5つの金言!50代女性が似合うファッションを選ぶコツをプロが伝授

年を重ねるごとに、着る服について悩むことも増えてくる。「この服は着たいけれど、私の年齢じゃ…」そう考える人も多いのでは? だが、どうせなら気分が上がる服を着たいもの。そこで、服選びのちょっとしたコツをファッションの達人に聞きました。

年を重ねてからの服選び、おしゃれに見えるポイントは?(写真/アフロ)

10~20代はどんな服でも若さでカバーできるが、「50代からは自分の得意分野を見極めることが大切」とスタイリストの地曳いく子さんは言う。以下の5つのポイントを参考に、あなたをより輝かせる似合う服を見つけよう!

◆苦手なものは着なくてよし

複数のパンツとサヨナラする女性のイラスト

「私、パンツは苦手なんだけど、持ってた方がいいよね」などと考える必要はない。

「苦手なものを無理に着る理由も時間も、私たちにはありません」(地曳さん・以下同)

◆人との違いを恐れない

「花柄買わなくちゃ…」と困った顔の女性のイラスト

「今年は花柄が流行しているから私も着なきゃ」などと思う必要もない。

「流行は、自分の好きな服や似合う服がはやった時にだけ、のっかればいいのです」

◆「今」の自分のサイズを知る

ハンガーにかかっている服のサイズをチェックする女性のイラスト

体重が変わっていなくても、体のラインは変わっていくもの。

「昔のサイズをいつまでも信じていてはいけません。去年似合った服が今年も似合うとは限りません。シーズンごとに確認を」

◆お金を捨てたくなければ試着はマスト!

服を体に当てて、上機嫌な女性のイラスト

昔と違い、今の服はブランドやデザインによってサイズがまちまち。

「面倒でも、試着をすることがおしゃれの第一歩。無駄な服を増やさないことにもつながります」

◆お金を出せば似合うものが買えるわけではない

ファー付きコートや宝石、 お札が舞う様子を描いたイラスト

どんなに高級な服やアクセサリーでも、あなたに似合わなければ意味がない。

「高くても気分がアガり、頻繁に使うものであれば、とてもコスパのいい買い物といえます」

教えてくれたのは:スタイリスト 地曳いく子さん

『oggi』『Precious』などのファッション誌で40年近くのキャリアを誇る。現在は洋服のプロデュースやトークショー、テレビ・ラジオ出演と幅広く活躍中。

イラスト/たきくみこ

※女性セブン2019年10月10日号

●佳子さま、美肌際立つオールホワイトコーデで注目の的!
●痩せ見えファッションの厳選アイテム|トップスなどの着こなしテクも紹介!
●雅子皇后が地方ご公務で見せられた3つの装い、さかなクンも緊張!
●下半身デブに見せない着痩せコーデ術|秋冬、痩せて見える服はこう選ぶ!
●「服を捨てない」ケイト・ブランシェットのファッション哲学

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事