がある。今回の旅でもブレード飾りのスーツをお召しになった。そこで発見が1つ。夏に色違いのスーツを拝見していた。ご多忙の中、仮縫いの時間を節約する一工夫です。

ブレードが特徴的な淡いブルーのスーツをお召しになった雅子さま

6月24日、日本芸術院授賞式にて

→雅子さま 精力的なご公務でのおしゃれ着回しファッションはコチラ

バックスタイルも抜かりなく…

参拝をされる雅子さまの後ろ姿

11月28日、明治天皇山陵

最近の雅子さまは装いのポイントに、フリルより大きなラッフルをプラスさせるのがお気に入り。天皇陵を参拝されるドレスにもウエストから下がるラッフルのデザインを。参拝を終えられると、ハイネックのジャケットを重ねられた。

→雅子皇后の“お心遣い”がにじむ淡色ドレス&スーツスタイルはコチラ

【次ページ】お茶会は淡いブルーのロングドレスで

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事