発酵食品で“育菌”。液体塩こうじを使ったあったか白菜レシピ

美肌や免疫力アップ、疲労回復、便秘解消など…いま、さまざまな効果をもつ発酵食品の力が見直されているという。そこで、ハナマルキの「液体塩こうじ」を使ったレシピをご紹介。朝夜は冷え込む季節にぴったりのあったか料理で“育菌”にチャレンジ。

* * *

白菜とブリのさっぱり液体塩こうじ蒸し

receipe_shiokoji04

材料(2人分)

白菜(ひと口大)…150g ブリ(切り身)…2切れ シメジ…30g ニンジン(スライス)…4切れ カボス(スライス)…2切れ 液体塩こうじ…大さじ1と1/2 ポン酢…適宜

下準備

・シメジは、いしつきを落として、小房に分ける
・ニンジンは、さっと水にくぐらせてからラップに包み、電子レンジ(500w)で30秒加熱する

作り方

【1】30cm×30cmのオーブンシートを2枚用意し、それぞれの真ん中に白菜を敷いて、ブリをのせ、シメジ、ニンジン、カボスを添える。液体塩こうじを振りかけ、具材を包むようにシートの上下を重ね合わせ、左右を折り畳む
【2】【1】を蒸し器に並べて、強火にかける。蒸気が上がってから、ブリに火が通るまで7分ほど蒸す
【3】シートごと器にのせ、お好みでポン酢を添える

【あったかスープもチェック!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事