肌、髪が若返る!?老化防止レシピ|夜ご飯やおかずなど美容に嬉しい6品

最近なんだか肌にハリがない、白髪が増えた、実年齢より年上に見られる――それは年のせいだとあきらめていませんか? 実はそれ、老化を加速させる食事習慣が原因かもしれません。

『いつ会っても若い人の食べ方の新常識』(主婦の友社)の著者である管理栄養士の麻生れいみさんが、老けにくい「若食べ」レシピを紹介します。

毎日の食事に取り入れて、体の中も見た目も若くなりませんか。

“シミ・シワを撃退する”レシピ

●鮭とブロッコリーのレモンバターぽん酢蒸し

鮭とブロッコリーのレモンバターぽん酢蒸しが皿に盛りつけられている

ビタミン&コラーゲンで透明美肌をめざして

《作り方》
【1】ブロッコリー1/2株(約200g)は食べやすい大きさに切る。鮭2切れは1口大に切り、塩・こしょう各少量と片栗粉小さじ1をまぶす。
【2】フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、鮭の皮目からこんがり焼き、ブロッコリー、水50mlを入れ、ふたをして中火で蒸し焼きにする。
【3】水けがなくなったらバター大さじ1を入れ、溶けたらぽん酢大さじ1を加えてさっと炒める。レモン汁小さじ1をかける。

・若食べ食材Point!
鮭のアスタキサンチンもブロッコリーのビタミン類も美肌に必須。特にビタミンCが生成するコラーゲンは、肌にハリを与えメラニンの合成を防ぎシミ予防に。

●豚レバーのもやしにら炒め

豚レバーのもやしにら炒めが皿に盛りつけられている

にらのレチノールでお肌がピン!

《作り方》
【1】豚レバーの薄切り150gは10分ほど水にさらし、ペーパータオルで水けを拭く。しょうゆ・酒各大さじ1、黒糖小さじ1を混ぜたたれに5分浸ける。にら1/2束(50g)は3cm長さに切る。
【2】【1】の汁けをきって、片栗粉適量を両面にまぶす。フライパンにごま油大さじ1を入れて中火で熱し、レバーを炒める。
【3】火が通ったらもやし1/2袋(100g)、にらを加え、しんなりしてきたらオイスターソース・片栗粉各小さじ1、めんつゆ(2倍濃縮)小さじ2を合わせた調味液と炒め合わせる。

・若食べ食材Point!
吸収率のよい鉄分(ヘム鉄)が豊富なのは鶏レバーより豚レバー。血色がよくなる。さらに、にらは肌にハリを与えるレチノール(ビタミンAの一種)が豊富。

“白髪を減らす”レシピ

●ブロッコリースプラウトと牛肉トマトマリネ

ブロッコリースプラウトと牛肉トマトマリネが皿に盛りつけられている

トマトの抗酸化作用で体内のさびを撃退

《作り方》
【1】 トマト2個はくし形切りに、ブロッコリースプラウト1パックは根を切っておく。
【2】オリーブオイル小さじ2を熱したフライパンで牛ばら肉200gとトマトを炒め、酢・しょうゆ各大さじ1を加え、塩・こしょう各少量で味を調える。
【3】粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。皿に盛り、ブロッコリースプラウトをのせる。

・若食べ食材Point!
ブロッコリースプラウトのスルフォラファンは抗酸化作用が高く白髪改善に。牛肉に含まれるビタミンB12はメラニン色素を増やしてくれるので白髪対策に。

“めざせツヤ肌”レシピ

●アーモンド入りで食感◎ かぼちゃサラダ

アーモンド入りで食感◎ かぼちゃサラダが皿に盛りつけられている

βカロテンで免疫力アップ 健やかな肌をめざす

《作り方》
【1】かぼちゃ300gは種とわたを取り、皮は包丁でそぎ取るようにしてむき、3cm角に切る。アーモンド20gは食べやすい大きさに砕いておく。
【2】かぼちゃは水から入れて塩ゆでしてから、熱いうちにつぶす。
【3】粗熱が取れたらマヨネーズ大さじ2、ヨーグルト大さじ1、塩・こしょう各少量とアーモンドを混ぜ合わせる。

・若食べ食材Point!
肌の免疫力を上げてくれるβカロテンは、じゃがいもよりかぼちゃに多い。アーモンドはビタミンEが豊富で抗酸化作用に優れるアンチエイジング食材。

●手羽先のお酢煮青梗菜添え

手羽先のお酢煮青梗菜添えが皿に盛りつけられている

お酢で煮るとカルシウム倍増

《作り方》
【1】青梗菜2株は縦半分に切り、ゆでてざるに上げておく。
【2】フライパンに手羽先8本を皮目を下にして入れて焼く。出た脂をペーパータオルで拭き取り、水400mlを加え、沸騰したら酢・焼酎・しょうゆ・黒糖各大さじ1・1/2を加えて弱火にし、ふたをして15分煮る。
【3】とろみがついてきたら中火にし、スプーンで汁をかけながら約10分煮る。【1】を添えて盛りつける。

・若食べ食材Point!
手羽先には肌の老化を抑えるカルシウムや、皮膚の合成に必要なコラーゲンがたっぷり。青梗菜のビタミンCもコラーゲン生成に一役。

“輝くツヤ髪”レシピ

●干ししいたけと卵のスープ

干ししいたけと卵のスープが器に入っている

卵のたんぱく質は美しいツヤ髪の元に

《作り方》
【1】干ししいたけ2個は200mlの水で戻し、軸を切って薄切りにする。青ねぎ1本は小口切りにする。
【2】【1】としいたけ、水150ml、中華スープの素小さじ1を入れて煮る。
【3】煮立ったら溶き卵1個分を加えてひと煮立ちさせ、塩・こしょう各少量で味を調える。器に盛り、青ねぎをのせる。

・若食べ食材Point!
ツヤとコシのある髪に必要なビタミンB2の量は、干ししいたけがエリンギの6倍以上(便秘予防ならエリンギ)。卵の黄身のビオチンは毛髪を作るアミノ酸の代謝を促進。

教えてくれたのは:管理栄養士・麻生れいみさん

麻生れいみさんのインタビューカット

撮影/阿部健太郎

※女性セブン2019年9月5日号

●老化の元「AGE」が多い食材&少ない食材は?フライドポテト、ピザは注意!
●自宅で簡単に作れる薬膳料理「tomatoサムゲタン」で紫外線&老化に負けない美肌に【市橋有里の美レシピ】
●空前ブームのさば缶「1週間レシピ」美容と健康、老化防止にも効果的!
●首の老化を防ぐ&首痩せする方法|”老け首”リセットのマッサージ&ストレッチ4つ
●「やってはいけない」美容法|朝ランニング、水洗顔、メイクブラシもNG?

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事