無敵のダイエット&ビューティースイーツ!グルテンフリーの「さつまいもとりんごのパテ」【市橋有里の美レシピ】

実りの秋は、まさにおいしいものがあふれる季節。太るのはイヤだけど、旬を迎えたおいしいものを食べられないのも悲しすぎる! おいしく食べても太らない方法を知りたい!という女性たちの叫びが聞こえてきそうです。

「さつまいもとりんごのパテ」を持つ市橋有里

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、グルテンフリーでデトックス効果もあり、ダイエット中の人やスタイルキープしたい人でも安心して食べられる、旬の食材を使ったレシピを直撃!

芋、栗、かぼちゃなど、秋の味覚に目がないライターFが徹底レポートします。

秋の食材を皮ごとおいしく!旬を味わうグルテンフリースイーツ

市橋有里がレシピ考案した「さつまいもとりんごのパテ」

――さつまいもとりんご、大好きな組み合わせです!

有里:どちらも秋の味覚として欠かせないものですよね。今回は、旬のさつまいもとりんごのおいしさを活かしたヘルシースイーツをご紹介したいと思います。

――ヘルシースイーツ! 魅力的な響きですね。

有里:おいしいとヘルシーの両立は魅力的ですよね。今回ご紹介するパテは、グルテンフリーですし、砂糖や乳製品の使用量も控えめ。それに、さつまいももりんごも食物繊維が豊富なので、食べ方に気をつければ、デトックス効果、ダイエット効果が期待できます。

「さつまいもとりんごのパテ」をオーブンにかけて作っている

――普段、ついつい小麦製品を多くとってしまいがちなので、グルテンフリーのレシピはとてもうれしいです!

有里:グルテンフリーが注目されるようになったのは、わりと最近のことですが、実はこのパテの歴史は古くて。高校生の頃、実家から届いた大量の鳴門金時を友人のところへ持って行ったら、ケーキになって返ってきたのがきっかけです。友人のお母さまが、ランナーの私を気遣ってバターも小麦粉も使わないこのケーキを考えてくれたそうで。

――ステキなエピソードですね。

有里:以来、このパテが食べたくて、毎年秋になると母に「さつまいも送ってー!」と言うほどになりました(笑い)。

――とっておきのレシピというわけですね。楽しみです!

《材料》(2人分/パウンド型1本分)

「さつまいもとりんごのパテ」材料

さつまいも…150g りんご…1/2個 牛乳+生クリーム…150cc(好みに合わせて調節) 砂糖…30g 卵…1.5個 バニラエッセンス…少々 くるみ…5個 メープルシロップ…少々

《作り方》

【1】 さつまいもは皮ごと輪切りにして、柔らかくなるまで茹でておき、りんごは皮ごと8等分に切り、種の部分を除いて、皮側に切れ目を入れる。

バニラエッセンスをボウルに入れて「さつまいもとりんごのパテ」を作る

【2】 【1】のさつまいもをボウルに取り出し、ざっくり潰す。別のボウルに卵、砂糖、牛乳、生クリームを入れてよく混ぜ、さつまいもと合わせ、バニラエッセンスを入れる。

「さつまいもとりんごのパテ」を作っている

【3】 クッキングシートを敷いた型に【2】を流し入れて、りんご、くるみを上に並べ、オーブン(170〜180℃)で40分ほど焼いたら、型から出して冷ます。食べるときに好みでメープルシロップをかける。

おいしく食べて、お腹スッキリ!皮ごと食べたいさつまいも

さつまいも

写真/アフロ

――さつまいもは、そのまま食べてもアレンジしてもおいしいですよね。

有里:はい。特に女性にはさつまいもが好きなかたが多いと思います。スイーツに使われることも多いさつまいもですが、実はダイエットにも適したヘルシー食材だって知っていましたか?

――食物繊維が豊富ということは知っていますけど、他にもダイエット向きの要素があるのでしょうか?

有里:おっしゃる通り、さつまいもはいも類の中でも特に食物繊維の含有量が高く、水溶性と不溶性両方の食物繊維が含まれているので、便通改善に効果が期待できます。それに、甘みがあるのに血糖値を上げにくいという特徴もあります。

さつまいもを鍋で茹でている

――お腹にも溜まりやすいですし、確かにダイエットによさそうですね!

有里:そう。今回のように小麦粉などの代わりに使用することで、ボリューミーかつグルテンフリーなスイーツを手軽に作れるのも魅力ですね。

――罪悪感なく食べられるスイーツって、なおさらおいしく感じますよね。

有里:そうですね。ちなみに、せっかく旬のさつまいもを食べるなら、皮ごと食べるのがポイント! 実は、さつまいもの食物繊維は皮の方により多く含まれていますし、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれていますからね。

湯がいたさつまいも

――それは重要なポイントですね!

有里:はい。さつまいもには、他にもデトックス効果のあるカリウムや、美肌のもととなるビタミンCなども含まれているので、おいしく食べながら効率よく栄養を摂ってくださいね。

――さつまいもには、キレイになれる栄養もたくさん含まれているのですね。ますます好きになりそうです。

美肌とダイエットに効く栄養がたっぷり!りんごの効果・効能

りんご

写真/アフロ

――さつまいもとりんご、相性抜群ですよね!

有里:はい。小麦粉を使わないさつまいものケーキというだけでもヘルシーですが、りんごを加えることで風味が格段にアップしますし、りんごには美容に効果的な栄養がたくさん詰まっているので、とてもおすすめの組み合わせです。

――りんごには、どんな栄養があるのですか?

有里:りんごは、腸内環境を整える水溶性の食物繊維や、むくみに効くカリウム、ミネラル、美肌効果のあるポリフェノールなどが豊富で、美容にうれしい栄養の宝庫です。 それに、風邪予防や疲労回復にも効果的と言われています。

「さつまいもとりんごのパテ」を作っている

――すごい! おいしいだけでなく、栄養面でも最強の組み合わせですね。

有里:そうですね。りんごも、さつまいも同様に皮ごと食べることで、より効果的に栄養を吸収できますので、体のため、美容のためと思って、ぜひ皮ごと味わってほしいですね。

――はい! これはぜひ作ってみたいと思います!

牛乳と生クリームを混ぜて「さつまいもとりんごのパテ」を作っている

有里:今回のレシピでは、生クリームと牛乳の割合は1対1にしていますが、そこはお好みで調整してOK!おすすめは2:1で、生クリームを多くした方が美味しくできますが、カロリー気にされる方は牛乳比を多くしてください。

くるみは、市販のメープルくるみを使うのもおすすめですが、焦げないように途中でアルミ箔をのせて焼くのがポイントです。

――こんなヘルシースイーツなら、食欲の秋を存分に楽しめそうですね。

有里:りんごもさつまいもも、皮ごと食べることでより多くの食物繊維やポリフェノールを摂取することができ、便通や腸内環境の改善、アンチエイジングなどに効果が期待できますよ。

「さつまいもとりんごのパテ」

――なるほど! 有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました!

有里:こちらこそ! 旬の素材を皮ごと味わうパテは、秋のビューティー&デトックススイーツとして、“アリ”だと思います!

* * *

次第に涼しくなって食欲が回復し、おいしい旬のものが多く出回る秋は、食欲や体重のコントロールが難しくなりがち。でも、食べ方を工夫することで、ヘルシーに旬のおいしさを楽しむことができます。

ガマンを重ねてストレスを溜めてしまわないように、おいしく食べてキレイになるレシピを覚えておきたいですね。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●生理中の不調にお悩みの人に!極旨スイーツ「レアチーズ豆腐」【市橋有里の美レシピ】
●“美の素”がいっぱい!簡単に作れるひんやりスイーツ「枝豆のブランマンジェ」【市橋有里の美レシピ】
●おからパウダー&豆腐で作るヘルシースイーツ「ガトーフショコラ」【市橋有里の美レシピ】
●ファミマのライザップスイーツを実食|低糖質でダイエットの味方!チョコケーキ、チーズケーキなど4品

●ダイエット中に!コンビニお菓子・スイーツ43選|低カロリー、低糖質など市販のおすすめ一挙まとめ

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事