デトックスに効果的な「芋」とは?風邪予防&美肌に”最強ポタージュ”【市橋有里の美レシピ】

12月にはいり、いよいよ冬本番。急に冷え込む日が増え 、慌ててコートを引っ張り出してきた人も多いのでは? インフルエンザやノロウイルス流行の兆しも見え始め、感染症予防やデトックスがますます大切な時期です。

長ネねぎポタージュを持つ市橋有里

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんが、風邪などの予防に効くビタミンが豊富で、デトックスにも効果的、おまけに腹もちがよくて体の芯からあったまるレシピを伝授!

冷えは万病の元ということで、体が温かいものを欲してやまないライターFが徹底レポートします!

低カロリーで腹もち抜群、美肌効果︎も!旬を味わうポタージュ

市橋有里がレシピ考案した長ネねぎポタージュ

――クリスマスや忘年会など、お酒の席が増える季節になってきましたね。

有里:そうですね。クリスマス、忘年会、納会など、お酒を飲む機会が増えるということは、お酒がすすむハイカロリーな食事をとる機会も増えるということ。

――そうなんです。年に一度の楽しい冬のイベントシーズン、せっかくだからハイカロリーな食事もガマンせずに楽しみたいけど、翌日、体重計に乗って青ざめたり、お腹周りの緩みに気付いたりしてしまうと、罪悪感でいっぱいになってしまって。

有里:イベントを思いっきり楽しみたい反面、カロリーや栄養バランスを考えると、食べることを躊躇してしまうこともありますよね。

――はい。食べすぎたなと思っても、外が寒かったり、仕事が立て込んでいたりすると、思うように運動もできないから余計に…。

長ネねぎポタージュ

有里:多少食べすぎてしまっても、1週間程度の短いスパンでカロリーや栄養バランスの調整ができれば大丈夫! そこで今回は、今が旬の里芋と長ねぎを使った、ヘルシーでデトックス効果も抜群のポタージュをご紹介します。

――今の時期、食べてデトックスできるのは、とってもうれしいです!

有里:デトックス効果だけでなく、ビタミンも豊富で風邪などの予防や美肌にうれしい栄養もしっかり摂れるので、栄養の偏りが気になるときにもおすすめですよ。

――まさに、今の私にぴったり! 楽しみです。

《材料》(2人分)

市橋有里がレシピ考案した長ネねぎポタージュの材料

長ねぎ…2本(白い部分) 里芋…10個(冷凍) 豆乳、水…各250cc コンソメ…固形キューブ1個 オリーブオイル…少々 塩こしょう…少々

《作り方》

【1】鍋に水を入れ、長ねぎは適当な大きさに切り、里芋と一緒に柔らかくなるまで煮る。

【2】【1】の粗熱をとり、ミキサーに入れてポタージュ状にする。

【3】【2】を鍋に戻し、コンソメ、豆乳を加え、塩こしょうで味を調え、器に入れてオリーブオイルを回し入れる。

※豆乳を入れてから沸騰させないことがポイント!

完璧なバランス!旬の野菜で栄養チャージとデトックスを両立

里芋をゆでているところ

――スープは手軽で、体が温まるので、小腹が空いたときに私も頼りにしています。でも、さらっとしたスープだと、すぐにお腹が空いちゃったり、結局物足りなくてつい食べすぎてしまったりするんですよね。

有里:わかります。なので、今回は粘り気のある里芋を使ったところがポイント。ぐっととろみが出て、満足感のあるスープに仕上がりますよ!

――それはうれしい! これまで、お芋のポタージュといえばじゃがいもに頼りきりで、里芋は煮物のイメージが強かったのですが、里芋を使うと、どんないいことがあるのですか?

ミキサーを使う市橋有里

有里:里芋は、芋類の中でもっともカロリーが低く、カリウムが豊富なので、デトックス効果が高いのが魅力。むくみを解消してくれるので、飲みすぎた翌日にもぴったりです。

――なんと! まさに飲み会シーズンのためのポタージュ!

有里:そうでしょう? ちなみに、里芋のあの独特のぬめりは、水溶性食物繊維によるもの。里芋に含まれる水溶性食物繊維は、胃の粘膜を保護して胃腸の機能を高め、腸の働きを活発にし、血糖値やコレステロール値の上昇を抑制する効果があるといわれています。

――そうなのですね。おそるべし里芋パワー! 里芋にデトックス効果があるなんて、知りませんでした。

長ねぎ

有里:ちなみに、里芋だけでなく長ねぎにもさまざまな効能があります。長ねぎの白い部分には、抗菌、殺菌作用、体温を高めて血行を促進する作用などがあり、風邪予防にも効果的といわれているんですよ。

――なるほど! このシーズンにありがたい、最強な組み合わせですね。

豆乳ベースだから、美肌やアンチエイジング効果も!

市橋有里がレシピ考案した長ネねぎポタージュに豆乳をいれているところ

――旬の野菜のうれしい栄養とデトックス効果に加えて、今回のポタージュには豆乳も! 豆乳といえば女性の味方、ですよね?

有里:はい。ご存知の通り豆乳は大豆たんぱくをはじめ、イソフラボンなど女性のきれいな体作りやアンチエイジングにぴったりな栄養の宝庫です。

――冬は豆乳鍋をよく食べますけど、他にあまりレシピを知らなかったので、今回のポタージュはぜひ作ってみたいです。

有里:新しいレシピをインストールしていけば、飽きることなく、日々の生活に取り入れていけますよね。

――はい。その時々の旬の食材を使って、暑い季節はスムージーにしたり、寒い季節は豆乳ポタージュにしたりすれば、楽しく豆乳と旬の栄養をチャージできますね。

長ネねぎポタージュを作っているところ

有里:おいしい食事も、お酒も、楽しむときにはガマンせずに、思いっきり楽しみたいですよね。たとえそのときに食べすぎたとしても、短いスパンでうまく調整すれば、プラマイゼロにできます。肝心なのは、体や栄養のバランスを整える方法を知っておくことなんです。

――本当にその通りですね。何事もメリハリをつけて楽しむ、前向きな姿勢が大切ですよね。このポタージュ、この冬のわが家の定番になりそうです。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました!

有里:こちらこそ、そう言っていただけてうれしいです。食べる喜びって、毎日の幸せに直結しますよね。食べたい気持ちと、体、そして栄養のバランスを整えてくれる「長ねぎポタージュ」、イベントシーズンを楽しく健康に過ごすためのサポートメニューとして、“アリ”だと思います。

市橋有里がレシピ考案した長ネねぎポタージュ

* * *

風邪をひきそうなときには、体の免疫力を高め、胃腸や粘膜を保護してくれる食材、そして、食べすぎたときには余分なものを体外に排出する効果のある食材など、その時々の体に必要な食材と、そのおいしい食べ方を知っておくことは、自分の健康と楽しい食生活を守ってくれるお守りのようなもの。

女性にうれしい栄養が詰まった豆乳に、旬の里芋と長ねぎの栄養がたっぷり溶け込んだポタージュは、まさにこの冬のお守りメニューになってくれそうです。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でのランニングモデル、料理イベントを開催するなど、活躍の場を広げている。

●簡単!ダイエットスープレシピ11選まとめ|脂肪燃焼、デトックス、むくみ改善に!
●美腸ナースが伝授!年末年始食べ続けて溜め込んだ体に7日間腸デトックス
●便秘&むくみスッキリ!デトックス野菜&春巻きの皮で作る「パリパリピザ」【市橋有里の美レシピ】
●デトックスにも!年末の暴飲暴食の強い味方「おからとりんごのしっとりケーキ」【市橋有里の美レシピ】
●枝豆は和製スーパーフード!美肌・美ボディ・美髪を目指す「もずくと枝豆のデトックススープ」【市橋有里の美レシピ】

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事