62歳オバ記者、那須の温泉で大酒を飲んだ直後、まさかの事態!

いまだ愛猫を失った悲しみの只中にいるオバ記者。ダイエットどころではなくなっているが、本人が気づかぬまま健康にも危機が訪れていたようで…。

オバ記者
夏の思い出づくりで出かけた那須で起こったまさかの事態とは? 連載159回目となる今回はオバ記者が温泉旅をレポート。

* * *

「恋する」人もいる那須湯本温泉へ


8月は前回ここで書いた通り、19年暮らした愛猫三四郎との別れと、そのツラさから逃げるために倉庫で肉体労働。令和元年の夏の思い出がこれではあんまりでしょ。

というわけで、ひと回り下の酉年女のユミちゃんと那須湯本温泉へ一泊旅行。お目当ては日帰り温泉『鹿の湯』よ。

鹿の湯の温泉

名湯として知られる『鹿の湯』

「どんだけ気持ちいいかとか、どこに効くかとか、いくらでも話せるけど、俺の場合はそれを通り越して、恋しているといったほうがいいかな」と、茨城の友だちの夫は、ひげ面に似合わぬことを言うの。

実は『鹿の湯』は、一昨年に亡くなった父親が好きで、一時ずいぶん通っていたことは知っていたけど、そのせいで年寄りが行くところというイメージがついてね。行きそびれていた温泉なの。ま、思えば私も当時の父親の年をとっくに超えていたんだけど、困ったことに“自分は年寄り”という自覚がまるで湧かないんだよ。そのせいでとんでもないこと起きたの。

6時間飲み続けた翌朝に出発!


突然、心臓をわしづかみにされるような痛みで夜中に飛び起きたのは今年の1月。あとでわかったんだけど、心房細動という心臓病の発作よ。深酒をしがちな中高年がかかる病で、血液サラサラになる薬と、血圧を下げる薬を飲みつつ、心臓にカテーテルを通す手術をするか、しないか。

かりつけ医から「手術をするなら三井記念病院」と紹介されて、2回目の検査を受けたのが5日前のこと。結果は、「心電図も安定しているしぼくなら手術はもう一回発作が起きてからにしますね」だって。この7か月間の心配事がこの言葉でパーッと消えたのが、よかったのか悪かったのか。

その夜、酒好きの編集者から誘われて、ビール、ライムハイ、ワイン。午後7時から午前2時までの6時間飲み。ほんとに気分のいいお酒で、朝もスッキリ目ざめて新宿発10時20分発の那須塩原行きのバスに乗り込んだ。

そして到着するとすぐに『鹿の湯』にたっぷりつかり、民宿に戻って爆睡。夕飯は家の畑で採れた野菜の素揚げとイワナの塩焼き、豚と野菜の蒸し焼き。いや、もう一泊二食付き7500円の民宿のレベルじゃないね。ビールの中瓶をふたりで3本。そののち、目の前の『滝の湯』に入って、すぐに爆睡。


翌朝も目覚めたら宿から少し降りたところにある共同浴場に入って、ひと寝入りした後、朝食食べて、もう一度『滝の湯』に入ってから、とんでもなくうまい特製レモンサワーを飲み、ランチは南ヶ丘牧場で“ペロシキ”で生ビール。

サワー、生ビール…と飲み続けた結果

「ひゃははは。最高だね。あのレモンサワー、昨夜飲んでいたら何杯飲んだかわかんなかったよ」と、笑っていた私。

その直後よ。トイレで用を足して立ち上がったら、便座の中が真っ赤っかではないの! そういえば朝いちばんのオシッコも琥珀色していたから、ちょっと気にはなっていたのよ。

「血尿?」

こんなときって声が出ないのね。ユミちゃんに話そうかどうか迷ったけど、言ってどうなるもんじゃないし、ただ心配のタネをまくだけ。

でもトイレに入たび恐る恐る便座の中をのぞくと、赤ワインのポルドー色から、ちょっと薄めのブルゴーニュ色に変わったけど赤であることに変わりがない。

「4月と7月に尿検査しているし、膀胱がんとかではないと思うんだよね」

帰京後、ことの経緯を9才年上のK子さんに話すと、「へえ、そんなことがあったの?」と軽~い感じで聞いた後で、「この話、全部、医者に話したほうがいいよ。血尿なんて普通のことじゃないから」

こういうことって軽く言われたほうがズシンと来るのね。翌朝、いちばんで病院に飛び込んだわよ。

その結果は次回に。

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。昨年、”月曜断食”で7か月で11kgの減量を達成。

●【158】62歳オバ記者、ネット通販大手の過酷バイトを体験!「ヘコんだ時の劇薬は体の酷使」
●【157】62歳オバ記者、ネトゲ廃人化危機!?「元気の素は野菜」と語った直後…
●【156】62歳オバ記者が驚いたヨガパワー!「猫背治った」「ゴルフのスコアUP」
●【155】62歳オバ記者、「愛猫の死」を乗り越えるきっかけは母ちゃんと焼き肉?
●【154】62歳オバ記者、愛猫「三四郎」が天国へ!”ロス”の乗り越え方がわからない…
●【153】62歳オバ記者、ヨガに夢中!「ヨガは”体をだます”のがうまい」
●【152】62歳オバ記者、トマトにハマる「リコピン、いい仕事するね!」
●【151】62歳オバ記者、ビリー隊長からお腹周りエクササイズ教わり「グッジョブ!」
●【150】62歳オバ記者が64歳ビリー隊長にダイエットと若さの秘訣を直撃!
●【149】62歳オバ記者、あのビリー隊長から直接指導!「キャンプ」への再入隊を志願
●【148】62歳オバ記者、「間食ゼロ&サラダ」ダイエットで2kg減!ところが、思わぬ”壁”が…
●【147】62歳オバ記者、医師のすすめるダイエット法でリバウンドとの闘いに光明!?
●【146】62歳オバ記者、リバウンドと闘う!医師からは「間食禁止令」出る
●【145】62歳オバ記者、リバウンドで令和おっさんに!?医師からダイエット指導受ける
●【144】62歳オバ記者、そっくり91歳“かあちゃん”に健康法を学ぶ!?

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

→オバ記者の”月曜断食”に関する全記事はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事