紀子さま、芸術の秋を彩るクラシカルな花柄ワンピース姿

秋篠宮紀子さま(53)が、芸術の秋にふさわしいクラシカルな花柄のワンピーススタイルを披露された。大人女子が参考にしたい、クラシカルワンピースの着こなしをチェックしてみよう。

紀子さまと松岡茉優

10月2日、都内で行われた、松岡茉優(24)の主演映画『蜜蜂と遠雷』のプレミア上映会に来場された紀子さま。直木賞と本屋大賞を史上初めてダブル受賞した恩田陸さん原作の同映画を鑑賞され、「(ピアノ)演奏のシーンに臨場感があって、思わず小さく拍手しました」と隣に座る松岡に述べられたそうで、松岡は「とてもうれしい感想をいただきました」と目を輝かせていた。この日は松岡も白のクラシカルムードのワンピースで登場。

松岡茉優と紀子さま

上映後も、予定時間をオーバーするほど話に花が咲き、紀子さまは松岡をあーちゃん(亜夜)と役名で呼ばれたという。松岡は「おはいりになられてから着席して一緒に映画を拝見しているときも、たたずまいに言葉にならないほど感動しました。常に、こちらまで背筋が伸びるよう」とそのときの心境を口にした。

→紀子さまと眞子さま 秋先取りのノーカラージャケットスタイル

大人女子仕様のシックで上品な花柄ワンピース

紀子さま

秋冬は出番が遠のく花柄ワンピースだが、この日の紀子さまは、茶系トーンの水彩画タッチの花柄ワンピースを召されていた。花柄というと、ともすれば幼くガーリーに見えてしまうが、こちらのワンピースはよく見ないと花柄とはわからないほど、花の主張が控えめで、シック。大人女子が着ても花柄が悪目立ちせず、柔らかい雰囲気にまとまる上品なワンピースだ。

→雅子さまの華麗なる着回しファッションはコチラ

小花がかわいらしさと親しみやすさを演出

紀子さま

紀子さまのワンピースをよく見ると肩や胸元などに、小さな花が描かれている。大ぶりな花柄だけでは高級感があって、近づきがたいイメージだが、顔周りにさりげなく小花が配されているおかげで、遊び心が感じられ親しみやすい印象に。

→令和初の一般参賀での雅子さまたちの華麗なるローブ・モンタント姿はコチラ

ウエストの切り替え高めで脚長効果もばっちり

紀子さまと松岡茉優

程よくボリュームがあるAラインワンピースは、ウエストよりやや高めの位置に切り替えがあり、脚長効果を発揮。色味が大人っぽい分、ガーリーなシルエットでもバランスよく若作り感もまったくない。

→【写真12枚】佳子さまの美人すぎるファッション集はコチラ

皇室ファッション定番小物で品格をキープ

紀子さまと松岡茉優

映画鑑賞ということもあり、この日の紀子さまはいつものご公務ファッションに比べるとややリラックス感のある装い。それでもパールアクセサリーや黒のエナメルパンプス、ミニバッグで引き締め、ロイヤルオーラをキープされていた。

→【写真22枚】サングラス姿も!眞子さまの華麗なるファッション集はコチラ

→天皇ご一家の夏休み|雅子さまはワインカラーで統一した完璧トラベルファッション

→秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピースでご公務

→雅子皇后、「23年前の思い出のお着物」で和のおもてなし

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

撮影/雑誌協会代表取材

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事