佳子さま、トレンドのベイクドカラーを効かせた秋コーデをご披露!

秋篠宮家の次女・佳子さま(24)がお召しになった2019秋冬のトレンドカラーとして注目の“ベイクドカラー”を効かせた、旬度満点の装いをチェックしてみた。

佳子さまの鳥取砂丘訪問

佳子さまは9月28日午後、鳥取県を訪れ鳥取砂丘を視察され、翌29日には鳥取市内で行われた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に出席された。両日、お召しになっていたのがベイクドカラーのファッションだ。

佳子さま9月28日に鳥取砂丘を訪問された様子

ファッション誌でも度々見かけるベイクドカラーとはどんな色か。「ベイクド=焼く」という意味で、少し焦がしたようなくすんだ色のことを指す。取り入れるだけで即秋冬モードになるうえに、洗練された雰囲気まで手にはいるトレンドカラーだ。皇室のファッションリーダーとも言える佳子さまは、早速ベイクドカラーを取り入れられていた。

落ち着いたベイクドカラーが品のよさを底上げ

佳子さま9月28日に鳥取砂丘を訪問された様子

鳥取空港のターミナルに到着された佳子さまは、初めての外国公式訪問を終え、25日に帰国したばかり。にもかかわらず、空港に集まったおよそ150人の人たちに笑顔で手を振ったあと、鳥取砂丘を訪れ、説明を聞きながら、一面に広がる砂の景色を眺められた。

佳子さま9月28日に鳥取砂丘を訪問された様子車いすを押している

この日は、赤みの強いベイクドカラーの総レースワンピースに濃紺のジャケットという組み合わせ。総レースワンピースというと、色によっては子供っぽく、または下着っぽくなってしまう難しいアイテムだが、落ち着いたベイクドカラーと、知的な雰囲気のネイビーを合わせることで品よくまとめられている。

→佳子さまの色鮮やかな着物やワンピース姿はコチラ

ジャケットからのチラ見せが垢抜けのポイント

佳子さま9月28日に鳥取砂丘を訪問された様子車いすについて説明を受けられている

ひざ丈のレーススカートとジャケットというスタイルだと、ともすれば老けた印象になってしまう。そこをノーカラーのワンボタンジャケットにすることで、程よく胸元がV字に開き、レースがチラ見え。ワンピースだとわかり、可憐な印象に映る。

→美肌際立つ佳子さまのオールホワイトコーデはコチラ

華奢なパールアクセで嫌味のない華やかさを

佳子さま9月28日に鳥取砂丘を訪問された様子

ロイヤルファッションの定番アイテムとも言えるパールアクセ。この日は華奢な揺れる1点パールネックレスとイヤリングでさりげなく華やかさをプラス。小ぶりなパールはよそいき感を抑えて親しみやすさを醸し出している。

→【写真12枚】佳子さまの笑顔輝く清楚なファッションはコチラ

秋ファッションに差をつけるベイクドグリーン

「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に出席

高校生たちが手話を交えながらダンスや演劇などを披露する「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に出席された佳子さま。開会式では、手話を使いながら「積み重ねてきた努力の成果が、十分に発揮されることを期待しています。聴覚に障害のあるかたがたと、大切な言語である手話に対する理解が、よりいっそう深まる大会になってもらいたいと思います」と、お言葉を述べられた。この日の佳子さまは、カーキ色とはまた違った魅力のベイクドグリーンスタイル。春の印象が強いグリーンも深みのあるカラーなら、クラシカルで季節感もばっちりだ。

→眞子さまの和装姿も!上品な海外公務ファッションはコチラ

白肌×黒髪とも相性バツグン

「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に出席

深みのあるベイクドグリーンは、日本人に多いオークル肌の色を白く見せてくれる上に、黒髪とも相性がよく、アジア人女性にぴったりの色とされる。アジアンビューティーな佳子さまが似合うのも納得だ。

胸元のレースが華やかさを演出

「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に出席

こっくり深みのあるグリーンコーデに華を添えるのは胸元のレース。レースというとそれだけで甘さが漂う乙女素材だが、シックな色かつ部分見せなら大人っぽく洗練された印象に。

→サングラス姿も!眞子さまの華麗なるファッション集はコチラ

パールアクセで視線を上に

「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に出席

存在感たっぷりのパールネックレスの効果で視線が上に集まり、全体的にすっきりとした印象にまとまる。さらにジャケットのVネックの効果も相まって、キュッと小顔が際立っている。

ミニバッグは女性らしさの象徴

佳子さまが「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に出席された様子

デートにはミニバッグが鉄則と言われるほど、モテる女性の必須アイテム。小ぶりなサイズ感そのものがかわいらしく、女性らしさを強調してくれるのはもちろん、ミニバッグは持ち物を厳選しなければならず、不要品がはいるスキがないことから、清潔感もアピールできる。

撮影/雑誌協会代表取材

●秋篠宮家のプリンセスファッション|紀子さまと佳子さまは和装、眞子さまはワンピースでご公務
●眞子さま、佳子さま姉妹の春の麗しきファッション集【写真10枚】

→皇室のすべての記事をチェックしたいかたはコチラ

 

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. Yanchi より:

    人間的な側面がうかがわれる皇室の方々の素顔というか。は、私も見習わなければならないところかと。しかしご両親と一緒にお仕事ができるなんて羨ましい限りです。私は一人ですからね。どうしても寂しくなりますね。寂しくならない方法を考えることを皇室の仕事として一つ付け加えて欲しいところですね。孤独死を無くすためにも。民間の仕事としては超ハード級の問題ですからね。2019.10.8.(火)15:10

    19+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事