コオロギのスナック菓子って?コンビニで買える昆虫食『スーパーコオロギ玄米スナック』にトライ!【実食ガチ採点】

お菓子はダイエットの敵といえど、我慢のしすぎはストレスの元に…。

『スーパーコオロギ玄米スナック <ナチュラルソルト>』のパッケージ

ダイエット中でもついコンビニのお菓子コーナーをチェックして、罪悪感なく食べることができるお菓子を探してしまう編集O。ナチュラルローソンで目にしたスナック菓子の名前を見て思わず二度見してしまった。え? コオロギ? その名も『スーパーコオロギ玄米スナック <ナチュラルソルト>』(280円税込)。コオロギにスーパーがついた玄米のスナックっていったいどんな味? 気になり、思わず購入してみた。

昆虫食は良質なたんぱく質を効率よく摂ることができるということで、近年注目を集めている。日本では、長野県や群馬県などでイナゴの佃煮が食べられているほか、蜂の子やざざ虫なども昔から食べられてきた。

コオロギは主に中国で食べられていて、意外にも栄養満点! プロテインは牛肉の2倍で低カロリー、さらに食物繊維、鉄分、カルシウムや必須アミノ酸、オメガ3も含んでいるという。

『スーパーコオロギ玄米スナック <ナチュラルソルト>』のパッケージと中身

MNH SHOP(エムエヌエイチショップ)の『スーパーコオロギ玄米スナック <ナチュラルソルト>』は、EU・カナダ・アメリカで有機栄養食品認定を取得した安全なカナダ産のオーガニックコオロギの粉末を国産の有機玄米をあわせたスナック。

おしゃれなデザインのパッケージを開けてみると、直径5cmほどの大きさのリング状のパフスナックがはいっている。見た目だけでは、コオロギ入りとは思えないけれど…それでは、いよいよ実食!

【実食】サクサク軽い食感のお米スナック

『スーパーコオロギ玄米スナック <ナチュラルソルト>』の中身

食べ慣れない虫を使ったお菓子ということで、なんとなくにおいをかいでしまう。とはいっても、特に気になるにおいやクセはなく、お米独特の香ばしさのあるスナックという感じ。昆虫は、えびなど甲殻類系のような風味と聞いたことがあるけれど、食べてみるとほんのりとした塩気を感じる程度。なんというか…子供のころ駄菓子などで食べたことがあるような気がする味。素直に言うと、昆虫食という点では拍子抜けかも。

お菓子としては、見た目のボリュームがあるので満足感がありつつ、ノンフライの軽い食感で1袋(20g)食べても77.2kcalとヘルシーなのがうれしい。

ヘルシー:★★★☆☆
→米菓子というと糖質が気になるけれど、1袋で15.58gなので罪悪感は少なめ。2、3回くらいに分けて食べるといいかも。

コスパ :★★☆☆☆
→300円弱なので、どうしてもお菓子が食べたいときなどに。

意外性 :★★★★☆
→昆虫食スナックのイメージを覆す、見た目と味わい。

手軽さ :★★★★☆
→スナック菓子なので、いつでも食べられて手軽!

ハマり度:★★☆☆☆
→よくも悪くもクセがないので、味の面ではあまりリピートにつながらないかも。

撮影/生熊友博

【データ】
MNH SHOP(エムエヌエイチショップ)『スーパーコオロギ玄米スナック <ナチュラルソルト>』
販売価格:280円(税込)
栄養成分:[100gあたり]エネルギー:386kcal、タンパク質:8.5g、脂質:3.7g、炭水化物:81.2g(糖質:77.9g、食物繊維:3.3g)、食塩相当量:1.17g、カルシウム:11mg、鉄:2.5mg
販売店舗:ナチュラルローソン、オンラインショップなど
https://mnhhappy.base.shop/items/15898482

●スナック菓子で置き換えダイエット!?1日2袋OKの「Gowvikes」を【実食レポ】
●枝豆、コーン系、ビスコも!ダイエット中に食べたいスナック菓子5選
●【名医が愛するコンビニ飯】食物繊維とたんぱく質を重視した「ネバネバサラダ」など5品で手軽にアンチエイジング!
●筋トレ時におすすめの高たんぱく質おやつ(市販)4品&簡単レシピ5品を紹介!
●野菜の種や芯まで丸ごと1本に!栄養を凝縮した新感覚野菜『ZENB STICK』【実食ガチ採点】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事