62歳オバ記者が考えた、若さの秘訣は顔?ウエスト?それとも恋?

列島各地に多くの傷跡を遺した台風から1週間後、オバ記者は地元・茨城へ。そこで実母から言われた強烈なひと言をきっかけに考えたこととは…?

オバ記者
連載166回目となる今回は、アラ還ライター・オバ記者が40代、50代を振り返りながら、若さの秘訣について綴ります。

* * *

「太ったなや~」にショック!

オバ記者の母親
「太ったなや~」

2か月ぶりに実家に帰った私に開口一番、91歳の母親が言ったのがコレ。台風で体調が悪そうだと聞いたから、ムリをしてやってきたのに、それ、言う? 黙っていたら胸の横でバンと両手を広げて、体が膨らんでいるというジェスチャーまでしやがる。このまま踵を返してトンボ帰りしてやろうかと思ったわよ。

まあね。これも母親だから言えること。そう思い直して、玄関で靴を脱いだら、母ちゃんも「ご飯、食うか?」と台所に立って、晩御飯づくりを始めた。その間、私は茶の間でひと寝入り。91歳の母親に甘える62歳の娘という構図が、まだ通じることにホッとしたりして…。

ウエストを復活させると若見えする?

オバ記者こと野原広子

昨年、ダイエットに成功したときのオバ記者

確かに先日、体重計に乗ったら去年の今ごろより3kg増だった。というと大したことなさそうだけど、これが加齢だね。昔、年をとった人を見ると、「雫みたいな体型」と思ったものだけど、いまの自分がまさにそう。顔から首、肩のあたりはとろんと垂れていて、胸、腰にかけてどんどんドンと太くなるんだよ。ウエストというものが消滅するんだね。てことは、ウエストを復活させると“若見え”するということ。

恋する40代の顔はキレイ!50代は!?

オバ記者
40代までは、顔。そういえばよく友だちと化粧品の話をしていたっけ。一瞬にしても友だちがすごく若くきれいになったように見えたりすると、何か“秘密兵器”でも仕込んだかと根ほり葉ほりせずにいられなくてね。

思えば、表向きは「いい化粧品、見つけたの?」と顔を覗き込んだりしたけど、ほんとうに聞きたいのはそこじゃない。

「何かあったの~?」
「いいことあったんじゃな~い?」

周りの攻撃に、「もう、や~ねえ」と負けたふりをして、ついには「実はね~」。恋する“初中年”の顔のなんときれいなこと!

それが50代も半ば過ぎになると、誰かが恋バナなんてしようものなら、「はあああ~?」。奇人変人扱い。口にこそ出さないけど、更年期障害でそれどころじゃない同世代は聞いちいゃらんないんだって。もちろん個人差はあるけど、女がいちばんおっかなくなる年ごろかもね。てことは笑っていたら若く見えるのよ。

なんてことをつらつらと考えながら、小中学校の同級生がいる故郷のカフェまで原チャでひとっ走り。

カラーグラビアの撮影で、「まだイケる」


今日はここで“ノマド”をすることにした。パソコン仕事に飽きると、ススキの揺れるのを眺めたりして、ほんといい気分よ。

東京に帰ったら、久しぶりのカラーグラビアの撮影。きれいにメイクしてもらって、あら、まだ私、イケるかしら(笑い)。

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。昨年、”月曜断食”で7か月で11kgの減量を達成。

●【165】62歳オバ記者、台風の”低気圧”で不調に…そのとき始めた驚きの行動とは?
●【164】62歳オバ記者、若い自衛官に興奮!ダイエットへモチベーションもUP
●【163】62歳オバ記者、ダイエット決意「1日平均8000歩、年内に体重5kg減!」
●【162】62歳オバ記者、血尿の危機再び!? お酒を飲んであの温泉地へ!
●【161】ロンリー62歳オバ記者、沈みがちな気分を挽回させた「○○の秋」
●【160】62歳オバ記者、血尿騒動に新展開!こわばった表情の医師が語ったのは…

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

→オバ記者の”月曜断食”に関する全記事はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事