雅子皇后、ドレスから和装まで華やかな装い|「饗宴の儀」全ファッション紹介!

饗宴の儀2日目の新天皇と皇后雅子さま

写真提供/宮内庁

10月22日の「即位の礼」に臨まれた皇后雅子さま。「即位の礼」の儀式のひとつで、計4回開かれた「饗宴(きょうえん)の儀」で披露されたまぶしくお美しい雅子さまのファッションに世界から称賛の声が上がった。そこで、雅子さまがお召しになった装いを全て紹介しよう。

【1日目】これぞロイヤルドレス!ローブデコルテにうっとり

饗宴の儀1日目の新天皇と皇后雅子さま

写真提供/宮内庁

1日目は、光沢感のある素材と、バラの花がデザインされたようなフリルがとても華やかなドレスをお召しになった雅子さま。このドレスは、「ローブ・デコルテ」と呼ばれ、襟ぐりを大きくあけ首筋から肩・背、胸の上部をあらわにした裾の長いドレスのことを指す。18世紀のフランス発祥の女性の正装で、ウエディングドレスとして着たい女性も多いという。まさに、女性なら誰しもがあこがれを持つ、ドレスの中のドレスだ。

→皇后雅子さまの色鮮やかな着回しファッション集はコチラ

【2日目】茶会でのアイボリースーツはややリラックスモード

写真提供/宮内庁

翌日の23日、15時から赤坂御所で天皇皇后両陛下主催の茶会が開かれた。「即位礼正殿の儀」に参列した国王や王族に感謝の気持ちをお伝えになるための茶会だそうだ。この日の雅子さまは、上品なアイボリーのスーツでお出ましに。1日目とは一転して、ややリラックスモードが漂っていた。雅子さまも終始にこやかな表情を浮かべられ、王族らからの祝意を実感されていたように見受けられた。

→皇后雅子さまの”令和コレクション”はコチラ

【3日目】上品なシャンパンゴールドでありながら遊び心も

饗宴の儀2日目の新天皇と皇后雅子さま

写真提供/宮内庁

シャンパンゴールドのスーツでお出ましになったのは25日に行われた、2回目の「饗宴の儀」。ポイントは、ジャケットの襟にほどこされた地模様や、チュールレースのようなスカート。フォーマルな場でありながら、遊び心が感じられるデザインのスーツだった。

【次ページ】雅子皇后が、華麗な着物姿をご披露!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事