老眼防止&視力回復に効果的な食材と目のトレーニング「眼トレ」を解説

歳を重ねると避けられないのが目の老化。視力が低下したり老眼になったりしてしまう人も多い。そこで、「目」の若返りにクローズアップ。アンチエイジングドクターに、アイケアでキレイな瞳を取り戻す秘訣を聞いてみた。

目の下にアイクリームを塗る女性の写真

目は体調を映す鏡!アイケアで若返る方法を医師が解説(写真/アフロ)

キレイな瞳は元気の証!目は体調を映す鏡

「目には体調の変化が表れます。ですから眼科医はまず、眼底や結膜に出血などの異常がないかを診ます。キレイな瞳の人は健康であることが多いんです」

とは、眼科医の日比野佐和子さん。特に、目の健康を維持するためにおすすめの食材は卵だという。

「卵黄に含まれるルテインには老眼や白内障の予防に役立つ効果が。私も毎朝2個食べているせいか、視力は2.0を保っています」(日比野さん)

下記の「眼トレ」も併せて習慣化すれば、目のアンチエイジングに効果的だ。

老眼を防ぐ『眼トレ』のやり方

ピントが合わず手元が見えづらい時にも試してみて!

【グーパートレーニング】

両手をグーにした女性とパーにした女性のイラスト

疲れ目の撃退にもおすすめ

【1】両目を強く閉じて、同時に両手をギュッと握る。口も閉じると効果がアップ。

【2】2秒後に目をパッと見開く。それと同時に両手も開き、2秒以上キープする。【1】【2】を5回繰り返すと、目のまわりの血流がアップ。

【遠近スライドトレーニング】

親指を立てて目の近く、離した距離と移動させたイラスト

目のピント調節にかかわる筋肉・毛様体筋(もうようたいきん)が鍛えられる

【1】顔の前に親指を立て、爪にピントを合わせて1秒見つめる。

【2】親指の爪にピントを合わせたまま腕を伸ばしてA地点へと指を遠ざけ、3秒見つめる。

【3】腕をB地点まで下げ、A地点だった場所のさらに先にある対象物を1秒見つめる。【1】~【3】を30回繰り返す。

教えてくれたのは:日比野佐和子さん

48才。アンチエイジングドクター、眼科医、内科医、皮膚科医。アンチエイジングのための「医療法人康梓会Y’sサイエンスクリニック広尾」(東京)統括院長。視力2.0、肌年齢マイナス22才を誇る。著書は『目がよくなると、10歳若返る』(ゴマブックス)など多数。

イラスト/miya

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

●【メイクのメ】年齢が出やすい目元、手をかければ効果も出やすい
●カラーマスカラを使ったやわらかく“旬”な目元のつくり方【山本浩未さんのメイクのメ】
●【ご褒美家電】疲れた体を労わる。癒し系の「マッサージ家電」8選
●5人に1人が繁殖しているまつげダニ、ドライアイの原因にも
●まつげダニ検査を記者が体験!5本ブチッと抜いてみたら…

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事