真っ赤なトマトにチアシードが映える「ガスパッチョ風」

アメリカでも人気のスーパーフード「チアシード」。デザートやドリンクでいただくことはあっても、お料理にはどうやって使ったらいいかわからない…いう人のほうが多いのでは?

そこで、シリーズ累計100万部を突破した「やせおかシリーズ」の著者、柳澤英子さんの『やせる!老けない!チアシード レシピ』(小学館)からチアシードを使った前菜レシピをご紹介。いつものおかずに新鮮さをプラスしたメニューはホームパーティにもぴったり!

* * *

ガスパッチョ風

chiaseed_recipe02

キュウリや玉ネギの“シャキシャキ”とチアシードの“ぷるぷる”、2種類の食感を楽しんで。

材料(2人分)

【A】チアシード…大さじ2 トマトジュース(無塩)…1と1/2カップ
キュウリ…1/2本 玉ネギ…1/4個 塩…小さじ1/4 黒コショウ、パルメザンチーズ、オリーブオイル…各適量

作り方

【1】【A】を混ぜ、15分以上おく
【2】キュウリ、玉ネギを5、6mm角に切る
【3】【1】に【2】を加え混ぜ、塩で味を調える
【4】器に盛り、黒コショウ、ハ?パルメザンチーズをふり、オリーブオイルをかける

POINT!

【1】の段階で、冷蔵庫でひと晩おくと、味がよくなじむ

監修:柳澤英子(やなぎさわ・えいこ)

料理研究家。編集・ライターとして料理関連の雑誌やムック、書籍、広告の制作に携わるとともに、レシピの開発や提供など食全般に関わる。数々のダイエットに挑戦してはリバウンドをくり返したが、「食べてもやせる」ダイエットで劇的スリム化に成功。そのメソッドを説明した「やせるおかず 作りおき」は、累計100万部超の大ヒットシリーズに。最新刊に『超入門!やせるおかず 作りおき』(小学館)

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事