EMSの効果は?腹筋、顔、足にも!ジムのEMSトレーニングや自宅で使えるマシンまとめ

お腹や足、腕など体を引き締めたり、理想の体にボディメイクをしたいのなら筋肉を鍛えることが必要。

トレーニング中の女性

写真/Getty Images

そんなとき、手軽に運動効果がアップしたり、激しいトレーニングをしなくても手軽に引き締め効果が期待できる方法があるなら、ぜひ試したい! そこで、電気刺激によって効率的なトレーニングを実現するEMSについてまとめて紹介する。

EMSとは?

内田理央&ジャングルポケット

EMS(イーエムエス)とは、Electrical Muscle Stimulation(エレクトリカル マッスル スティミュレイション)の略で、筋肉に電気刺激を与えることで運動効果をアップするもの。周波数の違いで、アウターマッスルからインナーマッスルまで刺激することができ、全身の筋肉にアプローチできるEMSスーツを着用したトレーニング では、“たった20分で4時間分”の運動効果を得ることができるそう。

→内田理央さんも体験した「JOYFIT」のEMSトレーニングはコチラ

EMSトレーニングができるジム、内容は?

JOYFIT+麻布十番のEMSトレーニング「EMS BODY AWAKE」体験

世界のトップアスリートたちにも採用される“神トレ”ことEMSトレーニングを、ライターFが実際に体験。「JOYFIT+麻布十番」では、個室空間でトレーナーとマンツーマンのトレーニングを行っている。EMSスーツを着用して行うトレーニングの「EMS BODY AWAKE」では、フォームや回数、電流の強度を部位ごとに調整してトレーニングを行うので、脂肪を消費できてしなやかな体作りが目指せるという。

JOYFIT+麻布十番のEMSトレーニング「EMS BODY AWAKE」体験

全身の筋力を刺激するために、スーツに内蔵された18の電極。そんなスーツにいざ身を包んでみると、何もせずとも負荷が与えられているような感覚に。でも、ただしんどいというわけではなく、心地のいいフィット感といった具合だ。

トレーニングを開始する前に、電気が正しく流れるかチェック。電気が流れると、ビリビリとした感覚で勝手に筋肉がぷるぷるぷる…。

立ってるのもやっとの電流のすさまじさに、「たった20分だから余裕! はっはっは~!!!」とヘラヘラしていたライターFの顔が真剣な表情へと変わっていく。果たして乗り越えられるのだろうか。

→「JOYFIT」での「EMS BODY AWAKE」体験レポート全文はコチラ

15分で最大700kcal消費!EMSトレーニングを体験

EMSワークアウトの専門スタジオ「Evolv(エヴォルヴ)」のトレーニングの1コマ

東京・銀座にある「Evolv(エヴォルヴ)」は、EMSワークアウトの専門スタジオ。こちらでは、ドイツの「VISION BODY(ヴィジョン ボディ)」社のEMSワークアウト専用ボディスーツを採用。こちらは通常のEMSスーツと異なり、水に濡れてもOKで、ワイヤレスでエクササイズができるので、トップアスリートやセレブにも人気なのだとか。

目的に合わせて、全身をまんべんなく使う「全身コース」、脂肪燃焼を図る「燃焼コース」、足痩せなど気になるパーツを引き締める「パーツコース」の3種類からコースをチョイスする。

「VISION BODY(ヴィジョン ボディ)」社のEMSワークアウト専用ボディスーツ

EMS専用スーツを身に付けてエクササイズを行う「Evolv」では、低周波の電流で血液中を一時的に低血糖の状態にすることで、体脂肪の燃焼を促進。平均15分のレッスンで最大700kcalの消費が見込めるそう。さらにレッスン48時間後までアフターバーンが続き、3000kcalを消費、というデータもあるのだとか!

→「Evolv」の体験レポート詳細はコチラ

撮影/瀬尾直道

自宅で本格EMSトレーニングできるグッズ

菜々緒

菜々緒さんがブランドアンバサダーを務める「SIX PAD(シックスパッド)」からは、足に装着しヒップアップに特化したEMSトレーニング・ギア『SIX PAD Bottom Belt(ボトムベルト)』(3万8800円税抜)が登場している。

このアイテムは、しっかりと脂肪を支え、ヒップの丸みを作る大臀筋(だいでんきん)を引き上げ、ヒップの高さを出す筋肉の中臀筋(ちゅうでんきん)、そして太ももの裏側にあるヒップにつながる筋肉のハムストリングスに効果的にアプローチする。

また、『SIXPAD Bottom Belt』を愛用している菜々緒さんは、同ブランドより誕生した、近未来型EMSトレーニング・ジム「SIXPAD STATION」にも通っているそう。

→菜々緒さんが語る『SIXPAD Bottom Belt』の使用感はコチラ

撮影/矢口和也

EMSで顔のリフトアップが叶うアイテム

ヤーマンのメディリフト アイ

美容家電メーカーのヤーマンからは、顔のリフトアップに効果的なEMSマシン『メディリフト アイ』(2万8000円税抜)が発売中。

ヤーマンでは、EMSによる電気刺激を肌に当てることで、普段使わない顔の表情筋を鍛えてリフトアップしてくれる効果があった『メディリフト』が大ヒットした。そのアイケアバージョンとして登場したのが、この『メディリフト アイ』。

ヤーマンのメディリフトアイを装着している女性

「『リフトモード』と『ストレッチモード』の2種のEMSが目元をマッサージします。リフトモードは、トントンというリズムカルな電気振動で鍛えます。『ストレッチモード』は、『ギュー』と絞るような電気振動で、眼輪筋と側頭筋を心地よく刺激します。目の周りの筋肉は、鍛えないと衰えてしまう筋肉と、普段使いすぎて必要以上に鍛えてしまっている筋肉があり、自己判断でアイマッサージすると鍛えない方がいい筋肉を鍛えてしまって、逆効果になることがあります。その点、この商品は、自動で鍛えるべき筋肉かどうかを見極めた上でマッサージしてくれる優れものなんです。1週間使うと、目元の印象がパッと明るくなりますよ」と美容家電に詳しい美容ライターの田中真紀子さん。

アイマスクのように、目元に装着するだけのハンズフリー仕様も、忙しくても続けることができる最大のポイントとのこと。

→『メディリフト アイ』の詳細&使用感レポはコチラ

家で楽々使えるルルドのEMSグッズまとめ

マッサージ器具などの美容家電を数多く展開するルルドからも、手軽なEMSマシンが登場している。

『ルルド シェイプアップベルト』

ルルド シェイプアップベルトを洋服を着た上から装着している女性

『ルルド シェイプアップベルト』(1万8000円税抜)はお腹に巻きつけるだけであとは勝手にインナーマッスルまで刺激してくれるお手軽筋トレマシン。EMSによる刺激の与え方は、低周波・中周波・高周波の3つの周波と5段階の強度から選べる。低周波は外側のアウターマッスル、高周波は内側のインナーマッスルにアプローチ。さらにヒーターの熱と最大毎分約3700回転のモーター振動も、お腹周りへの刺激をサポートしてくれる。

監修した大阪体育大学の石川昌紀教授によると、EMS刺激にモーター振動が加わることで、筋肉がより引き締まり、さらにヒーターで温めることで脂肪の燃焼を促すという。EMS・モーター振動・ヒーターのトリプルで、高い効果が期待できるという。

→『ルルド シェイプアップベルト』の詳細&使用感レポはコチラ

『ルルド シェイプアップリボンチャージ』

ルルド シェイプアップリボンチャージを体に2個はっている女性

ルルドには、お腹はもちろん足や腕など鍛えたい部分に貼って使う、小回りのきくEMSマシンもある。

『ルルド シェイプアップリボンチャージ』(8000円税抜)は、大阪体育大学の石川教授が監修した、体の奥に存在するインナーマッスルに届く高周波プログラムを搭載したリボン型のマシン。低周波から高周波の複合的な刺激で、より強く、効率的に筋肉に働きかけることができる。強弱調整も細かく、8段階まで好みに合わせて設定可能。お腹、太もも、二の腕、ヒップなど引き締めたい、鍛えたい部分に貼るだけで、手軽にトレーニングが可能だ。

→ボディメイカーJUNさんがおすすめするポイントはコチラ

●美容家電の最新おすすめ【2019】|美顔器や毛穴ケアアイテムなど人気9選まとめ
●顔のたるみ解消グッズ|人気のローラー、リフトアップテープなど6選
●【ご褒美家電】1年頑張った私へ!家電&美容ツウが厳選する「美容系家電」8選
●美肌の女性芸能人20人のスキンケア&愛用化粧品を一挙公開!美容習慣や食事法などキレイの秘密
●ダイエットに成功した女性芸能人たちが痩せた方法|4か月で体重22kg減の強者も!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事