“奇跡の51歳”中島史恵が伝授!肩こり解消や美ボディを作る「逆トレ」2種

50代になっても美しく、みずみずしい肌と抜群のスタイル…そんな女性の憧れの姿を手にしている人は、どんな体作りをしているのだろうか?

中島史恵

健康と美をテーマとするグループ「シェイプUPガールズ」の一員としてデビューし、現在は女優、ヨガインストラクターとして活動する中島史恵さん(51歳)が、東京ビッグサイトで行われた「ダイエット&ビューティーフェア2019」に登場。

「YOGA JAPAN プレゼンツ! 中島史恵が提案する最強逆トレ(下がらない体づくり)とは!?」と題する講演を行った。

美しさの秘訣は自ら考案した“逆トレ”

中島史恵

50歳を過ぎても雑誌のグラビア企画に登場するほど、若々しい美ボディを保ち続ける中島さん。自ら考案した「逆トレ」は、重力に負けないボディラインを作るメソッドだそう。女性なら誰もが悩む、垂れやすい部位をケアできるというその方法とは?

中島史恵

「ヨガはインド発祥で、自分の外にある感覚を内に向けていく、つまり逆に向けていくというシンプルな考え方が根底にあるんです。そこで私は、内なる意識の感覚とはどんなものか?と考えたときに、思いのまま、欲のまま動く感覚であると気づきました。それを制御すること、つまりヨガの逆向きの考え方が、美しい体作りにつながるのではないかと思ったんです」(中島さん・以下同)

考え方はシンプルだが、実際どうやって動かしていくのか? そこで、中島さんが座ったまま実践できる“逆トレ”の方法を2つ紹介してくれた。

肩の疲れを解消する“逆トレ”のやり方

中島史恵

【1】椅子に座ったまま両目を閉じて、両手を膝に置く。
【2】背筋を伸ばし、あごを引いて深呼吸。鼻から吸って、口から吐く。
【3】呼吸に慣れて肩の力が抜けてきたら、口を閉じて、鼻で呼吸する。
【4】息を吐くときにお腹をぺったんこにする。お腹が背中にくっつくくらいのイメージで鼻呼吸をくり返す。
《ポイント》普段行っている肩や胸での呼吸を、お腹を動かしながら行うことで、体の土台がより定まるという。
【5】呼吸が深くなってきたら、目を閉じたまま、両腕を上げていき、ひじを伸ばし、耳の横でバンザイする。

中島史恵

【6】両ひじを伸ばしたまま、肩だけ力を抜いて下げる。そこからまた両手を上方向に上げていく。その際、お腹に力を入れ、両手のひらを外に向け外旋する。
【7】ゆっくりと両腕を下ろして、肩を前と後ろに3回ずつ回す。

「腕を上げる」という動作をそのままやるのではなく、腕の使い方を意識することでより体幹に働きかけることができるメソッド。

特に肩こりに悩んでいる人は、日常的に肩が上がっていることが多いそうで、肩の力を抜いて下ろそうとする“逆トレ”を行うことでコリの解消につながるという。

インナーマッスルや深層の筋肉を使う“逆トレ”のやり方

中島史恵

【1】椅子に座ったまま両手のひらをお腹に置いて、両目を閉じる。
【2】呼吸をしながら、手でお腹を押し、次にお腹に力を入れて手を押し返す。これを15秒行う。
【3】次はお尻に手を当てる。呼吸をしながら、手でお尻を押し、次にお尻に力を入れて手を押し返す。これを15秒行う。
【4】両手を膝の上に戻して深呼吸。リラックスしながらゆっくり目を開ける。

中島史恵

押し合う力(拮抗筋肉)を使うことで、自然とお腹に力が入り、インナーマッスルを鍛えることができる“逆トレ”のプログラム。とても簡単なので、ヨガ未経験者でもすぐに試せる。

中島史恵

姿勢が悪いと、体が内側にはいろうとするため、肩こりや股関節、腰痛をはじめさまざまな体の不調を引き起こすそう。

中島史恵

普段、使っている感覚とは逆に外に向けて動かそうとすることがその改善につながるんだとか。

運動に加えて、食事はたんぱく質を中心に

中島史恵

「体は外へ、感覚は内へ向けることが大切」だと繰り返す中島さん。普段、運動をやるときは筋肉の深い部分を感じながら動かすことを意識しているそうだ。

また、美ボディキープのためには食事に気を遣うことも必要だと語り、「食事は腹八分目。食べすぎると不調が出ます。食べ順や食事のタイミング、それと血糖値が上がらないようにバランスよく食べること。特にに運動後の30分にしっかりとたんぱく質を摂取。寝ている間に筋肉をつけて、朝しっかり動けるようにしていますね」

憧れの美スタイルを手に入れるために、まずは“逆”の動きを日常的に取り入れてみよう!

教えてくれたのは:中島史恵さん

1968年、長野県生まれ。タレント、ヨガインストラクター。短大在学中にエアロビ指導者免許を取得し、インストラクターとしても活躍。1994年、“健康と美”をテーマに結成された女性4人グループ「シェイプUPガールズ」で芸能界デビューし、ヨガとダンスなどさまざまなスポーツにチャレンジする。2014年、空中ヨガのパイオニアとして美の融合スタジオ「avity(アヴィティ)代官山スタジオ」をオープン。2018年には『たった3週間で下がらない体をつくる最強逆トレ』(大和書房)、写真集『サンカント』(双葉社)を発売。

【データ】
「ダイエット&ビューティーフェア2019」内「YOGA JAPAN プレゼンツ! 中島史恵が提案する最強逆トレ(下がらない体づくり)とは!?」
9月11日開催

取材・文/イワイユウ

●“奇跡の51歳”中島史恵、しなやかセクシーボディの作り方を語る【美痩せインタビュー】
●小林麻耶似の元銀行員ヨガインストラクターが語る美の秘訣【ジム美女の美習慣】
●くびれを1週間で作る!「バスタオルヨガ」で即効ウエストダウン!!
●即効!二重あごを解消する顔ヨガ5選|1回10秒でできるあごのたるみ撃退法まとめ
●即効でお腹痩せする方法│1日1分ヨガ、ラクにできる腹筋など運動5選まとめ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事