【オバ記者連載12】お見合い相手「72才会長」は超玉の輿?

当サイトがおくる好評連載『アラ還・オバ記者の悪あがき美容道中』。現在59才、バツイチ独身、自らを「女の崖っぷちから、一歩落ちている」というオバ記者ことライターの野原広子が、美容、ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。オバ記者が目指すのは、還暦を迎えるその日までに人生の伴侶をゲットすること! 第12回となる今回は、婚活サイトで知り合った72才「会社会長」とのお見合いの続報です。

婚活サイトで知り合った男性と会ったオバ記者だったが…

婚活サイトで知り合った男性と会ったオバ記者だったが…

* * *

「で、で、どうなったんですか?」

家の近くの個人病院へ行くと、20代の受付嬢が身を乗り出してきた。このサイトの読者の彼女が聞きたいのは、私の体重や、血圧の数値の変化なんかではなく、婚活サイトで知り合った72才のK氏のこと。

「ぼくは幼稚園から慶応ですが、慶応らしくないと言われるんです」とボルサリーノ風の紺色の帽子をかぶり、顔にシワがなく、鼻が異様に高いK氏が言うから、「えっ、じゃあ、下から慶応ですか?」と聞くと、「ええ、まあ」と照れ笑い。

「ああ、そうですか。それなら、お嬢さま女子大卒の方のほうが釣り合いが取れると思いますよ。さ、さ、帰ろうっと」と、ニコニコ顔は崩さず、席を立ってみせたら、「ぼくは、そういう見識は持ち合わせておりませんッ!」。やさ男というか、やさ爺だったK氏が顔を引き締めて、キッパリとこう言ったのよ。

さらに、「ぼくは残された時間を楽しくすごしたいんです。旅をしたり、音楽会に行ったりする女性で、できれば結婚していただけたら…」ですって!

「キャーッ、すて~き」

私の中に住むお祭り女が、わっしょい、わっしょい。太鼓を叩きだしたら止まらない。この性癖のおかげで、ずいぶんな時間を浪費し、ケガもしているのに治らないねぇ。

「うふふ」と、口角を思いっきりあげて席につくと、K氏もほっとひと安心顔で目を細めて、本格的な“オハナシ”に入っていったの。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事