眞子さまが見せられた大人シックな”冬グリーン”の着こなし術

 

婚約が延期のまま10月には誕生日を迎えられ、28歳になられた秋篠宮家の長女眞子さま。

25日午後、東京・港区で行われた「みどりの『わ』交流のつどいに出席された眞子さま

アラサー真っただ中の眞子さまが、茶色や黒ばかりになりがちな冬に、グリーンを主役にした大人女子コーデを披露されたのは、11月25日、東京・港区で行われた「みどりの『わ』交流のつどい」だ。

大人女子が選ぶべき冬の“緑”は、シックなモスグリーン

25日午後、東京・港区で行われた「みどりの『わ』交流のつどいに出席された眞子さま

冬のグリーンといえば、カーキが大活躍するが、カーキはカジュアルテイストが強め。そこで、大人女子がきれいめに着る冬のグリーンというと、モスグリーンが選ばれる。モスグリーンはカーキに比べて大人っぽい落ち着きやシックなイメージで、ベーシックカラーとも相性がよく、大人女子でも浮いて見えないのがポイントだ。

→【写真22枚】サングラス姿も!眞子さまの華麗なるファッション集はコチラ

引き締めカラーの黒を合わせてスタイルアップ

25日午後、東京・港区で行われた「みどりの『わ』交流のつどいに出席された眞子さま

モスグリーンは濃いめの色だから、引き締め効果はすでに備わっているが、そこに、モノトーンである黒を合わせると、さらにキュッと引き締まって見える。白などの明るいカラーを合わせるよりも奥行きが出る上に、モスグリーンが際立ち、どことなく大人っぽい雰囲気も漂わすことができる。

→眞子さまの和装姿も!上品な海外公務ファッションはコチラ

ほんのりチェックが可憐なスパイスに

25日午後、東京・港区で行われた「みどりの『わ』交流のつどいに出席された眞子さま

よく見ると、モスグリーンのセットアップは、チェック柄になっている。モスグリーンと黒という配色は大人っぽいが、ともすれば老けて見えるというのが難点だが、チェック柄にすることでガーリーな一面をのぞかせ、大人かわいいムードを演出してくれている。

→紀子さまと眞子さま 秋先取りのノーカラージャケットスタイル

パールアクセで皇室エッセンスを

25日午後、東京・港区で行われた「みどりの『わ』交流のつどいに出席された眞子さま

アクセサリーは皇室ファッションでおなじみのパールで統一。イヤリングは、ゴールドの金具がしっかりと見えていてピアスではなく、イヤリングだということが明確だ。さらに胸元にはブローチもきらり。顔周りをパールで飾ることで、表情まで明るく、華やかな印象に見せてくれる。

→眞子さまのトラッドチェックワンピコーデはコチラ

先日、秋篠宮さまは54歳の誕生日を前に記者会見された。その際に、延期されている眞子さまの結婚について、「結婚のことについては、話をする機会はありません」と述べられ、先行きは不透明なまま。とはいえ、眞子さまは笑顔で今回の集いに参加されていた。

→紀子さまのクラシカルな花柄ワンピース姿はコチラ

→佳子さまのベイクドカラーを効かせた秋コーデはコチラ

→秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピースでご公務

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事