“奇跡の62歳”天野佳代子さんの美容法|洗顔のコツ、化粧水の使い方で美肌に!

若々しくツヤのある肌で“奇跡の62歳”と話題となっている、『美的GRAND』編集長の天野佳代子さん。著書『何歳からでも美肌になれる!』(小学館)で公開したスキンケアメソッドが、多くの女性から支持されている。

 

肌がきれいな天野さんが頬に手を当てて笑顔で見ている

天野佳代子さん(62)

美容の仕事を通じて得た美の秘訣をアレンジし、天野さん自身が20年以上続けているスキンケアテク。その中から基本のステップを紹介します。

「落とす」「スキンケアは夜よりも朝しっかり」「安価なものでもいいから化粧品はたっぷり使う」といったポイントを守れば、誰でも美肌になれること間違いなし。さっそくチャレンジしてみて!

→70歳Gカップ美容家のインタビューはコチラ

→”奇跡の69歳”女性のインタビューはコチラ

クレンジング 夜はバームタイプを使ってメイクをしっかり落とす

クレンジングバームを手に出している

使う量:直径3cm程度

バームは量が少ないと摩擦が肌への刺激になったり、汚れが充分に落ちなかったりするのでたっぷり使って。

【1】バームはとろける時に汚れとなじむので、手の上でゆるめず、直接両頬にのせる。

バームを頬にのせている女性
【2】指をくるくる動かしながら、柔らかくなったバームとメイクをなじませていく。

クレンジングバームを指で伸ばす女性
【3】目元は最後になじませて落とす。バームがオイル状に変わったら、ぬるま湯で洗い流す。

目元にバームをなじませている

化粧水 手の温度でなじませながら、浸透させるのが天野流

化粧水を手のひらにのせている女性

使う量:手のひらをくぼませ、こぼれない程度にたっぷり

好みのテクスチャーや保湿力の化粧水を手でなじませる。天野さんはとろみ化粧水を愛用。

【1】化粧水を手のひらに手早く広げる。

【2】手のひらで肌に入れ込むようになじませる。乾燥やしわが気になる部分は指でていねいに重ねづけを。

おでこやほおに化粧水をなじませている
【3】最後に手のひら全体で顔を包み込み、軽く圧をかけて化粧水を浸透させる。

両手のひらで顔を包み込むようにしている女性

朝洗顔 朝もしっかり落として肌代謝をアップ

酵素パウダーを手にのせている

使う量:酵素パウダーをティースプーン1杯程度

朝は肌をなめらかにする酵素パウダーがおすすめ。寝ている間にも汗や皮脂が分泌されるため、朝こそしっかり洗顔をして肌をリセット。肌代謝を活性化させ、化粧水が入りやすくなります。

【1】パウダーに少量のぬるま湯を加えて泡立て、両手のひら全体に広げる。

手のひら全体で酵素パウダーを泡立てている
【2】肌の上で泡を軽く転がすようにして、全体に優しく伸ばしていく。決して擦らないように。

両手のひらに泡をつけて顔を洗っている女性
【3】毛穴汚れが気になる小鼻の脇は、凹んでいる部分も指先を使ってていねいに洗う。

小鼻の脇を洗っている女性

【4】汚れが残りやすい額の生え際や耳の前、あごの下などにも泡を行き渡らせてから、しっかり洗い流す。

髪の生え際を指先で洗っている女性

週1~2回、朝のシートマスクでスペシャルケア

シートマスクをつけている女性

週1~2回、化粧水代わりに朝、シートマスクを使うと、メイクののりもよくなる。「袋に余った液をコットンにとり、マスクの上から重ねると潤い効果がアップします」。

夜洗顔 ひっぱたきすすぎで、肌がシャン!

手のひらにクレイ洗顔料をのせている

使う量:クレイ洗顔料をチューブから3cm程度

夜は毛穴の奥まですっきり洗えるクレイ洗顔料がおすすめ。年齢を重ねた肌ほど洗顔を重視。メイクや古い角質をしっかり落として、化粧水やクリームなどが入りやすい状態にしましょう。

【1】泡を顔全体に広げる。小鼻周りを中心としたTゾーンは指で優しく念入りになじませる。

洗顔料の泡を顔全体にひろげている女性

【2】頬を叩く“ひっぱたきすすぎ”を実践。シャワーで泡を洗い流す時は、「強めに叩くのがコツ。肌がシャンとしてハリが出る気がします」。

ひっぱたくように洗顔料を水ですすいでいる

クリーム たっぷりのクリームでツヤのある若々しい肌に!

手の甲に朝のクリームをのせている

朝 使う量:さくらんぼ1粒大

手の甲に夜のクリームをのせている

夜 使う量:パール1粒大

日中の方が外気から受ける肌ダメージが大きいので、夜よりも朝にたっぷり使うのが正解。

【1】クリームを両手に広げて柔らかくしてから、顔全体、首、デコルテにさっと伸ばす。

クリームを顔全体にのばしてつけている

【2】目元や口元など気になる部分は、クリームを指で押し込むようにしっかり重ねづけ。仕上げに両手でプレスしてなじませる。

ほうれい線にプレスするようにクリームをつけている女性

教えてくれたのは:『美的GRAND』編集長 天野佳代子さん

20代で美容ライターになり、美容誌『美的』の編集などを経て現職。テレビ『マツコ会議』(日本テレビ系)の出演で年齢不詳の美肌が話題に。初の著書『何歳からでも美肌になれる!』が好評。

撮影/青柳理都子

女性セブン2019年11月28日号

●正しいスキンケアの方法6選|超乾燥肌以外の人は洗顔料を!クレンジングは1分以内に
美肌に逆効果!?やってはいけないスキンケア|シートマスクや小顔マッサージに注意!
●美肌には洗顔がリスク!?バリア機能を低下させぬスキンケアを高橋愛が学ぶ
●オーガニックスキンケアの重要性&家でできるキンバリーパリー式セルフエステ
●美肌の女性芸能人20人のスキンケア&愛用化粧品を一挙公開!美容習慣や食事法などキレイの秘密

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事