斎藤工、佐藤健、北村匠海、本郷奏多のイケてる冬ジャケット集【ファッションチェック】

一気に肌寒くなり、メンズたちのジャケットは冬物にさま変わり。芸能界のイケメンたちのファッションもすっかり冬仕様。彼らのジャケットスタイルは、素材や色などこだわり満載だ。

佐藤健 「ブラウン×黒」のこなれた着こなし

佐藤健

カジュアルなスーツルックが決まっている佐藤健。

佐藤健

温かみのあるブラウンは秋冬の定番。そんな色の上下をベースに、黒を足したシンプルなコーデだ。ジャケットの下に合わせたのは黒のタートルネック、そして足元は黒のビットローファー。ローファーにはさり気なくゴールドが光り、高級感もチラリ。

佐藤健

『年末ジャンボ宝くじ』『年末ジャンボミニ』の発売記念イベントに出席した佐藤。今年1年を表す漢字には「黒」と書き、プライベートでも「ほぼ黒い服を着ている」と明かした。(11月20日)

→茶系でまとめた吉沢亮のスーツスタイルはコチラ

本郷奏多 よく見ると…アイテム使いが特徴的

本郷奏多

本郷奏多は、グレーを基調にした個性派コーデ。

本郷奏多

グレーはグレーでも、ジャケットとスラックスは素材も質感も違うもの。これにより立体感のある着こなしに。また、あえてジャケットのボタンを開けることで黒のベルトが見え、アクセントもばっちり。ちなみにインナーに着たのは、ボーリングシャツのような開襟のもの。シンプルな中にも、一筋縄でいかないアイテム使いはお見事。

本郷奏多

『本郷奏多カレンダー2020 -every morning with Kanata-』(SDP)の発売記念イベントに登壇した本郷。「あまり持ち合わせていないさわやかさを意識して撮影しました」とアピール。(11月17日)

→成田凌の開襟ジャケットコーデはコチラ

北村匠海 同系色でまとめたやんわりカジュアル

北村匠海

北村匠海が着たのは、ベージュのダブルスーツ。

北村匠海

厚手の素材で、冬らしさ満点。ボタンを閉めてカッチリ着ているものの、オーバーサイズだからゆるい雰囲気。ストンと落ちたスラックスやダブルスーツ特有の大きな襟が主張し、存在感を出していた。インナーのタートルネックは、スーツと同系色にして色をなじませることで、やりすぎないカジュアルに。

北村匠海

北村は、劇場アニメ『ぼくらの7日間戦争』(12月13日)の完成報告&ヒット祈願イベントに登場。本作では歴史マニアの主人公・守を演じている。(11月20日)

→ブラウンで全身をまとめた福士蒼汰はコチラ

斎藤工 セオリーを無視してもカッコよく

斎藤工

斎藤工のコーデは、ストライプのジャケットが印象的。

斎藤工

斜めに大きくはいったストライプで、インパクトのある1着。これを主役に、インナー、パンツ、シューズをシンプルな色にまとめた。ただし、パンツはワイド。大きめのジャケットには、スリムなボトムを合わせてバランスを取るのがセオリーだが、あえてワイドパンツにしてラフな雰囲気を出していた。こんな上級者コーデも、スタイル抜群の斎藤だから決まるのかも。

斎藤工

『フードロア:Life in a Box』(BS10スターチャンネル)のトークイベントに出席。本作はオリジナルのドラマシリーズで、アジア各国の監督が参加。斎藤は日本代表の監督を務めている。(11月21日)

→3つの柄を組み合わせた斎藤工の個性はコーデはコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/高柳茂、浅野剛、小彼英一、関谷知幸

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事