ハンドクリームの正しい塗り方&手荒れを防ぐマッサージ法|乾燥肌を保湿ケアで改善!

最低気温が10℃を下回ると大気の乾燥が始まり、皮膚の乾燥も感じやすくなるそう。手や脚のガサガサやゴワゴワが気になるこれからの時期は、美肌を保つためにも“保湿ケア”がマスト!

女性の手

写真/アフロ

そこで、今回はより効果感を得るための正しいハンドクリームの使い方をご紹介! また、手荒れや脚の肌荒れの重症化を防ぐ毎日のハンドマッサージ&フットマッサージ法を、野村皮膚科医院院長・医学博士で、日本皮膚科学会認定専門医の野村有子さんにレクチャーしてもらった。

ハンドクリームの選び方

ハンドクリームを塗る様子

写真/アフロ

現在、薬局のコーナーには市販品だけで100種類以上あるとも言われているハンドクリーム。さまざまな種類があって、どれを選んでいいか悩む人も多いはず。野村さんは選び方をこうアドバイスする。

「ハンドクリームを大きく分類すると、ビタミン系、保湿系、尿素系の3種類に分けることができます。それぞれ期待できる効果が変わってくるので、症状に合わせて選びましょう」(野村さん・以下同)

そこで、症状別ハンドクリームの効果的な使い分けを解説する。

ハンドクリーム

写真/アフロ

●乾燥によるガサガサな肌

おすすめのクリームの種類:ビタミン系

「全身に使えます。ビタミンE配合のクリームは血行を改善し、冷え対策に◎。また、水分と油分を補給し、保湿の働きもあります。あかぎれ、しもやけにもおすすめです」

●かさつき、粉ふきな肌

おすすめのクリームの種類:保湿系

「全身の乾燥が気になる箇所に使えます。かさつきや粉ふきが消えても、毎日のお手入れとして継続することが大切です」

●角化してゴワゴワなお肌

おすすめのクリームの種類:尿素系

「手、指、ひじ、膝、かかとなど角化(皮膚の表面の角質層が厚く硬くなること)している箇所に使います。尿素系は、皮膚の角化したところを溶解する働きがあります。ある程度ゴワゴワが取れたら、ビタミン系にするとよいでしょう」

ハンドクリームの塗り方

ハンドクリームを塗る様子

写真/アフロ

効果を得るためには、塗るタイミングや使用量なども重要になってくるそう。

まずは、クリームを使うタイミングだが、「就寝前のケア」が最も効果的なんだとか。

「寝ながら集中ケアができて、翌朝しっとり感を実感できます。また、手袋や靴下を着用すれば、べたつきが気にならず浸透も高まりますよ」

ハンドクリームを使う女性

写真/アフロ

ハンドクリームの使用量は、人差し指第一関節1つ分が目安になるそう。

「人差し指第1関節分を両手に塗ります。症状が気になる部分は重ねづけをします。就寝前には手袋を着用すれば、べたつきが気にならず浸透も高まります。最初の3日は使う量を意識し、症状が改善されたあとはいつもどおりの使用量で大丈夫です」

そして、塗り方だが、血行を改善するビタミン系ハンドクリームを使用するときは、同時にハンドマッサージをすることが有効だという。

「マッサージをすることで塗りムラがなくなり、ハンドクリームの効果をより実感でき、さらに末端の血流の改善に役立ち、冷えの予防につながります」

手荒れの重症化を防ぐ毎日のハンドマッサージ

そこで、野村先生とユースキン製薬が監修した、ビタミン系クリームで血行を促進して手荒れの重症化を防ぐマッサージを伝授!

【1】人差し指の第一関節までクリームを指に取り、クリームを手の甲にのせる。

ハンドクリームを手にとっている様子

【2】両手の甲を重ね合わせて、少しずつ広げていく。

ハンドクリームを手の甲に塗っている様子

【3】手のひらを使って、親指側から小指側へ、しっかりとすりこむようになじませる。

ハンドクリームを手の甲に塗っている様子

【4】親指から順に指を握り、つけ根から指先に向かいひっぱるように、クリームを指の1本1本に丁寧に塗り伸ばす。

ハンドクリームを指に塗っている様子

【5】爪の周りも忘れずに塗る。側面を強めに刺激することで健康な爪を育てるので、押しながらマッサージする。

ハンドクリームを爪に塗っている様子

【6】指の股は特に乾燥しやすい場所なので、両手を組みなじませる。

ハンドクリームを指と指の間に塗っている様子

【7】親指と人差し指の間は凝りやすい場所なので、反対の手の親指を使って気持ちのよい強さで押して刺激する。

ハンドクリームを親指と人差指の間に塗っている様子

【8】最後に手袋をはめて、保湿効果を高める。

手袋をつけている女性

時間がある人は、もう一度クリームを取り、手首からひじにかけてもケアを。ひじは円を描くようになじませよう。

ハンドクリームを腕に塗っている様子

ハンドクリームを肘に塗っている様子

脚の肌荒れを防ぐフットマッサージ

また、肌荒れの重症化を予防する、脚のフットマッサージもご紹介! 手と合わせて、脚もしっかりマッサージして血行をよくし、美肌を保とう。

【1】クリームを人差し指の第二関節まで指に取る。

ハンドクリームを手にとっている様子

【2】膝とすねに、クリームの色が消えるまで塗る。

脚に保湿クリームを塗っている

【3】膝を手のひらの体温であたためるように3秒間包み込む。

脚に保湿クリームを塗っている様子

【4】クリームを人差し指の第二関節まで指に取る。

手に保湿クリームをとっている様子

【5】ふくらはぎとくるぶしに、クリームの色が消えるまで塗る。

脚に保湿クリームを塗っている様子

【6】足首を両手でつかみ、内側のくるぶしの横を親指で3回押す。

足首に保湿クリームを塗っている様子

【7】そのまま足首を両手でつかみ、膝の方へ引き上げるようにマッサージ。気持ちいいと感じるくらいの強さで、3往復行う。

脚に保湿クリームを塗っている様子

【8】クリームを人差し指の第二関節まで指に取る。

【9】かかとにクリームの色が消えるまで塗る。

足裏に保湿クリームを塗っている様子

【10】たっぷり塗ったクリームを浸透させるように、かかとを手のひらで3秒間包む。

足裏をマッサージしている様子

【11】両手の親指の腹を使い、足の裏の気持ちいいと思うところを押し、刺激する。

足裏をマッサージしている様子

【12】最後に、靴下をはいて保湿効果を高める。

靴下を履いている女性

寝る前にちょっとしたひと手間を加えれば、乾燥の時期も肌荒れに悩まくてすむはず。寝る前の習慣として、取り入れてみては?

この人に聞きました:野村有子さん

野村有子さん

野村皮膚科医院院長・医学博士、日本皮膚科学会認定専門医。1986年、慶応義塾大学医学部卒業後、同大学医学部皮膚科教室に入局。同大学助手、神奈川県警友会けいゆう病院皮膚科勤務を経て、1998年、横浜市に野村皮膚科医院を開業。あらゆる皮膚疾患について丁寧に説明をし、治療からスキンケアにいたるまできめ細かな指導を行っている。

【データ】
ユースキン製薬
http://www.yuskin.co.jp/about/massage/

●手がふっくら若返る!?ハンドクリーム|効果を最大に活かすコツも紹介【山本浩未さんのメイクのメ】
●【山本浩未さんのメイクのメ】いま注目のハンドクリームはローズが香るロクシタンの限定品
●【山本浩未さんのメイクのメ】ハンドクリームに迷ったら使い分けがおすすめ
●時短で!夜のボディー&スキンケア|温まる入浴法と入浴後の保湿テク
●秋のスキンケアのカギは保湿!手のひらテクで乾燥肌からモチモチ肌に

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事