雅子皇后、「23年前の思い出のお着物」で和のおもてなし

皇后雅子さまが1日に2つの国際交流のご公務をこなされ、新皇后としての貫禄を 世界に示された。苦手と伝えられていた和服にまつわるエピソードも発掘しました!

花かごに色とりどりの花々をあしらったあさぎ色の訪問着姿で微笑まれる雅子さまと紺のスーツに身を包んだ天皇陛下

8月30日「第7回アフリカ開発会議」に出席する各国首脳夫妻ご来訪時のお姿

『第7回アフリカ開発会議』に出席したアフリカの32か国の首脳夫妻らを招いて、天皇皇后両陛下が開かれたお茶会。民族衣装での出席も多かったゲストのために、雅子さまが選ばれたのは花かごに色とりどりの花々をあしらったあさぎ色の訪問着。皇太子妃時代はあまり得意とされていなかった和服でのお出ましだったが、この日は余裕の着こなし。だがそのお姿を拝見していて、本誌・女性セブンはあることに気づいた。

→雅子さま、着物からドレスまで色鮮やかな着回しファッション集はコチラ

1996年7月12日、国際青年交流会議レセプションにて

このお着物と帯の組み合わせはなんと23年前、雅子さまがご成婚(1993年6月9日)から3年後にお召しになったものとそっくり同じ! 当時、キャリアウーマンだった雅子さまはお着物を着るチャンスがなかったが、皇室にはいられて和服の着こなしにも長足の進歩を見せられていた頃だった。

国際交流にて、アフリカからの男性の来客と握手をされる雅子さま

前述の国際交流にて、握手を交わされる雅子さま。流暢な英語やフランス語などでコミュニケーションをとられていたようだ

→令和初の一般参賀での雅子さまたちの華麗なるローブ・モンタント姿はコチラ

しっかりと相手の目を見つめてアフリカからの女性の来客と握手をされる雅子さま

しっかりと相手の目を見つめられ、落ち着きのある堂々としたお姿

並んで手を振り、お見送りをされる天皇陛下と雅子皇后

並んで手を振られ、お見送りをされる天皇陛下と雅子さま

→皇后雅子さま、ストール&ネックレスの麗らかなコーデ集はコチラ

車からにこやかに手を振られる雅子さま

車からにこやかに手を振られる雅子さま

雅子さまはこの日の夜に行われた「野口英世アフリカ賞」の授賞式と晩餐会には、日中のお茶会とは打って変わって、ゴージャスなロングドレス姿で出席されていた。

【次ページ】紀子さま、眞子さま&佳子さま姉妹の華やかな着物姿はコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事