着痩せコーデ、4つのルール|色や服(トップス)の選び方で脱ぽっちゃり!

秋色コーデをおしゃれに着こなしたいけど体形が…な人、必見! 目の錯覚「錯視」をファッションに応用すれば、すっきり体形に見せることが可能に。 ダイエットいらずで「あれ、やせた?」を叶えるファッションテクをご紹介します!

目の錯覚「錯視」で着やせして見える!

同じ大きさの図形でも一方が小さく見えるなど、脳は客観的事実と異なる解釈をすることがある。こうした目の錯覚が「錯視」。

視覚心理学を研究する「錯視」の第一人者でファッションやメイクにおける錯視効果について詳しい、大阪大学・人間科学研究科教授の森川和則さんは、こう語る。

「脳は『絶対判断』が苦手です。一目見ただけでは『ウエスト〇cmだ!』と判断できません。その一方で、周囲の物と比較する『相対判断』は得意なため、例えばウエストが引き締まった服を着ていれば、たとえ他に太いところがあっても『くびれている』という印象を与えることができます。こうした『錯視』を活用すれば、洋服の選び方や着こなしで、ほっそり見せることが可能です」

次からは「錯視」を応用した、やせ見えコーディネート4つの黄金ルールを紹介。おさえておきたいこの4つのルールをマスターして、秋のファッションを楽しもう。

【1】寒色&濃い色で簡単着やせ!

水色のカーディガンにブルーのパンツを合わせた女性

カーディガン3229円/ニッセン、パンツ9612円/ランズエンド(日本ランズエンド)、バッグ3456円/スタイルオンバッグ(StyleOn)、ネックレス4212円/Paolo bottoni(大阪産業)、靴8100円/ジョリーアンコール(Charlotte)

やせ見えを狙うなら、暖色より寒色。ボトムにトップスより濃い色を選べば、スラっとした印象に。

●今年は“やせカラー”のネイビーが流行!

ブラウス/2万8080円/Hidenobu Yasui

●ピンクは濃い色が正解!

濃いピンクのトップスに黒のワイドパンツを合わせた女性、薄いピンクのトップスに白いパンツを合わせた女性が並んでいる

【写真左】カットソー3235円/Otto F ABIA for work style(オットージャパン)、パンツ8532円/ランズエンド(日本ランズエンド)、ネックレス4212円/あむう、靴1万4040円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

甘いピンクは膨張して見える危険な色。ピンクを着るなら濃い色を選んで。

●応用できる理論【引き締め効果】

同じ大きさの正方形でも、濃い色、暗い色、寒色のほうが引き締まって見えます。膨張色は避けるのが賢明。

【2】ジャストサイズが縦ラインを生む

 

濃いピンクのトップスに黒のパンツとパンプスを履いた女性、薄いピンクのぴったりしたトップスにレギンスを合わせた女性が並んでいる

【写真左】ニット3229円/ニッセン、パンツ1万4904円/あむう、イヤリング2268円/mia trim(VATSURICA)、靴2万1600円/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

適度なゆとりのあるトップスを選べば、ストンとした縦のラインが生まれ、かつ肉感が見えにくい。ボトムは足首を見せて細さを強調して。 全身ムチムチ過ぎなぴったりコーデはNG。

●スカート丈で脚のほっそり感は変わる!

プリーツスカートをはいた女性の脚元

スカート/スタイリスト私物、スニーカー7452円/ホーキンス (ABC-MART)

ふくらはぎを隠し、さらにボトムと靴にボリュームがあるものを選ぶと、「エビングハウス錯視」(大きなものに囲まれていると、本来より小さく見えること)の効果で、足首が細く見えます。

●応用できる理論【フィック錯視】

長方形をタテに置いたAと長方形を横に置いたBの図

(A)と(B)は同じ長方形ですが、縦にした(A)のほうが細長に見えます。洋服も縦ラインをつくるとやせたように。

【3】上下の色を揃えるとたちまち細身に!

ネイビーカラーのレース地セットアップスーツにサックスカラーのカーディガンを着た女性

カーディガン2689円、カットソー3229円、スカート3229円/以上ニッセン、ネックレス9504円/Paolo bottoni(大阪産業)、バッグ1万4580円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)、靴2万520円/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

上下を引き締め色のネイビーで揃え、そのうえカーディガンで体の中央に縦のラインをつくると、縦に細く見える効果が。

●パンツ&靴の色を揃えると、脚長に

白いトップスにレンガ色のパンツとパンプスを履いた女性と、ピンクのトップスに紺色のパンツと白いパンプスを履いた女性が並んでいる

【写真左】ブラウス1万8360円/マックレガー(双日インフィニティ)、パンツ2149円/ニッセン、ネックレス2万520円/Paolo bottoni(大阪産業)、バッグ3万1320円/ダイアナ(ダイアナ銀座本店)、ピアス2268円/mia trim(VATSURICA)、靴2万520円/銀座かねまつ(銀座かねまつ6丁目本店)

腰から下を同系色で統一すると脚が長く見える。また、靴のつま先がとがったものは「エコー錯視」(後述)により細さを演出。また、胴体を横に区切ると横幅が強調されてしまい、NGコーデに。

●応用できる理論【ゲシュタルト群化法則】

タテに5つ白い正方形、その横に黒い正方形が5つ、それが交互に並んでいる

色や明るさが似たもの同士は、ひとつにまとまって見えるため、縦に色を揃えると細長さを演出できます。

【4】ロング丈ワンピースもVネックで華奢な印象に

vネックのグレーのワンピースに黒いレギンスを合わせた女性と、タートルネックのグレーのニットワンピースを着た女性

【写真左】ワンピース2万520円/ATSURO TAYAMA(クロスプラス)、パンツ1万6200円/ヤッコマリカルド(ワイエムファッション研究所)、ベルト1393円/ニッセン、ネックレス2万520円/Marea rich(桑山)、バッグ1万6200円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)、靴7452円/ジョリーアンコール(Charlotte)

Vネックで顔まわりがすっきり。ベルトでウエストをマークし、袖をまくり手首を出すとさらに細い印象に。逆に、首元が隠れるタートルネックなどは、首が短く、顔が丸く見えがち。ベルトをしなければ、ずん銅に…。

●顔まわりスッキリ! Vネックトップス

タテストライプのボウタイブラウスと、ボルドーカラーのブラウスが並んでいる

【写真左】ブラウス2149円/ニッセン、【写真右】ブラウス3229円/ニッセン

●応用できる理論【エコー錯視】

Vネックを着た女性のイラストと、丸首のトップスを着た女性のイラストが並んでいる

形の印象が周囲に波及する効果。襟ぐりが丸首だと顔が丸く見え、Vネックだと顔もシャープな印象になります。

撮影/小池哲夫 イラスト/関 祐子

※女性セブン2019年9月19日号

●秋冬の着痩せコーデをプロが公開!ぽっちゃりを隠す裏ワザを伝授
●おデブを“着痩せ”で隠すテク8つ!長めの服でお腹やお尻を隠すのはNG
●ぽっちゃり体形3タイプ別、スリムに見せる冬コーディネート術
●背中や脇のハミ肉を解消する下着テク|すっきり見せるブラジャーなどを紹介
●渡辺直美担当スタイリストが教える!スリムに見せる冬コーデ術

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事