【旬菜】イソフラボンもたっぷり摂れる「カボチャと豆腐の豆乳ポタージュ」

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、「カボチャ」のレシピを教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

ABC_Healthlab_kabocha01

豆腐と豆乳のダブル使いで、イソフラボンをたっぷり摂ることができるスープ。カボチャの栄養価の高さは野菜でもトップクラス。中でも「β-カロテン」と「ビタミンE」が豊富で、β-カロテンは免疫力を高め、ビタミンEは血行を促進する効果があるから、冬の冷え改善や風邪予防にぴったり。

カロリー…108kcal(1人分) 調理時間…20分

材料(2人分)

カボチャ(幅3mm)…80g 玉ネギ(薄切り)…25g オリーブオイル…小さじ1 水…140cc コンソメ…小さじ1/2 木綿豆腐(1cm角)…50g 調製豆乳…100cc 塩…小さじ1/8 白コショウ…少々 黒コショウ…少々

下準備

・カボチャは、種、ワタ、皮を除いておく

作り方

【1】鍋にオリーブオイルを熱し、玉ネギを加えてしんなりするまで炒める
【2】カボチャを加え炒め、表面が透き通ったら、水、コンソメを加えて煮込む
【3】カボチャが柔らかくなったら、木綿豆腐を加え、1分ほど煮て粗熱をとる
【4】ミキサーに【3】を入れ、なめらかになるまでまわす
【5】鍋に戻し入れ、豆乳を加えてあたため、塩、白コショウで味をととのえる
【6】器に盛りつけ、黒コショウを飾る

→作り方を動画でチェック!

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/

→ABC HEALTH LABO監修の【旬菜レシピ】をもっと見る

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事