吉沢亮、今市隆二らイケメン4人の“こなれ黒コーデ”集【ファッションチェック】

ダークな色味のファッションが増える秋、ブラックの着こなしはこの4人がまさに上級者だ。コーデの中にプラスしてクールにまとめる、”こなれ黒コーデ”をチェック!

今市隆二 LAっぽさを引き出した全身黒

今市隆二

今市隆二は、黒を基調にしたロックスタイル。

今市隆二

自身によるアパレルブランド『RILY』のポップアップショップオープン日に会見を開いた今市。この日着たのは、その『RILY』のアイテムだ。健康的な肌色に、ロックスタイルの定番・ライダースジャケットがお似合い。さらにポインテッドトゥのブーツを合わせ辛口にまとめた。ライダースの中に合わせたマイケル・ジャクソンのTシャツは、唯一コーデに色をプラス。少しアメカジテイストで、ブランドコンセプトの「LAっぽさ」が存分に出ている。

今市隆二

会見で多忙を極めていると明かした今市。今頭を悩ましているのは「納期ですよ」と苦笑い。(10月18日)

→ジャケットの下のTシャツがワンポイント!清原翔はコチラ

岡田義徳 パーカーとパンツでとことんラフに

岡田義徳

ラフなパーカースタイルでまとめた岡田義徳。

岡田義徳

ボトムは、チェック柄のパンツ。ゆるめのシルエットだから、トップスのパーカーと組み合わせることで一層ラフな雰囲気に。ただし、色の使い方は秀逸。パーカーと靴を黒で合わせることで、淡い色味のパンツを引き締めている。丸メガネをプラスし、一見シンプルなコーデも個性的にチェンジ。

岡田義徳、中島ひろ子

中島ひろ子、岡田(左から)

映画『いつかのふたり』(公開中)の舞台挨拶に登壇した岡田。シングルマザーの木嶋麻子(中島ひろ子)を主人公にした物語で、岡田は麻子の元夫・隆弘を演じる。(10月19日)

→メガネをかけたシンプルスーツコーデの斎藤工はコチラ

市原隼人 ワイルドにプラスした紳士アイテム

市原隼人

ちょっとワイルドなシャツインコーデの市原隼人。

市原隼人

黒をベースカラーにして、柄をポイントに加えたスタイル。1枚でインパクト十分なペイズリー柄は、コーデをシンプルかつおしゃれにまとめていた。首元のボタンをいくつか開け、ネックレスをチラ見させているのもニクい! また、黒の革靴はツヤ感のあるものにして、同じ黒でも質感を変化。ともすれば強面系になりすぎてしまいそうだが、ソフトハットで品のよさも感じさせた。

市原隼人

市原が登壇したのは、主演映画『喝風太郎!!』(11月1日)の完成披露上映会。『サラリーマン金太郎』の本宮ひろ志氏による同名漫画を原作とした作品だ。(10月16日)

→着崩してワイルドさを引き出す草なぎ剛はコチラ

吉沢亮 こだわりがにじむ黒一色の装い

吉沢亮

吉沢亮は、潔く黒一色のコーデ。

吉沢亮

トレンドのゆったり感あるツーピースをサラリと着こなした。靴は鈍いツヤを放つヴァンプシューズ。黒の異素材を組み合わせて変化や立体感を持たせていた。中に合わせた黒シャツも、カジュアル路線のバンドカラーというだけでなく少し光沢のあるもの。黒一色で勝負しているだけに、随所にこだわりがにじんでいた。

長井龍雪、吉岡里帆、吉沢亮、若山詩音

長井龍雪監督、吉岡里帆、吉沢、若山詩音(左から)

映画『空の青さを知る人よ』(公開中)の公開記念舞台挨拶に登壇した吉沢。「個人的なことなんですが、本作に出てくる『秩父ミューズパーク』は『仮面ライダーフォーゼ』でぼくが初めて変身したところで…」と運命的なエピソードを明かした。(10月20日)

→空のように青い吉沢亮のブルーコーデはコチラ

→イケメンたちの【ファッションチェック】をまとめて読みたい方はコチラ

撮影/小彼英一、平野哲郎、浅野剛

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事