痩せ見えファッションの厳選アイテム|トップスなどの着こなしテクも紹介!

人気スタイリストの梶本美代子さんがおすすめする最新”着痩せアイテム”や、目の錯覚「錯視」効果のある小物で、やせ見え&トレンド感ある着こなしに。この秋、流行の服でいつもと違う自分を演出して”脱ぽっちゃり”を目指してみて!

見せたくない部分を隠す:オーバートップス

「オーバートップスとは、ゆったりしたシルエットのトップスのこと。肉感を拾わないからお腹や二の腕が気になる人に」(梶本さん・以下同)

●フレアやラグラン袖が二の腕をカバー

レンガ色のプルオーバーに白に黒の細いストライプが入ったスカートをはいた女性

プルオーバー1万2744円/あむう、スカート7560円/メイクレットリヨン、ネックレス1万9440円/Marea rich(桑山)、靴1万5660円/ダイアナ ウェルフィット(ダイアナ 銀座本店)

ストライプのタイトスカートで縦長感を強調すると、メリハリが出てバランスよし。

●こちらもおすすめ

白いプルオーバーと、紫のブラウスが並んでいる

(左)ブラウス2149円/セシール、(右)プルオーバー1万4904円/あむう

下半身すっきりを演出:切り替えスカート

「今秋増えているのが色や柄の切り替えがあるスカート。下半身がスラリとした印象に」。「バイカラー錯視」(同じ大きさでも縦ラインを作ることで細く見える効果)で縦長感も!

●縦長ラインで下半身すっきり

ロイヤルブルーのトップスに黒地のスカートにベルトと花柄の切り替えが入ったものを合わせている女性

スカート3229円/ニッセン、トップス4309円/Otto pittock style(オットージャパン)、ネックレス2万7000円、ピアス2万3760円/ともにアガタ パリ(アガタ ジャポン)、靴1万5660円/ダイアナ ウェルフィット(ダイアナ 銀座本店)

トップスは引き締め効果のある寒色系を選ぶと、さらにやせ見え度がアップ!

●こちらもおすすめ

白にカーキ色の切り替えが入ったスカートと、ネイビーにドットと無地の切り替えがあるスカートが並んでいる

(左)スカート1万8900円/メイクレットリヨン、(右)スカート2万2680円/マックレガー(双日インフィニティ)

縦ラインをつくるロングベスト:ジレ

「ジレは、縦長のラインを強調できる、やせ見えアイテム。太ももの太さをカバーできるし、こなれ感も演出できますよ」

●ボタンを開けて縦ラインをつくって

白いトップスにベージュのパンツをはいた上に紺のロングジレを合わせた女性

ジレ3万5640円/マックレガー(双日インフィニティ)、ニット1万9332円/ランズエンド(日本ランズエンド)、ワイドパンツ5389円/セシール、靴1万6200円/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

白×ベージュの淡い組み合わせも、紺のジレ1枚で引き締まって洗練された印象に。

●こちらもおすすめ

カーキ色のジレとネイビーのジレが並んでいる

(左)ジレ1万4904円/あむう、(右)ジレ1万692円/ランズエンド(日本ランズエンド)

定番ボーダーをすっきり着こなすコツ

●応用できる理論 【ヘルムホルツ錯視】

縦縞と横縞が並んで、ヘルムホルツ錯視を図式化している

四角の中にあるボーダーとストライプでは、ボーダーのほうが縦長に見えます。つまり、太って見えがちなボーダーTシャツも、幅を区切って見せれば、着やせ効果が生まれます。

横ボーダーのトップスのみの女性と、横ボーダーのトップスにカーディガンを合わせている女性と

こなれ感も増す小物づかいひとつでほっそり感アップ

●大ぶりのイヤーアクセは小顔に見せる近道

大ぶりのピアスをつけている女性

ピアス9720円/アガタ パリ(アガタ ジャポン)、ワンピース7555円/Otto FABIA for work style(オットージャパン)

「エビングハウス錯視」(周囲のものが大きいと中心にあるものが小さく見える)の効果で小顔に見える。さらに、Vネックの服を選べば、顔まわりがすっきり。

●ロングネックレスで上半身に縦ラインを

赤いプルオーバーにロングネックレスを合わせた女性

ネックレス9504円/Paolo bottoni(大阪産業)、プルオーバー3万240円/ヤッコマリカルド(ワイエムファッション研究所)

縦ラインの効果で細い印象に。「誘引効果」(視線は目立つ部分に引き寄せられるため、アクセサリーなどをつけて目立つ部分をずらすと、気になる部分に視線がいかないようにすること)で気になる下半身から視線をそらす効果も。

●バッグは肩掛けで視線を上に

グレーのワンピースに白い肩掛けバッグを持っている女性

バッグ1万4580円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)、ワンピース6469円/ニッセン、パンツ1万3932円/ビースリー(バリュープランニング)、ネックレス6372円/あむう

バッグも持ち方次第でやせ見えに。明るい色のバッグを肩に掛けると、「誘引効果」で視線を上に集め、下半身が目立たなくなる。

●ストールをたっぷり巻いて小顔を演出

大きなストールを巻いた女性

ストール3780円/ランズエンド(日本ランズエンド)、ブラウス5292円/&g’aime(三澤)

ボリュームのあるストールは「エビングハウス錯視」で小顔に見せる。柄物を選べば、おしゃれなアクセントになる。

●ベルトでウエストの細さを演出

黄色のロング丈のトップスに細いベルトを巻いている女性と、ベルトをしていない女性

ベルト970円/スタイルオンバッグ(StyleOn)、ニット1万2744円、ネックレス4212円/ともにあむう、パンツ3229円/ニッセン

ロング丈のトップスは、ベルトでウエストマーク。「アモーダル補完錯視」(隠れている部分を見えている情報から推測すること。太い部分を隠し、細い部分を見せるか、細さを強調すると効果的)でくびれを演出。ベルトがないと、メリハリがなくもっさりした印象に…。

●スカーフでV字をつくれば首元すっきり

キャメルカラーのトップスに鮮やかなブルーのスカーフをV字につけた女性

スカーフ2900円/メイクレットリヨン、ニット1万6200円/マックレガー(双日インフィニティ)

丸首のトップスもVラインをつくれば、「エコー錯視」(形の形状が周囲に波及する効果。襟が丸首だと丸く見え、Vネックだとシャープな印象に)ですっきり。

●こちらもおすすめ

ブルー系のスカーフと白地にイラストが描かれて赤の太枠が入ったスカーフ

(左)スカーフ8532円/あむう、(右)スカーフ2900円/メイクレットリヨン

※クレジット表記がないものはスタイリスト私物です。

撮影/小池哲夫 イラスト/関 祐子

※女性セブン2019年9月19日号

●着痩せコーデ、4つのルール|色や服(トップス)の選び方で脱ぽっちゃり!
●下半身デブに見せない着痩せコーデ術|秋冬、痩せて見える服はこう選ぶ!
●秋冬の着痩せコーデをプロが公開!ぽっちゃりを隠す裏ワザを伝授
●おデブを“着痩せ”で隠すテク8つ!長めの服でお腹やお尻を隠すのはNG
●渡辺直美担当スタイリストが教える!スリムに見せる冬コーデ術

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事