進化したドライヤー『ナノケア』、髪質改善から美肌ケアまで!【美容家電レビュー】

髪から肌、背中、そして足のつま先まで――。ケアしたいところは数あれど、サロンに行く時間もなければ定期的に通う予算もない。そんな私たちを救うのが、片手間でもしっかりとケアができて、かつコスパもいい美容家電だ。紫外線でダメージを受けた肌や髪をリカバリーするためにも、美容家電を使いたい。

ヘアドライヤーナノケアEH-NA0B

美容家電ライター・田中真紀子さんに、今気になる逸品を紹介してもらった。今回は、9月1日に発売されたばかりの『ヘアードライヤーナノケアEH-NA0B』(パナソニック)をチェック。

ナノイーの水分発生量が従来の18倍に!

パナソニックナノケアの使用イメージ

パナソニックの「ナノケア」シリーズは、2005年の発売以来売れ続け、2018年4月には国内累計販売1000万台を突破した大ロングセラー商品だ。ドライヤー本体からナノイーを放出し、乾かしながら髪にツヤと潤いを与えてくれる“美容ドライヤー”として、「ドライヤーは、髪を乾かすだけのもの」という従来の概念を打ち破った画期的製品である。

「ナノイー」とは、水に高い電圧をかけることで生成されるナノサイズの微粒子イオンのことで、一般的なマイナスイオンの約1000倍の水分量を持つ。このナノイーを髪に当てることで、加齢やダメージなどで乾燥しがちな髪に水分が浸透する。そのナノイーが15年目となる今回、大進化したのだ。

「新モデルは、ナノイーの水分発生量がなんと従来の18倍! ナノイーはキューティクルの間から髪に浸透するので、その結果、髪内部の水分増加量は、従来モデルの1.9倍になりました。使い続けるほど潤いとまとまりのある髪が期待できるんです」(田中さん・以下同)

では、実際の実力や使い方は? いち早く試した田中さんに「使用感」「コスパ」「手軽さ」「意外性」「時短」というポイントで評価してもらった。

「ナノケア」の実力を5つのポイントでジャッジ!

パナソニックナノケアゴールド

【使用感】髪がしっとりしてくるペースが速い

「新モデルはナノイー水分発生量がとてつもなく多くなったため、髪を乾かしている間から、違いがわかります。髪がしっとりしてくるペースが速いし、髪をほぐしている手までしっとりしてくるのには驚きました。髪自体の水分増加量は約2倍とのことですが、仕上がりは、トリートメントをしたようにつやつやに。この状態でヘアオイルをつけて整えたら1日中、ツルツルヘアがキープできます」

また、田中さんが「ナノケア」を使ったあとの毛髪を顕微鏡で見たところ、キューティクルが毛髪表面にしっかり密着していたという。キューティクルはダメージではがれやすいが、ナノケア効果で引き締まり、毛髪をしっかり保護してくれていたことがわかったという。

【コスパ】月1回美容院でトリートメントするよりお得?

「正直、約3万円と通常のドライヤーよりは値が張りますが、美容院で毎月数千円出してトリートメントをしている人は、その回数が減らせるかもしれません。また美容院で施術してもらうトリートメントは、徐々にツヤや潤いが減っていきますが、『ナノケア』は毎日髪に水分を浸透させて髪をケアしてくれます。その点でもナノケアに軍配が上がります」

美容院ではその時の髪の状態に合ったケアをしてくれるので、髪が傷んでいるときは選択肢の1つだが、コスパや毎日使い続けるということを考えると、「ナノケア」はドライヤー1つでケアできるのはメリットと言えそう。

【手軽さ】セットに役立つ温風・冷風の切り替えが簡単に

「髪は、温風と冷風を交互に当てることで、髪の表面が整ってよりつややかになります。熱で髪のクセを伸ばして、冷風がきゅっとひきしめて固定してくれるのだとか。この『ナノケア』だと、温風と冷風を自動で交互に切り替えてくれる『温冷リズムモード』がついているので、1回ボタンを押すだけでツヤのあるしなやかな髪が作れます」

【意外性】ドライヤーなのに美肌ケアができる

「忘れてはならないのが、美肌ケア機能。『スキンモード』ボタンを押し、お肌に当てれば、お肌のうるおいも保ってくれます。髪を乾かしたついでにお肌のケアもできるのはナノケアならでは。髪のドライ&セットのあと、最後にさっと1分くらい当てたいですね」

機能が多すぎると使わなくなりがちだが、ボタン1つでできるならぜひ継続して利用したい。

【時短】乾かす時間を短縮&同時にヘアケア

「1分あたり1.3㎥と、風量がそんなに強くない割に、独自の速乾ノズルがついているため、比較的短時間で乾きます。もちろん、乾かしながらヘアケアができ、温冷リズムモードで仕上げもできる点も、時短ですよね」

髪を乾かすだけでなく、髪に潤いを与えてケアもできる。さらにスキンモードでお肌までしっとり。髪と肌の乾燥が気になる人は1台3役の新「ナノケア」、ぜひ試してみたい。

【データ】
ヘアードライヤーEH-NA0B(パナソニック)
販売価格:2万8800円(編集部調べ)
販売場所:家電量販店、オンラインショップなど

取材・文/桜田容子

●美容家電の最新おすすめ【2019】|美顔器や毛穴ケアアイテムなど人気9選まとめ
●『VIVALA ヒートシェイプベルト』のおすすめの使い方を紹介!巻くだけでお腹が痩せる!?【美容賢者のダイエットグッズ】
●顔のたるみ解消グッズ|人気のローラー、リフトアップテープなど6選
●【ご褒美家電】1年頑張った私へ!家電&美容ツウが厳選する「美容系家電」8選
●美髪&時短に!髪の毛を早く乾かす方法|タオル活用法、おすすめドライヤーなどを紹介

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事