雅子皇后、ドレスから和装まで華やかな装い|「饗宴の儀」全ファッション紹介!

【4日目】晴れやかな笑顔が引き立つライトブルーのドレス

饗宴の儀2日目の新天皇と皇后雅子さま

写真提供/宮内庁

29日、皇居・宮殿で行われた3回目となる「饗宴の儀」。台風や大雨による被害を受けた被災地の知事のほか、衆参国会議員ら計約680人が出席する中、披露されたのは、淡いライトブルーのロングドレス。

饗宴の儀2日目の新天皇と皇后雅子さま

写真提供/宮内庁

澄み切ったようなライトブルーのロングドレスが会場を爽やかな空気で包んでいた。シンプルながら、1日目のドレスを彷彿させる胸元のフリルが顔周りを華やかに演出。スラリと美しい雅子さまのスタイルを際立てていた。

→雅子さまのワインカラーで統一したトラベルファッションはコチラ

【5日目】ラストは顔映え抜群の和装でお出ましに

饗宴の儀4日目の新天皇と皇后雅子さま

写真/時事通信社(代表撮影)

最終回となる4回目は、31日午後、皇居・宮殿で行われた。駐日外国大使夫妻や各界代表ら691人が参列。雅子さまは和服を披露された。この日も立食形式だったためか、立ち姿が美しい和装がひときわ輝いていた。さらに、光沢のある白ベースの着物は、顔映えがよく、雅子さまの笑顔をより引き立て、療養中ということを感じさせないほど明るい印象を与えていた。

→雅子さまの真紅のスーツでご公務姿はコチラ

→平成最後の雅子さまたちの華やかなドレス姿はコチラ

→雅子さまのご公務でのおしゃれ着回しファッションはコチラ

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事