お正月こそ食事に注意!3つの心理テストであなたの食習慣をチェック

ダイエットを成功させるには、食事へ気を配ることは欠かせない。でも、気づかずに行っている習慣や余計な我慢が美痩せの邪魔をしているかも。令和になって初めて迎えるお正月、食事の量はほどほどにしながら、食習慣を見直すきっかけにして!

夜中にピザを食べる女性

写真/Getty Images

まずは食事の悪習慣を自覚することから新年のスタートを。さらに、あなたにぴったりの食事ダイエット法を知ることができる心理テストもチェックしてみて。

気づいている?あなたを太らせる食の悪習慣、4タイプのどれか早わかり!

野菜に囲まれた皿

生活に欠かせない食事。そんな、食事の内容やとり方があなたの体形に直結しているかも。深層心理を探ってあなたが注意すべき食に関する悪習慣を導き出し、美痩せのために改善を!

Q1 あなたの帰宅時間は?

a 遅くても20時には帰宅→3へ
b 21時過ぎることが多い→2へ

Q2 家ではほとんどアイロンを使わない。

yes→5へ
no→4へ

Q3 消費税増税で財布のひもが固くなった。

yes→6へ
no→5へ

Q4 あなたはどんな超能力がほしい?

a 心が読めるテレパシー→診断A
b 瞬間移動できるテレポーテーション→診断B

Q5 うどん、ラーメン、パスタすべて固茹が好き。

yes→診断C
no→診断B

Q6 提出書類の締め切り10分前。途中までしか作成できてないあなたは?

a パパッと書いて期限に間に合うように出す→診断C
b 期限過ぎても内容重視で提出→診断D

診断A 「深夜めしタイプ」遅めの夕食を軽く!

忙しくて食事の時間がズレこみがちのあなた。夕食が遅い時間になることも多そう。あなたの食の悪癖は“夜食”ときどき“深夜食い”。帰宅が遅くなりそうなときは夕方に軽食をとり、家では蒸し野菜やこんにゃく麺、きのこたっぷりのスープなどカロリー&糖質控えめメニューを。おデブにつながる食べグセが改善できるはず。

診断B 「早食いタイプ」根菜、ナッツで噛む習慣作り

何でも素早く片づけるのが好きなあなたは、食べる速度も早くなりがち。あまり噛まずに飲み込むことも多いのでは? そんなあなたの食の悪癖は“早食い”。ゆっくり食事を楽しむ習慣をつけるのが理想だけれど、まずは早食いできない食材を選ぶことから始めるとよさそう。根菜類や小魚、ナッツ類などで噛む習慣をつけて。

診断C 「偏り食いタイプ」意識が高い人との食事が◎

合理的だけどものぐさな面があるあなた。油断すると毎日のメニューが似てきたり、栄養が偏りがち。赤(肉などたんぱく質)、緑(野菜などビタミン)、黄(米など糖質)の3色の食材を食卓にのせるよう心がけて偏食を防いで。健康と食を気遣っている友人と一緒に食事するのも◎。あなたの意識も高くなるはず!

診断D 「満腹食いタイプ」ストレス緩和&食べ方に工夫して

あなたの悪い食べグセは、過食。空腹じゃないのに何かつまんだり、満腹なのに食べ続けるケースが増えていない? 原因はおそらくストレス。リフレッシュを心がけると同時に、食べ方の工夫を試みて。どれだけ食べたかわかりにくいスナック菓子などは量を決めて皿に出して食べたり、本当に食べたいのか自分に向き合ったりすることも必要かも。

→太らない鍋の食べ方はコチラ

太る理由をズバリ診断!あなたのモンスタータイプは?

モンスターのイラスト

イラスト/IllustAC

痩せたいのに痩せられない…そんなあなたの中に潜んでいるのはどんなモンスター? 心理テストであなたを太らせるモンスターのタイプを診断。傾向と対策を知って、モンスターを撃退して!

Q1 アフター5に飲むならどっち?

a 仲間とワイワイ居酒屋かカフェバー →2へ
b 自分のペースで楽しめる宅飲み →3へ

Q2 増税しても外食頻度は意外と減らない?

yes →4へ
no  →5へ

Q3 心に残った儀式・イベントは?

a ラグビーW杯→5へ
b 即位の礼 →6へ

Q4 今、出かけたいのは?

a 盛り上がる音楽イベント→診断A
b 話題の美術展→診断B

Q5 憂鬱な気分になる休日の予定は?

a 散らかった部屋の掃除→診断B
b 出費の多いお出かけ→診断C

Q6 お正月のおせち料理は?

a 縁起物だし高くても用意した→診断C
b 実はあまり興味がない→診断D

診断A 夜の飲みに惹かれる「ドラキュラ」タイプ

明るく活動的な昼より、暗くてネオン輝く夜に惹かれがちな今のあなた。夜には楽しい飲み会があり、昼間より親密な人間関係も生まれやすいし…。そんなあなたは、夜の街を徘徊する吸血鬼・ドラキュラタイプ。血を求めるように、ワインなどのお酒を楽しみ、糖質たっぷりのおつまみで太りそう…。飲み会の誘いにのる回数を減らして、朝の街を散歩したり公園でストレッチしたりと体を動かすことを心がけて!

診断B 見たものを食べたくなる「百目鬼」タイプ

あなたは視覚的な刺激に弱い人。食べ物の広告や映像から食欲をかきたてられることが多いのでは? ハンバーガーのCMに釣られてオーダーしたり、コンビニで旬のデザートを見たとたん買ってしまったり。そんなあなたは、体中、目ばかりの妖怪・百目鬼(どめき)タイプ。注目するものを、食べ物から運動に変換しましょう。最新のエクササイズやワークアウトの情報をたくさん見てみて。やりたくなって美痩せへの道が開けそう!

診断C お腹いっぱいでも残せない「もったいないおばけ」タイプ

あなたは食べ物に対してリスペクトの心を持った人。その上礼儀正しい食いしん坊なので、出されたものは完食したいという思いが強いみたい。完食どころかバイキングで限度を超えて食べたり、お腹いっぱいなのにさらに賞味期限直前の買い置きを処分(!)したり…。そんな生活では、カロリーオーバー間違いなし。こんなあなたをモンスターに例えると、もったいないおばけ。腸内環境を改善して、食欲をセーブするのがオススメ。

診断D 家にあるものを食べ尽くす「妖怪ごくつぶし」タイプ

家でくつろぐことが好きなあなたは、買い置きしてあるお菓子やインスタント食品などについ手が出てしまいがち。食べ出すとなかなかやめられなくて、気がつくとストックがなくなっていたりして…。そんなあなたは、妖怪・ごくつぶしタイプ。家にある食べ物がなくなるまで食べ尽くすかも。それは、体にもお財布にも有害。買い置きしないのが一番ですが、どうせ買うなら太りにくいものを選んで。

→大ヒット!タピオカは太る?痩せる?を解説

三日坊主から卒業!あなたにピッタリの食事ダイエットを診断

芝生に仰向けで寝転ぶ女性

「今度こそ、ダイエットを!」そう意気込むのに、なぜか三日坊主…。ダイエットが続かないのは、自分に合った方法に出合えていないからかも? 深層心理を探って、あなたにぴったりの食事ダイエットを今日からでもスタートしてみて。

Q1 2月のバレンタイン。あなたのチョコの選び方は?

a そのときの気分で選ぶ→2へ
b 決まったブランドから選ぶ→3へ

Q2 テストや資格の勉強は?

a 追い込まれて頑張るタイプ→4へ
b 計画的に取り組むタイプ→5へ

Q3 間違ったことをしたときは?

a しかってほしい→6へ
b なぐさめてほしい→5へ

Q4 あなたの得意分野は?

a 旅、スポーツ、アウトドア→診断A
b 芸術、漫画、グルメ→診断B

Q5 日記か家計簿をつけている。

yes→診断C
no→診断B

Q6 春になったら始めたいレッスンは?

a ホットヨガ→診断C
b ボクササイズ→診断D

診断A 食べる順番ダイエット

明るくて楽しいことが好きだけど、面倒くさがり屋でコツコツ努力するのは苦手。そんなあなたにピッタリなのは、“食べる順番ダイエット”。これは、汁物→野菜→主菜→炭水化物の順番によく噛んで食べるだけ。いつもどおりの食事から始められて、長続きしやすいはず!

診断B 置き換えダイエット

好奇心は旺盛だけど、少し飽きっぽいところがあるあなた。1日3食のうち1食を低カロリーメニューにする“置き換えダイエット”がオススメ!  野菜スープやスムージー、プロテインなどその日の気分で選べば、飽きずに続けられそう。高カロリーになりがちな夕食を置き換えるとダイエット効果◎。

診断C レコーディングダイエット

誠実で几帳面な性格のあなた。ストレスがたまりやすく、ときどきドカ食いなどしていない? そんなあなたが続けられそうなのは、毎日の食べたものと体重を記録するだけの“レコーディングダイエット”。自分の食べ方の癖や改善点に気づき、自然と食べ方が変わって痩せられそう。自分をプロデュースしていく感覚が、あなたにピッタリ!

診断D 糖質制限ダイエット

誘惑に弱い面もあるけれど、基本は真面目でガッツがあるあなた。スイッチがはいれば少し面倒な食事制限も続けられるはず。そんなあなたにオススメなのは、“糖質制限ダイエット”。 主食を普段の半分ほどに減らし、いも類やデザートなど糖質の多い食べ物は控えて。成果が出るのが比較的早いことが励みになり、長続きしそう!

→寝る前に1杯!夜はちみつダイエットはコチラ

監修:森冬生(もり・ふゆみ)

占術家・心理テスト執筆者。雑誌、Webサイトを中心に活動中。占術の得意分野は、西洋占星術、風水。ほかに、血液型診断や古今東西の占術のロジックを生かしたオリジナル占術も創作。心理テストでは、設問の面白さと解説の意外性に定評がある。公式サイトは、https://morifuyumi.jp/

●NGの野菜も!【痩せる食べ方Q&A】ベジファーストのダイエット効果は?
●キツくない糖質制限が成功のコツ!-17kgの著者が教える「3Days糖質オフダイエット」
●ダイエットの専門医が教える「デブ習慣」と「デブ行動」4選
●【ダイエットアプリ】カロリー計算が一瞬!”AI栄養士がアドバイス”など成功に導く人気の5選
●【平成のダイエット事情アンケート】インパクト1位は「○○オフ」、今後の注目は「おからパウダー」

関連記事