自然な眉が描けるおすすめアイブロウペンシル|しずく型のペン先で脱”老け眉”!【山本浩未さんのメイクのメ】

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は山本さんが、ふんわり眉に描けるアイブロウペンシルを教えてくれました。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「眉を描くのがニガテな人にもおすすめ!」

メイクで知りたいことはなんですか?」って聞くと、皆さん「眉!」って答えるんですよね。確かに眉って難しい。眉の形や描き方で、あか抜けて見えたり、ダサく見えたり、顔が大きく見えたり…と顔立ちが変わるから。さらに「時代」を表すパーツなので、ずっと同じ描き方をしていると、古い人になってしまいます。

「眉を描くのにおすすめのアイテムは?」も、よく聞かれます。ペンシル、パウダー、リキッドなどいくつかタイプがありますが、1つ選ぶなら、ペンシル。パウダーよりラインが決まりやすく、毛がないところも描き足しやすいので、ペンシルで全体のフォルムを描いたら、それを軽くぼかすというのがいちばん簡単な描き方です。

とはいえ、皆さん、ラインを決めるのが難しいんですよねー。そこで発売されたばかりの、ファシオ『パワフルステイ アイブロウ ペンシル D』というおもしろいアイテムをご紹介します。最大の特徴は、ペン先がしずく型になっているところ。アイブロウペンシルのペン先って、ごく普通の丸型やなぎ型、太軸、細軸などいろんなタイプが出てますが、しずく型は初めて。これがなかなか描きやすいんです。

自然な眉が簡単に描ける

しずくの先の尖っている部分で細いラインを描いて、丸い部分で眉にボリュームを出すと、フワッと自然な眉が簡単に描けます。大人って濃い色のペンシルでグイグイ描くクセがついているので、ラインが強すぎて、老けて見える原因になっていることが多いんです。このペンシルは色味がソフトなので、多少強く描いてもきつくならないところもいい。

アイブロウペンシルのようなベーシックなアイテムって、一度気に入るとリピート買いすることが多いですよね。でも、こういう新しいアイテムが出たらいつものものを見直してみると、案外簡単に苦手が克服できたり今どきの顔になったりするもの。「眉が悩み」という人は、試してみてください。

ふんわり眉が描きやすいアイブロウペンシル

ファシオ パワフルステイ アイブロウ ペンシル D

繊細なラインもふんわり立体感も1本で描ける。汗・皮脂に強いウオータープルーフ。全3色。ファシオ パワフルステイ アイブロウ ペンシル D 各1400円/コーセーコスメニエンス 電話:0120-763-328

※女性セブン2019年10月31日号

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

→【メイクのメ】の過去の連載を読みたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事