20kgのダイエットに成功した医師が使っていた漢方とは?

体の不調改善など健康目的だけではなく、美容のためにのんでいる人も多い漢方。でも、実際、どんな種類のものをのんだらいいのかわからない人も多いのでは? そこで、ダイエットや若返りにおすすめの漢方薬を医師に教えてもらった。

漢方薬

漢方で体調改善とともに減量、若返りも!医師が成功エピソードを紹介(写真/Getty Images)

4年間で20kgのダイエットに成功

現在の引き締まった体からは想像がつかないが、10年前は肥満体だったという東洋医学が専門の外科医・新見正則さん。当時は24時間365日緊急手術に対応しており、深夜の食事も当たり前。気づけば体重が92kgになり、一念発起してダイエットを始めたという。

漢方薬の「大柴胡湯(だいさいことう)」と「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」を服用しながら、炭水化物を減らすなどして4年間で20kgの減量に成功した新見さん。その上、トライアスロンも始め、体はたちまち引き締まったという。さらに若返り効果も…。

「漢方を服用し始めてから減量以外にも体の変化がありました。熟睡できるようになり、肩こりや花粉症が楽に。おまけに後頭部の薄毛が改善されるなど、いいことずくめでした。健康的にやせたい、若さを取り戻したい、という人には漢方薬をおすすめします」(新見さん)

”ダイエット&若返り”におすすめの漢方薬

漢方のイメージ

写真/Getty Images

「ダイエットにはまず、大柴胡湯と桂枝茯苓丸を、さらに体質などによっては防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)もすすめています。ただし、服用は必ず医師の指導のもと行ってください。また、漢方薬だけでやせようというのは論外。食事制限や適度な運動も大前提と覚えておきましょう」

●大柴胡湯

新見さんが減量時に服用した漢方薬の1つ。柴胡、黄芩(おうごん)、芍薬(しゃくやく)、大棗(たいそう)、半夏(はんげ)、生姜(しょうが)、枳実(きじつ)、大黄(だいおう)の8種の生薬を配合。肝臓での脂質代謝機能を高める効果があるので、体全体にまんべんなく脂肪がついている人におすすめ。

●桂枝茯苓丸

桂皮(けいひ)、芍薬、茯苓など5種類の生薬を配合。血の巡りを改善するため、代謝がよくなり、やせる効果が。ほかにも頭痛や冷え症、婦人科系の不調にも対応するので女性におすすめ。

●防風通聖散

皮下脂肪や内臓脂肪の多いポッコリお腹に悩む人向き。防風、黄芩、大黄、芒硝(ぼうしょう)など18種類の生薬を配合。体の水分循環を改善してくれるため便秘にも効果的。

※効果には個人差があります。

教えてくれたのは:新見正則さん


医師、公益財団法人愛世会愛誠病院 理事。外科、血管外科、東洋医学が専門。漢方ブログ「漢方.jp(https://kampo.jp/)」を運営。著書は『フローチャート女性漢方薬』(新興医学出版社)など多数。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

●漢方薬でストレスや冷え性を改善!医師がおすすめの3種を紹介
●最強漢方薬「人参養栄湯」の効果とは?ダイエットや美容に医師がオススメ
●太りやすい、むくみなど体質でチョイス!「KAMPO煎専堂」の「できたて純漢方」セルフカフェを【体験レポ】
●脂質を落とすなど注目の漢方薬 利用するための正しい知識
●【オバ記者連載5】漢方に挑戦!早朝の空腹感が解消される

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事