美肌の女性芸能人20人のスキンケア&愛用化粧品を一挙公開!美容習慣や食事法などキレイの秘密

さまざまなメディアで活躍する女優やタレント、モデルたちの美肌はどうやって作られているの? これまでDIETポストセブンで紹介してきた記事から、女性芸能人たちが実戦しているスキンケア法をまとめてご紹介。すぐ実践できるものばかりなので、今日から始めてみて!

長谷川京子 毎日のパックで肌への水分補給を欠かさず

長谷川京子

『グータンヌーボ2』では、初MCと思えないほど軽やかにトークを回していく姿も魅力的な長谷川京子さん。自身のスタイルを確立し、何にもとらわれず自然体で生きる彼女だが、美肌を維持するために、保湿は欠かさないそう。

「フェイシャルパックは基本1日1回、ドラマの撮影中は朝晩で2回することもあります。肌にとって大事なのはやっぱり保湿だと思っているので、毎日のパックと併せて、水をたくさん飲んで内側からも潤いを与えるようにしています。そのかいあってか、肌はわりと安定していて、大きく荒れることはありません」

長谷川京子

あとは、不規則な生活はなるべくしないことも心がけている。

「生活が不規則になると内臓に負担がかかるので、どうしても体調を崩しやすくなる。忙しくてもなるべく早く寝たり、しっかり睡眠時間を確保したりして、生活のリズムをできるだけ狂わせないようにしています」

撮影/藤岡雅樹

→長谷川京子さんのインタビューはコチラ

田中みな実 果物で酵素摂取!クレンジングはスチーマーで

田中みな実

2014年10月にTBSアナからフリーに転向し、『グータンヌーボ2』でのMCの他、タレント、女優とマルチに活躍する田中みな実さん。ここ数年、女性らしい柔らかさも残した引き締まったボディでも話題に。そんな彼女は、思わず触りたくなる肌の持ち主でもあるが、肌に潤いを持たせるために、酵素を積極的に摂るようにしているという。

「朝起きたら、午前中に果物をとにかくお腹いっぱい食べるんです。旬のものがいいですね。今は酵素ペーストや酵素ドリンクといった手軽なものもありますが、いろんなものを試した結果、私は生のフルーツから酵素を摂った方が体の調子がよいってことがわかって。毎朝ひたすら食べ続けています(笑い)」。

田中みな実

また、日々の生活で必ず守っているのが、毎日きちんとメイクを落とすことだそう。

「どれだけ疲れていても、酔っ払っていても、必ずスチーマーを使って汚れを浮かせてキレイに落としています。スチーマーと聞くと手間がかかりそうって思われるかもしれないけど、歯ブラシの横に小さいスチーマーを置いておいて、歯を磨きながら蒸気を浴びてって感じで、全然大変じゃないんです。ほんのひと手間なんだけど、それができるかできないかで、次の日のお肌の調子が変わってくる。

ただ、そうやってしっかり落としてお肌の状態をよくする分、その後のスキンケアはオールインワンのもので済ませちゃうことも。吸収しやすい土台だけしっかり作ってあげて、手を抜けるところは抜く。大変なことを習慣にしちゃうと、無理やりやっている自分に疲れてしまいそうなので」

撮影/藤岡雅樹

→田中みな実さんのインタビューはコチラ

滝沢カレン 夜12時前までに就寝し、たっぷり睡眠

滝沢カレン

『グータンヌーボ2』などバラエティー番組で見ない日はない人気者、滝沢カレンさん。モデルとしても活躍する彼女は、すらりと伸びた美しいボディの持ち主だが、その美肌も目をひく。そんな彼女が一番大事にしていることは睡眠だそう。

「鍼もエステも行きますが、大切にしているのは睡眠で、夜は12時前には寝るようにしています。そうすることで生活リズムも整うし、肌や髪にツヤが出るし、目の周りのむくみも軽くなります。寝るっていうことは、すばらしいことだと思いますね」

滝沢カレン

また、オフの日は、水をいっぱい飲むようにしているんだとか。

「老廃物を体に溜めないように外へ排出しておけば、きれいでいられる気がするんです。お仕事の日は難しいですけど、お休みの日には3リットルくらいは飲んでますよ。日々のメンテナンスは大変かもしれませんが、女性に生まれてきたことをうれしいと思っています。努力することがあるからこそ、人生を楽しめるので。おばあちゃんの自分がどれだけ輝いているかは、今の自分の努力で決まるって思って私も美容に励んでいきたいです」

撮影/藤岡雅樹

滝沢カレンさんのインタビューはコチラ

山本舞香 保湿を重視したスキンケア

山本舞香

ドラマや映画から、情報番組まで幅広く活躍している女優・モデルの山本舞香さん。さまざまな番組や作品で見せる愛くるしい表情と飾らないキャラクターで注目度はグングン上昇中だ。そんな彼女は、乾燥肌らしく、スキンケアでは保湿を大事にしている。

「洗顔後はいつも、化粧水、乳液、美容液の順番でケアしています。冬場はさらに、オイルと保湿力が強いクリームもプラス。スキンケアには、メイクさんに教えてもらったオーガニックブランドの『Jurlique(ジュリーク)』をずっと愛用しています。あと、美容液は『イヴ・サンローラン』ですね。

冬場のお風呂上がりには、ボディケアにもオイルを使っています。全身乾燥肌なので、しっかりケアしないと肌がカサカサに…。暖かい季節になると、そのケアも少しサボりがちになってしまうんですが、人前に出るお仕事の前日などにはちゃんとケアするようにしています」

山本舞香

食事は、ベジファーストを実践中だ。

「食事をするときは、野菜から先に食べるように意識しています。ただ、生野菜は体が冷えてしまうので、なるべく温野菜で摂るように。自炊はときどきですが、味噌汁が好きなので和食を作ることが多いです。あとはフルーツが大好きなので、ビタミンはしっかり摂れていると思います」

撮影/生熊友博

→山本舞香さんのインタビューはコチラ

関根麻里 毎日のスキンケアは時短&ながら

関根麻里

関根麻里さんも、輝くような美肌の持ち主。仕事に育児と多忙な日々を送る中で美肌を維持するため、毎日のスキンケアは「時短&ながら」を意識しているという。

「自分のための時間をとることがなかなか難しいので、化粧水や美容液が一緒になっているオールインワンのアイテムてで時短ケアを。あと、最近のお気に入りは100円ショップで買った、シートマスクの上から覆うようにつけるシリコンマスクです! 冬場はシートマスクがどんどん冷えて寒くなってしまうんですけど、シリコンマスクをつけると蒸発が防げるし、肌の熱がこもるので冷たさも感じなくなります。しかも、耳に引っ掛けて装着するので、シートマスクが落ちてくる心配がなくて便利! 今朝も、マスクをしながら娘のお弁当を作ってきました(笑い)」

関根麻里

マメな性格ではなくて、20代の頃はメイクも何もせず出かけることがほとんどだったという関根さん。だが、30代になってからは、さすがに何もしないのはダメだと思うようになったそう。

「しっかりと日焼け止めは塗っています。最低限のケアでも、自分が続けられそうなことをちゃんとやるようにしていますね。また、シェービングをすることで美肌を保つことができると知ったので、これからも継続してやっていけたらいいなと思います」

撮影/生熊友博

→関根麻里さんのインタビューはコチラ

羽田美智子 ミツロウクリームで保湿をしっかり!

羽田美智子

50歳という節目を迎え、年々輝きを増す羽田美智子さん。「細く頼りなかった若い頃の自分よりも、今のたくましい自分が好き」と柔和な笑顔で語る羽田さんは、ミツロウクリームで保湿しているんだとか。

「美容で気をつけているのはただただ、保湿。そこで私が愛用しているのが、ミツロウにエッセンシャルオイルを混ぜて作ったミツロウクリームです。蜂の巣は外敵から身や幼虫を守るためのものだけにバリアー機能が強いのか、ミツロウの天然の保湿パワーはとてもすごいんです。ミツロウの力に、エッセンシャルオイルが持つ効能をプラスすることで、より自分が必要としているものを作ることができます。

すべて天然由来のものでできているのでハンドクリームやリップバームとして、それ以外にも顔からかかとまで全身に使えるので、これを1つバッグに忍ばせておけば、外出や旅行でも活躍してくれます」

羽田美智子

また、美容の大敵であるストレスは、アロマオイルのリフレッシュ効果を利用して溜め込まないようにしている。

「ミツロウクリームだけでなく、ロールオンアロマやアロマミストなど、アロマを日常に取り入れる方法はいろいろあるんですよ」

撮影/八木英里奈

→羽田美智子さんのインタビューはコチラ

島崎遥香 寝る前にメイクだけは絶対に落とす!

島崎遥香

元AKB48のメンバーで、現在は女優としても活動の幅を広げている島崎遥香さん。美肌の秘訣として、寝る前にメイクだけは絶対に落とすことを気をつけているそう。

「メイクをしたまま寝ない、ということだけは守っています。愛用しているのは、「ビオレ」の『ふくだけコットン』。これだけでメイクが落とせるから、とっても楽! おかげで、どんなに疲れて帰っても寝る前にちゃんとメイクを落とすことができます。あと、お湯でオフできるマスカラを選ぶなど、メイクが残りづらいコスメを選ぶようにしています」

島崎遥香

スキンケアにはこだわりがなく、余計なものを塗っていないことが美肌の近道に!?

「撮影前など気合いを入れたい日の前夜に、いただきものの化粧水を塗るくらい。それ以外は本当に何もしていないので、ビックリされることも多いです。それでも、肌質を褒めていただくことが多いので、余計なものを塗っていないからこそ肌が持つ本来の力を発揮して、きれいに保たれているのかな、と思っています」

撮影/生熊友博

→島崎遥香さんのインタビューはコチラ

高橋メアリージュン 1日2回のお風呂で代謝アップ!

高橋メアリージュン

女優・モデルとして輝きを放つ、高橋メアリージュンさん。そのすばらしいプロポーションはもちろん、きめ細かい肌も女性が見てもため息が出るほど。そんな高橋さんは、1日2回のお風呂は欠かさないそう。

「私は朝と夜、必ずお風呂に入るので、この時間がとても至福なんです。実はこの話をするとよく驚かれるんですが、1日2回お風呂に入るのは母親の習慣で、その母親のもとで育ったこともあり、私たち一家にとってそれはとても普通のことで。温まって血流がよくなるせいか、母はとても肌がきれいで、この前も『どこのファンデーションを使っているの?』と聞いたら素肌で驚きました(笑い)。私はそんなに長風呂ではなく、毎回10分くらいしかお湯につからないんですけど、毎日はいることで代謝もよくなるので、オススメです」

お風呂ではよりリラックスできるように“香り”も大事にし、入浴後のスキンケアにも気を遣う。

「私は自他共に認める“香りフェチ”。ただ、そう言う人も多いので、他の“香りフェチ”の人たちと差をつけるためにアロマ検定を取りました(笑い)。最近は自分が疲れているときにフィットするアロマを調合し、お風呂に入れて癒されています。入浴後は必ずボディオイルを塗っています。ただ、気兼ねなくたくさん使えるように、業務用のボディオイルをポンプ式のボトルに入れて脱衣所に置いていて(笑い)。服を着る前に全身に塗っています」

撮影/今井裕治

→高橋メアリージュンさんのインタビューはコチラ

益若つばさ 保湿が命!100均のシリコンマスクを愛用

益若つばさ

ファッション誌『Popteen』でトップモデルとして活躍し、現在ではファッションやコスメのプロデュースも手がける益若つばささん。デビュー当時から変わらぬ美しさとスタイルを保ち続ける彼女は「スキンケアはとにかく保湿命です!」と語る。

「お風呂にはいるときは、まずメイクだけ落として、41度のお湯に30~40分浸かります。特に肌のごわつきが気になるときは、フェイスパックと100円ショップで買ったシリコンマスクをしてから角質を落とすと、肌がつるつるに。そして最後に『どろあわわ』で洗顔して、化粧水、乳液、クリームで保湿という感じですね」

益若つばさ

乾燥がひどいときにはワセリンを使用するそう。

「そのまま塗ることもありますし、ボディクリームに混ぜて使うこともあります。以前、どんな化粧水を使っても肌荒れが悪化してしまった時期があって、そのときは”肌断食”としてワセリンだけを塗っていました。1年間くらい続けていたら肌がきれいになったんです! ワセリンは赤ちゃんの肌にも使えるぐらい優しい成分でできているので、子供と一緒に使っています」

撮影/HITOMI KAMATA

→益若つばささんのインタビューはコチラ

菜々緒 プロテインとアミノ酸で肌と髪の状態をアップ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の役衣装を着た菜々緒

最近では、女優として著しい活躍を見せる菜々緒さん。圧倒的なスタイルに目がいきがちだが、透き通った美肌の持ち主でもある。そんな彼女が美容の習慣で心がけているのは、「BCAA(必須アミノ酸)を飲むこと」なんだそう。

「水、お茶、紅茶も飲みますが、BCAAを一番飲んでいるかもしれません。この間、テレビで見たんですが、人間は普通に暮らしているだけで、呼吸や咳、まばたきからも水分を失っていて、それが1日2.5Lくらいになるらしいんです。そんなに失われるなら3Lは必要だと思い、1日3Lを目安に水分を摂るようにしています」

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の役衣装を着た菜々緒のカメラ目線

BCAAは、さまざま効果を期待できるんだとか。

「BCAAを飲むと、美肌や髪にいいですし、トレーニングをした翌日でも筋肉痛が出ず、疲労もしにくいんです。食事では摂りきれないアミノ酸やたんぱく質は、外から補うことが大事なんだと痛感しています。最近はプロテインも飲んでいて、たんぱく質がしっかり摂れているからか、調子もいいですね」

撮影/今井裕治

→菜々緒さんのインタビューはコチラ

中村アン おやつ代わりの“ゆで卵”でたんぱく質を摂取

中村アン

抜群のスタイルで女性たちの憧れの存在でもある中村アンさんは、スキンケアでは「日焼け止めをしっかり塗ること」と「保湿」に力を入れている。

「ホクロやシミなど、10年前の後悔が出てきたので、最近は冬でも紫外線を意識するようになりました。ロケだと、つばがある帽子をかぶるようにしています。また、乾燥が気になる時期は、部屋では加湿器を2台使っていて。クリームもちゃんと塗って、保湿対策は入念にしていますね。何事も、積み重ねることが大事だと思うんです。この2、3年で体を鍛えだしたんですけど、それと同時に栄養についても考えるようになり、意識が変わってきました。私は砂糖を取りすぎると肌がすごい荒れちゃうんですけど、それも気になるようになって…。いろんなことを経験しながら、日々学んでます」

中村アン

また食事では、美肌を作るたんぱく質を摂るように意識。

「たんぱく質を摂るために、豚バラではなくヒレを食べたり、1日にゆで卵を2、3個食べるようにしています。ゆで卵は朝、出かける準備をしてる間に作って持っていき、空腹時のおやつ代わりや、時間がないけどなんか食べたいっていうときに食べてます」

撮影/井筒千恵子

→中村アンさんのインタビューはコチラ

辺見えみり 皮膚をグッと持ち上げてリフトアップ

辺見えみり

タレント、女優として活躍し、プライベートでは1児のママである辺見えみりさん。40代とは思えない美肌をキープしている辺見さんは、「出産をしてから、子供に合わせた生活をするようになったので、早寝早起きになりました。流行りものに流されず、運動、食事、規則正しい生活を自分なりに続けていることが、美の秘訣でしょうか」と笑う。

「スキンケアのこだわりは、コットンではなく自分の手のひらに基礎化粧品をとり、顔にくまなく塗ること。そうすることで、今の肌の調子がわかるようになるんです。そのあとに、顔を引き上げるべく頭のてっぺんに向かって皮膚をグッと持ち上げて、仕上げに頭の頂点を刺激する、オリジナルのマッサージをしています」

美容について語る辺見えみり

マッサージ以外のスキンケアは、「シンプルで続けやすいこと」を意識する。

「今日のようにデコルテの開いた服を着ることも多いですが、特別なケアはしていなくて、余った化粧水や乳液を塗るくらい。凝ったことをする訳ではなくシンプルなことを続けること。それが一番自分に合っているような気がします」

撮影/冨永智子

→辺見えみりさんのインタビューはコチラ

安達祐実 クレンジングではなく石鹸洗顔&ミネラル化粧品

女優の安達祐実が椅子に座って腕を組み柔らかく微笑んでいる画像

芸歴30数年、1男1女のママでありながら、かわいらしい雰囲気は昔のままで、それどころか、美しさに磨きがかかっている安達祐実さん。そんな安達さんがスキンケアで実践しているのは、クレンジングをしないことだ。

「以前、『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』(文藝春秋刊)のメイクモデルをしたことで知ったケアで、実践してみたら、本当に肌荒れがなくなりました。クレンジングの必要のないミネラル系の化粧品を使い、石鹸で洗顔することで、自分本来の肌の力が引き出されるそうです。とはいえ、仕事でメイクをしていただくとき、クレンジングが必要になることもありますので、そこはできるときに、という程度に考えています」

安達祐実

また、化粧水はさっぱり系にしているそう。

「全部をリッチにしてしまうと逆に荒れてしまうことがあるので、化粧水は軽めに、クリームだけちょっとリッチなものを使うようにしていますね」

→安達祐実さんのインタビューはコチラ

栗山千明 時間をかけて見つけた肌質に合う化粧品を使用

栗山千明

女優や歌手などマルチに活躍する栗山千明さん。すらっとした手脚に、黒髪ロングヘアが似合う小さな顔に加え、その美肌も輝きを放っている。そんな彼女のスキンケアは、柔軟に行うことを意識しているそう。

「スキンケアは、季節によって肌質が変わるので、基礎化粧品の“さっぱりタイプ”と“しっとりタイプ”を使い分けています。1年中ずっと同じものを使うのではなく、自分の肌のコンディションを見極めて使い方を変えることで、肌質が整ってきたように感じます」

栗山千明

年齢での肌トラブルを乗り越えて、今の方法を見出したとも。

「10代のときはかなりのオイリー肌だったので、ニキビなどを気にしていましたが、20代になったら乾燥肌に変わりはじめて…。今の基礎化粧品に出合うまで本当に時間がかかりましたが、肌質は人それぞれなので、これまで使ってきたものが今の肌にちゃんとあっているのか、ときに見極めることが大事かもしれないですね」

撮影/HITOMI KAMATA

栗山千明さんのインタビューはコチラ

川島海荷 毎日の半身浴でデトックス!

川島海荷

3月まで情報番組『ZIP!(ジップ)』の司会を務めていた川島海荷さん。寝不足だと肌の調子も体調も悪くなってしまうので、睡眠時間はしっかりととるように気をつけていたそう。

「半身浴はほぼ毎日やっていますね。汗をかくことでデトックスできている気がするので、汗がじわ~っと出てくるまで20~30分くらい湯船に浸かって、体を温めます。あと、半身浴は41度で入るのがいいと知ってから、お湯の温度は41度にこだわっています」

川島海荷

「お風呂から出たら、化粧水で即保湿を。また、体が温まっているお風呂上がりには、ストレッチポールを使って肩甲骨を動かしたり、胸を開くストレッチをしたり。お仕事で緊張することが多く、体が固まってしまうので、ストレッチを欠かさず行って体をほぐすようにしています」

撮影/結城さやか

→川島海荷さんのインタビューはコチラ

安倍乙 メイクさん直伝のリンパマッサージを実践!

ツリーからこちらを覗き見る安倍乙

女優として活動するかたわら、雑誌表紙で披露したグラビアも話題の安倍乙さん。寝起きに顔がむくんでパンパンになってしまうことが悩みだという彼女が、それを解決するために行っているのは、リンパマッサージだ。

「寝起きに顔がむくんでパンパンになってしまうとメイクさんに相談したら、リンパのつまりが原因だとわかったんです。それからは、そのメイクさんに教えてもらった、リンパを流すマッサージをこまめに実践しています。鎖骨の周りをグッと押して肩に向かって流すというもので、肩回りとデコルテがすっきりするだけでなく、顔の血色や化粧乗りもよくなってビックリ!」

ツリー越しの安倍乙

他にもメイクさんから直伝されたスキンケア法を明かしてくれた。

「スキンケアで気をつけていることは、ニキビなどの不調があるときは自己流で対処せずにすぐ病院へ。また、『リプライ セル』というビタミンCサプリを飲むようになってから、グッと肌のトーンが上がり、ニキビの色素沈着も薄くなりました。これもメイクさんに教えてもらったんです」

撮影/生熊友博

→安倍乙さんのインタビューはコチラ

工藤遥 グアムでゲットした保湿クリームを愛用

イスに座り、首を傾げてこちらを見る工藤遥

2017年にアイドルグループ「モーニング娘。」をやめ、女優として活躍する工藤遥さん。「目指すのは同性が憧れる女性。恵まれた体形ではないからこそ、努力を怠らずに理想を追求していきたいという思いが、運動や美容をがんばるモチベーションになっています」と語る彼女がスキンケアで大事にしていることは、保湿だ。

「スキンケアは、仕事でグアムに行ったときに見つけた保湿クリームを愛用中! 私の肌にあっていて、しっかり保湿してくれるし、ターンオーバーを促進するらしく、ニキビ跡が早く治るんです。1個しか買わなかったのをすごく後悔していたんですが、共演した伊藤あさひくんが仕事でグアムにいくと聞いたので、たくさん買ってきてもらいました(笑い)」

こちらに向かってほほえみかける右向きの工藤遥

撮影/生熊友博

→工藤遥さんのインタビューはコチラ

西野未姫 10代からスキンケア好きでさまざまなものを実践

元AKB48の西野未姫

AKB48のメンバー時代から、モノマネや変顔でバラエティー担当として大活躍していた西野未姫さん。最近では、次世代バラエティー女王との呼び声も高い彼女は、夏が似合う男性・女性を決める「SUMMER STYLE AWARD2019」に参加するため、約2か月間のダイエットで7kgもの減量を成功させたことも話題に。そんな彼女はスキンケアを怠れないそう。

「めちゃくちゃ保湿に力を入れてます。全身に導入液を塗って、それから化粧水、オイル、ボディクリームで仕上げ。スクラブも週2回くらい行ってますし、お肌も美顔器してからパックしたりと、美容について学んだり、お手入れすること自体が大好きなんです」

元AKB48の西野未姫

美容鍼や小顔教室に行ったりもするそう。

「10代からこれだけのことを行っていると、逆にこの先が心配ですよね(苦笑)。でもケアすることでお肌がスベスベになったり、きめが整ったりすると、テンションやモチベーションが上がるんですよね」

撮影/藤岡雅樹

→西野未姫さんのインタビューはコチラ

松本若菜 美肌の秘訣は化粧水たっぷり

松本若菜

『仮面ライダー電王』(2007年)でデビューし、ドラマ・映画を中心に活躍中の松本若菜さんは、化粧水を贅沢に使ってしっかり保湿することを意識しているそう。

「乾燥肌なので保湿はしっかり。冬場は化粧水、乳液のあとに保湿クリームやバームを塗っています。化粧水は、美容家の佐伯チズさんがオススメしていたのをきっかけに、『ハトムギ化粧水』(500ml 598円)を愛用。コスパがよく、バシャバシャと贅沢に使えるのが◎。月2本くらいはなくなります」

松本若菜

また、年を重ねてスキンケアに関する姿勢が変わってきたとも。

「『ハトムギ化粧水』のように昔から長く愛されているものは、必要最低限の成分しか入っていない分、肌の本来の力を引き出してくれると思うんです。値段の高いアイテムを使っていたこともあるけれど、今は肌を甘やかさない美容に行き着いた感じですね」

撮影/生熊友博

→松本若菜さんのインタビューはコチラ

後藤真希 スキンケアは洗顔後から4分で完了

後藤真希

タレントで、元モーニング娘。の後藤真希さん。インスタで「美白」「キレイ」などファンからその美肌ぶりを賞賛されているが、普段のスキンケアにかける時間はなんと4分なんだとか。

「わりと時間は短め。洗顔して、角質柔軟剤のはいった化粧水をパパパっと塗って、パックして、美容液、クリームを塗って終了です。ケアにかける時間は、洗顔後から計算すると、パックの時間3分を入れて、全部で4分くらい。肌にあまり触れたくないので、マッサージとかもそんなにしないんです。触りすぎると、ちょっと荒れちゃうのかなと思っています」

後藤真希

出産を経て30代に突入し、肌や体調の変化も感じるように。中でも、シミが気になるそう。外側からの体のケアに加えて内側からのケアとなる普段の食事でも気を遣っているという。

「普段から紫外線には気をつけてはいたんですけど、産後、シミがこんなところにあったっけ?と気づくことが増えた気がしますね。食事はいろんなものを食べますし、量もわりと多いです。でも、野菜や果物が大好きなので、サラダをたくさん食べていますね。温野菜にして食べることもありますし、どちらかというと、さっぱりした料理が多め。お肉やお魚もよく取り入れますが、お肉は赤身のお肉やビタミンBを摂るために豚肉などを選び、食事のバランスには気をつけています」

撮影/平野哲郎

後藤真希さんが登壇したイベント記事はコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事