ある材料でカロリー大幅減!?食べすぎOKな絶品ティラミスの作り方【市橋有里の美レシピ】

11月も後半になり、少しずつクリスマスパーティーや忘年会などの予定がはいってきている人も多いのでは? 夏に比べて基礎代謝が上がりやすいとはいえ、ついつい食べすぎたり、飲みすぎたりしてしまう機会が増え、厚着ゆえに気もゆるみやすい危険な季節の到来です。

「お豆腐ティラミス」を持つ市橋有里

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、カロリーはもちろん罪悪感もぐっと抑えて、おいしさと食べ応え十分なヘルシースイーツレシピを直撃!

心と体に優しく、おもてなしメニューとしてもちょっと自慢できる、パーティーシーズンにも最適なレシピです。年末くらい罪悪感やガマンから解放されて、おいしいものを楽しみたいライターFが徹底レポートします!

パーティーシーズンにも最適な「お豆腐ティラミス」

市橋有里がレシピ考案した「お豆腐ティラミス」

――寒くなってくると、ティラミスとか濃厚な味わいのスイーツが恋しくなりますよね。

有里:そうですね。冬はどうしても濃厚でハイカロリーな食べものを欲してしまったり、パーティーフードやケーキを食べる機会が増えたり、普段より摂取カロリーが大幅にアップしがちです。

――そう。おいしいものを食べたいし、クリスマスパーティーや忘年会のようなイベントも存分に楽しみたいけど、やっぱりカロリーも気になるから、体のことを考えるとセーブしなきゃって、満喫しきれないこともあります。

有里:おいしいものを楽しみたいのと同じくらい、体のバランスやスタイルのことも気になりますよね。だからこそ、今回は材料の一部をある食材に置き換えることで大幅なカロリーダウンを実現して、心おきなく楽しめる、この時期にぴったりなヘルシースイーツをご紹介します!

――うれしい! 楽しみです。

《材料》(4人分)

「お豆腐ティラミス」材料

豆腐…250g マスカルポーネ…250g 卵…2個 ココア…適量 砂糖…70g スポンジケーキ…市販の18cm丸型 コーヒー液(インスタントコーヒー…大さじ2 砂糖…大さじ1~2 お湯…150cc)

《作り方》

【1】 豆腐はフードプロセッサーでペースト状にしておく(こして滑らかにする)。卵、砂糖をハンドミキサーでとろりとするまで泡立てる。コーヒー液を作り、冷蔵庫で冷やしておく。

【2】 ボウルに【1】とマスカルポーネを加え、よく混ぜる。

【3】 容器にスポンジを敷いてコーヒー液を染み込ませ、【2】をのせる。これを2回繰り返して層にし、3時間から1日ほど冷蔵庫でよく冷やす。

メリットしかない!カロリーダウン&栄養アップのお豆腐スイーツ

豆腐

写真/アフロ

――過去にもいくつかお豆腐スイーツのレシピを教えていただきましたけど、ティラミスも作れるのですね!?

有里:はい! おいしくてヘルシーなお豆腐スイーツは、私の定番。現役時代から、ちょっと甘いものが食べたいときには、よくお豆腐を使ったスイーツを作っていましたから、レパートリーも豊富です。

――さすがです! 今回は、生クリームの代わりにお豆腐を使うんですよね?

有里:その通り。生クリームをお豆腐に変えることで、カロリーをだいたい8分の1くらいにダウンすることができます。

――8分の1! それはすごいですね。

「お豆腐ティラミス」

有里:すごいでしょう? ローカロリーでギルティフリーな上に、たんぱく質、カルシウムも摂れるし、お豆腐は美容にもいいので、メリットがたくさん。

そう思うとついつい食べすぎてしまいますけど、それでも安心という、うれしいスイーツです。

――生クリームを使わなくても、ちゃんとおいしくできますか?

有里:もちろん! マスカルポーネとお豆腐で十分にティラミスらしいコクが出ますし、フードプロセッサーを使えば、口当たりもとても滑らかに仕上がります。

もし、それでも「豆腐感」が気になる場合は、ココアパウダーの量を増やしたり、コーヒー液を作る際に、コーヒーリキュールやラム酒を加えたりして、風味を増すといいですよ。お砂糖の量は60~90g前後で、お好みで調整してくださいね。

――なるほど! 参考になります。

イベントシーズンのおもてなしやパーティーシーンにもおすすめ!

「お豆腐ティラミス」

――これからの季節、お豆腐ティラミスはパーティーのデザートにもよさそうですね。

有里:はい。おいしいものは食べたいけど、カロリーは控えたいというのは、多くの女性に共通する願いだと思いますし、お豆腐には女性の健康・美容にうれしい栄養も豊富に含まれているので、女性の多いホームパーティーなどでおもてなしの一部にすれば、きっと喜ばれると思いますよ!

――いいですね! クリスマスらしいデコレーションをしたりして。

「お豆腐ティラミス」を作る市橋有里

有里:それなら、抹茶味のアレンジもおすすめです。インスタントコーヒーの代わりに抹茶の粉末を使えば、全体的にグリーンに仕上がるので、クリスマスツリーに見立てたデザインなどにしたら映えると思います。

――それ、とってもいいアイディア! なんだか楽しくなってきますね。

有里:ヘルシースイーツとはいえ、妥協やガマンを続けていると、ストレスが溜まって、心にも体にもよくない影響が出てしまいます。楽しみながらヘルシーな選択をしていけたらいいですね。

「お豆腐ティラミス」

――本当にそうですね。これからの時期は、普段お世話になっている人や大切な人と食卓を囲むシーンが多くなるからこそ、ムリなくカロリーを調整したり、偏った栄養バランスを整えたりできるメニューの存在は頼もしいです。有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました!

有里:こちらこそ。ちょっとした工夫で「おいしい」はそのままに、カロリーや糖質・脂質をダウンして、体に必要な栄養をプラスするアイディアを知っておけば、食生活が乱れがちな季節でも、うまく調整していけるはず。お豆腐スイーツは、心と体のバランスアップに“アリ”だと思います!

* * *

「お豆腐ティラミス」

低カロリーで良質なたんぱく質を豊富に含み、美容・健康促進にも効果的な栄養がたっぷりのお豆腐。小麦粉や生クリームなど、一般的な材料の代わりにお豆腐を使うことで、カロリーや糖質・脂質などは大幅に減らし、栄養をプラスすることができます。

体に優しく、罪悪感がないことで心にも優しいお豆腐スイーツは、カロリー摂取量が増える季節の心強い味方。ホームパーティーや甘いものが欲しくなったときなどにうまく取り入れて、バランスを取っていきたいですね。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをしたり、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●生理中の不調にお悩みの人に!極旨スイーツ「レアチーズ豆腐」【市橋有里の美レシピ】
●豆腐&おからのヘルシーレシピ4つと時短料理テク|ズボラレシピコンテストで紹介!
●『ヒルナンデス!』で話題の高野豆腐ダイエットを解説!レシピも紹介
●高野豆腐ダイエットの効果とやり方は?「即やせパウダー」のレシピ&活用法も紹介
●【ライザップ式食材の選び方】木綿豆腐VS絹豆腐はどちらが正解?

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事