雅子皇后、伊勢できらめいた十二単&白とオレンジのスーツ姿

11月21日~23日、天皇皇后両陛下が「親謁の儀(しんえつのぎ)」に伴い、伊勢市をご訪問。「即位の礼」と「大嘗祭」が終わったことを伝える儀式として、伊勢神宮に参拝された。 21日午後4時頃、天皇皇后両陛下が臨時専用列車で伊勢市の宇治山田駅に到着された様子。 21日午後4時頃、天皇皇后両陛下が臨時専用列車で伊勢市の宇治山田駅に到着されると、駅や沿道はお祝いムード一色に。即位後初めての両陛下の県内ご訪問を、多くの市民や観光客らが喜んだ。

光沢のある白のスーツで華やかムード

21日午後4時頃、天皇皇后両陛下が臨時専用列車で伊勢市の宇治山田駅に到着された様子。 この日の雅子さまがお召しになったのは、祝賀パレードを彷彿とさせる光沢のある白のスーツ。光沢だけではなくハリのある素材感と、襟元を立てるなど立体感のある着こなしが、華やかなオーラを後押ししていた。

→皇后雅子さまの色鮮やかな着回しファッション集はコチラ

美しさ際立つ十二単姿

11月22日馬車に乗る天皇陛下 11月22日十二単をお召しになり車に乗る雅子さま 22日は雨で、馬車には幌(ほろ)が付き、オープンカーの使用は見送られていた。 11月22日の黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包む天皇陛下 十二単姿の雅子さま 十二単(ひとえ)に身を包み、「おすべらかし」と呼ばれる髪を結われた雅子さまは、雨の中、外宮(げくう)を参拝された。

→雅子さまの真紅のスーツでご公務姿はコチラ

黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み馬車に乗る天皇陛下 黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み馬車に乗る天皇陛下 陛下は23日、前日と同様に儀式での天皇の装束とされる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包み、2頭立ての馬車で参道を進んで内宮(ないくう)の中心の正殿がある正宮の前にご到着。

→皇后雅子さまのストール&ネックレス使いが麗らかなコーデ集はコチラ

黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包む天皇陛下 歴代天皇に伝わる「三種の神器」の剣と曲玉(まがたま)を携えた侍従らとともに、「雨儀廊(うぎろう)」と呼ばれる仮設の板床張りの廊下を約110メートル歩き、正殿に向かわれた。このあと陛下は、正殿の前で玉串をささげて拝礼されたという。 雅子さま 11月23日に伊勢神宮を参拝される皇后雅子さま 続いて、十二単姿の雅子さまは、馬に対してアレルギー症状があるため、馬車の代わりに、今月10日の「祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)」のパレードで乗車したオープンカーで参道を進まれた。午前10時半前、正宮の前に到着された。 11月23日に伊勢神宮を参拝される皇后雅子さま 雅子さまも、勾配のある場所にも設けられている雨儀廊をゆっくりと歩まれていた。  

→雅子さまのワインカラーで統一したトラベルファッションはコチラ

太陽のようなオレンジのスーツで笑顔の帰京

11月23日に帰京される天皇皇后両陛下 両陛下は伊勢神宮の参拝を終え、23日午後6時前に帰京された。 11月23日帰京される天皇皇后両陛下 111月23日帰京される雅子さま 帰京時宇治山田駅前では、十二単から一転、行きと同じく洋装に。オレンジがかったスーツは、光沢感があり、太陽のような雅子さまの笑顔を一層引き立てていた。

撮影/雑誌協会代表取材

→平成最後の一般参賀での雅子さまたちの華やかなドレス姿はコチラ

→雅子皇后の令和コレクションはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事