眞子さま、大人かわいいペールカラーで爽やかな秋の着こなし

秋篠宮家の長女・眞子さま(27)といえば、結婚延期から、すでに1年8か月が経過し、その行く末が気になるところ。とはいえ、眞子さまは、これまでどおり公務に邁進されていて、10月7日から2日間、茨城県を訪問された。両日とも秋には珍しいペールトーンのコーディネートをご披露。甘さが目立ち、幼く見えることから難関とされるペールカラー、眞子さまの大人の着こなしを拝見!

2019年10月7日に茨城を訪問し、フェンシング競技を観戦された眞子さま

ツイード素材でクラシカルな雰囲気に

眞子さまは、7日、国体に合わせ茨城県を訪問され、フェンシング競技を観戦されたほか、笠間市の県陶芸美術館と大子町の袋田の滝をご視察。

2019年10月7日に茨城の袋田の滝を訪問された眞子さま

ペールカラー×締め色で大人っぽさ倍増!

2019年10月7日に茨城の袋田の滝を訪問された眞子さま

白ベースにオレンジがミックスされたノーカラーのスーツは、ツイード素材。色ではなく、素材で季節感を取り入れ、温かくクラシカルな雰囲気が漂う。さらに、ペールカラーは顔映りがよく、眞子さまの色白な肌がより一層際立っていた。甘さ漂う淡いオレンジのスーツに絞め色の黒を合わせることで、洗練された大人の雰囲気にまとまっている。

→【写真22枚】サングラス姿も!眞子さまの華麗なるファッション集はコチラ

→眞子さまの和装姿も!上品な海外公務ファッションはコチラ

キリッとしたラインと小物で甘さを調整

翌8日午前には、常陸太田市で、水戸黄門で知られる徳川光圀が晩年を過ごした邸宅「西山御殿」を訪問された。職員による庭の植物などについての説明に、眞子さまは熱心に耳を傾けられていた。

常陸太田市で、水戸黄門で知られる徳川光圀が晩年を過ごした邸宅「西山御殿」を訪問された。職員による庭の植物などについての説明に、熱心に耳を傾けられる眞子さま

ペールカラーはそれだけで甘さ満点。大人女子が着ると、ともすれば若作り感が否めない。だからこそ、デザインまで甘くならないようアイテム選びが肝心。眞子さまはキリッとシャープな襟元のセットアップで、ボトムはスカートながら広がりは抑えめ。小物はプレーンな白パンプスにミニバッグ、シンプルな帽子など、甘さよりも清楚感を強めにまとめられていた。

→紀子さまと眞子さま 秋先取りのノーカラージャケットスタイル

白を差し色に爽やかオーラを完成

常陸太田市で、水戸黄門で知られる徳川光圀が晩年を過ごした邸宅「西山御殿」を訪問された。職員による庭の植物などについての説明に、熱心に耳を傾けられる眞子さま

秋冬ファッションはシックで重たい色が増え、爽やかさに欠けてしまいがち。しかし、今年は10月というのに気温30度を超える日があった。それもあってか、眞子さまのアイスブルー×白のひんやり配色も、季節感を間違えた印象はなく、むしろ涼しげで心地よく感じられる。

10月8日に行われた茨城国体の閉会式に出席された眞子さま

午後は、11日間にわたって開催された茨城国体の閉会式にご出席。これまで、国体の閉会式には両親の秋篠宮ご夫妻が出席されてきたが、今年は初めて眞子さまのみのご出席。眞子さまは、総合成績が最もよかった茨城県の代表に笑顔で杯を渡された。

白小物でスタイルアップ

10月8日に行われた茨城国体の閉会式に出席された眞子さま

この日は小物をオフホワイトで統一。白は膨張色だが、それを有効利用。パンプスの白は脚長効果、帽子の白は、身長を盛ることができ、スタイルアップされている。

→佳子さまのベイクドカラーを効かせた秋コーデはコチラ

胸元のV字で顔がシャープに

10月8日に行われた茨城国体の閉会式に出席された眞子さま

ラウンドトゥのパンプスに、丸いフォルムの帽子、パールネックレスなど、全体に曲線が目立つが、テーラードジャケットになっていることで、胸元のVの字がキリッとした印象を与え、顔周りをシャープに見せている。

→紀子さまのクラシカルな花柄ワンピース姿はコチラ

→秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピースでご公務

→雅子皇后、「23年前の思い出のお着物」で和のおもてなし

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事