雅子皇后、ご成婚の日のドレスから世界を魅了した和洋5着の優美な装いまで

「即位の礼」に伴う「饗宴の儀」と「お茶会」で、新皇后雅子さまは全角度からの視線を考えられた装いを選ばれた。ティアラやネックレスのエピソード、ご成婚の日(1993年6月9日)を思わせるローブ・デコルテをはじめ、5回の宴のコーディネートを研究した。

「世界最古の王朝」と謳われる日本の皇室。2000年以上の歴史に裏付けされた美しくも荘厳な「即位の礼」。その儀式に酔った人々をさらに喜ばせたのは天皇皇后両陛下が主催されたパーティー。着席、立食と形式は違っても和食が供され、ゲストたちは季節感あふれる日本の味を堪能した。

そして人々のもうひとつの楽しみは、雅子さまの装いのおもてなし。お立場にふさわしく高貴な淡色で整えられた優美なドレスとお着物。自信を取り戻された輝くばかりのほほ笑みと共に新皇后の威厳を漂わされた。その和洋織り交ぜた5つの装いをさっそく見ていこう。

ご成婚の日の麗しきドレス姿

ご成婚の日の雅子さまと天皇陛下

1993年6月9日、ご成婚の日の雅子さま(撮影/JMPA)

1993年のご成婚の日のドレスとそっくりなのが、今回の饗宴の儀のドレス。ローブ・デコルテの上に花びらをイメージさせるショートジャケットを重ねられて祝賀パレードに出発された。デザインは森英恵さん。

→平成最後の雅子さまたちの華やかなドレス姿はコチラ

饗宴の儀と茶会での優美なお姿

10月22日饗宴の儀にて、ティアラ、ドレス姿でディナーをとられる雅子さま

10月22日、饗宴の儀にて(撮影/JMPA)

着席のディナーのため、上半身にアクセントのあるデザインのドレスを選ばれた。第一ティアラを着けられた大粒のダイヤモンドのネックレスは三連だが、一連や二連遣いに変えることもできる。

→皇后雅子さまの色鮮やかな着回しファッション集はコチラ

10月22日 饗宴の儀にて、ブータン国王、王妃と握手を交わされた天皇皇后両陛下

10月22日、饗宴の儀にて、ブータン国王、王妃と握手を交わされた天皇皇后両陛下(写真/宮内庁提供)

日本のトップレディーとして、宝冠大綬章をつけられた正装でゲストをお迎えになる雅子さま。26年前と同じく、気品ある装い。

→雅子さまの完璧トラベルファッションはコチラ

10月23日の茶会にて、ブルネイからの賓客を迎えられる天皇皇后両陛下

10月23日の茶会にて、ブルネイからの賓客を迎えられて(写真/宮内庁提供)

ブルネイからの賓客は国王父子。国王は52年間も王座にあり、王子はイケメンとネット上で大評判になった。ペットはトラだそう。雅子さまはアフタヌーンスーツ。刺繍が施されたシフォンのスカート部分が軽やか。

10月25日 饗宴の儀にて天皇と会話を交わされる雅子さま

10月25日、饗宴の儀にて(写真提供/宮内庁)

シャンパンゴールドのドレスは変わり織りのヘビーシルク。三連のパールネックレスが襟元を飾っている。

→雅子皇后の可憐すぎる十二単姿はコチラ

10月29日、饗宴の儀ではフリルがあしらわれたサックスブルーのドレスで(共同通信社)

雅子さまのスモーキーグレーのロングドレスはフリルがデザインのアクセント。164㎝の長身に映えるシンプルさ。でもこの日も上半身に視線を集められて…。

【次ページ】雅子皇后、華麗なるお着物姿を公開!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事