朝ヨガで代謝アップ!都会のガーデンでのレッスン&朝食で充実した1日に【体験レポ】

うだるような暑さがつらい、夏。外での運動なんて、もってのほか?

「アサプタヨガ」の様子

「暑いから仕方ない」と自分に言い訳をして、習慣にしていたラジオ体操をサボっていたせいか、体がどんどん重くなっていることに気づいてしまった、ライターE。

この暑さの中でも、モチベーションを上げられるような運動はないものか。そんなことを考えていると、「朝食付きの朝ヨガイベント」があるという情報をキャッチ。朝から体を動かして、さらにヘルシーな朝食もついているのなら、ダイエットにも一石二鳥なのでは…? 単純なライターEは、さっそくイベント会場の『リビエラカフェ グリーンスタイル』へ向かったのだった。

豊かな緑に囲まれながらの「朝ヨガ」

『リビエラカフェ グリーンスタイル』は、ウエディングやレストランを運営する『リビエラ東京』併設の施設。今回参加したイベントは「Asapta Yoga(アサプタヨガ)」企画者の理恵さんと『リビエラ東京』の共同開催で、月2回、『リビエラ東京』のガーデンで実施されている。ちなみに「Asapta」とは、朝とサプタ(サンスクリット語)の「7」を合わせた造語なのだそう。

朝7時から始まるヨガに参加するべく、『リビエラ東京』の更衣室で着替えを済ませて移動する。グリーンに囲まれたガーデンは、池袋駅すぐの施設とは思えないほど清々しい空気に満ちていて気分が上がる。

デトックスウォーター

会場には水分補給用のデトックスウォーターと虫よけスプレーが用意してあり、ウエディング会場らしいホスピタリティもうれしい。会場は完全に屋外なので、紫外線対策は必須。日焼け止めはしっかり塗ってきていたけれど、虫よけスプレーは盲点だったので、ありがたく使わせてもらった。

太陽の光を浴びながら「太陽礼拝」

「アサプタヨガ」の様子

この日、ヨガを教えてくれたのは奈月さん。このイベントでは、日によって講師が違い、講師ひとりひとりがこのイベントのためのプログラムを組んでくれるんだとか。

「今日は朝一番のヨガということで、太陽礼拝を行います。また、昨日は新月だったので、月の満ち欠けに合わせて動く月礼拝もやっていこうと思います。股関節周りが圧迫されていると体に熱がこもりやすくなるので、股関節を重点的に動かしていくような内容になっています」と奈月さん。

ホットヨガの初心者クラスに通っていた程度の経験しかないライターE。でも、太陽礼拝と月礼拝は聞いたことがあるので、奈月さんの説明を聞いてなんとかやっていけそう、とひと安心。

「アサプタヨガ」の様子

まずは、ヨガの基本の座り方「安楽座」で座り、目を閉じて、ゆっくりと呼吸をしていく。太陽の光を浴びながら呼吸をしているだけで、体の力が抜けていく気がするからとても不思議だ。ゆっくりと首周りなどのストレッチをして、太陽礼拝からスタート。連続した12のポーズからなる太陽礼拝は、前や後ろに体を伸ばしていく動作がはいっているため、全身が活性化するんだそう。

ひとつひとつのポーズを取りながら、奈月さんの「吸って、吐いて」という指示を聞き、そのとおりに呼吸をしていく。体がほぐれていくのを感じることができ、気持ちがいい。

「アサプタヨガ」の様子

しかし、筋力がまったくないライターEは、四つん這いの体勢から、両腕と両足を伸ばし、頭からかかとまでを一直線にキープをして体を支える「板のポーズ」で、全身がプルプルと震えてしまう事態に。このポーズは「プランク」と呼ばれるもので、シンプルな姿勢のため、パッと見は簡単そうだけれど、体幹が弱いと姿勢をキープできないため、実は難しい。ヨガはゆっくりとした動きではあるけれど、全身の筋肉を使うため、あなどれないと改めて実感した。

「アサプタヨガ」の様子

続いて、両手と両足を地面からまっすぐに伸ばし、お尻を高く上げるダウンドッグのポーズ。これは全身の筋肉を大きく動かすポーズなんだそう。かかとを交互にゆっくり上げ下げすると、脚の裏側が伸び、筋肉がほぐれていくのがわかる。

「アサプタヨガ」の様子

太陽礼拝を12ポーズ分終えたら、続いて、月礼拝へ。月礼拝とは、代表的なヨガポーズである三角のポーズや、三日月のポーズ、女神のポーズなどを組み合わせた一連の動作のことで、横向きの動きが多いのが特徴なんだとか。

前後左右、大きく広げた足で上半身を支えて動くので、あまり意識して動かすことが少ない股関節をたくさん使っている実感がある。股関節がほぐれていく感覚から、日頃、股関節周りがいかに固まっているかという気づきにもなった。

「アサプタヨガ」の様子

ヨガパートの締めには、仰向けのストレッチから「しかばねのポーズ」として知られるシャバーサナのポーズを。仰向けになって目を閉じ、全身の力を抜いて腹式呼吸をしていく。目を閉じると風で木の葉が揺れる音がはっきりと聞こえ、よりいっそう自然を感じることができて心身ともに癒やされる。耳をすませながら朝のさわやかな風を感じていたら、気持ちよすぎて、ついウトウトしてしまった。

体をほぐしたあとは野菜たっぷりのヘルシーな朝食へ

「リビエラカフェ グリーンスタイル」

「Asapta Yoga」を終えて着替えをしたら、『リビエラ東京』に隣接するカフェ『リビエラカフェ グリーンスタイル』へ。

『リビエラカフェ グリーンスタイル』では、自社菜園で育てている野菜やハーブを使用したヘルシーメニューを提供している。さらに、ガレットや米粉のパン、ANAの機内食にも採用されたアレルギー物質をすべて取り除いた「バリアフリーパン」など、グルテンフリーのメニューにも力を入れているとのこと。

朝食

「朝ヨガ」イベントのオリジナルメニューとしてシェフが用意する朝食は、季節の食材などを使い、そのときどきで内容が異なるそう。この日いただいたのは、緑黄色野菜やきのこ、アボカドなどバラエティー豊かなサラダプレート。さつまいものスープ、米粉のグルテンフリーパン、アサイースムージーがついて、ボリュームも抜群。この朝食を楽しみに「Asapta Yoga」をリピートする人もいるという。

最高のロケーションでの朝ヨガ

「アサプタヨガ」の様子

太陽の下で体を動かし、おいしい朝食をいただき大満足のライターE。これは友人たちにも教えてあげなければ!と思ったけれど、まわりにヨガ経験者がいないことに気づく。まったくの初心者でもこの「Asapta Yoga」のプログラムにはついていけるのだろうか?

「ヨガは、同じポーズでも人によって難易度を変えることができるんです。例えば、前屈のポーズなら、思いっきり体を伸ばせば難易度も上がりますが、少しゆるめれば初心者のかたでも簡単に行うことができます。初めてのかたでも上級者のかたでも一緒にできるのがヨガのいいところなんです」と、理恵さん。

「アサプタヨガ」の様子

そしてもう1つ。せっかくこんなに早起きをしたのだから、少しでも痩せたい! そこで、ダイエット効果についても教えてもらった。

「朝に体を動かすことで、血のめぐりがよくなるので、代謝がアップします。すると消費エネルギーが増えるため、ダイエットにも繋がりますよ」(理恵さん・以下同)

ヨガ初心者はもちろん、おひとりさま、男性でも大歓迎だという理恵さん。

「私はヨガ人口を増やしていきたいと思っているんです。いきなりヨガスタジオに行くとなるとハードルが高いと思うのですが、朝のちょっとした時間ならやりやすいのでは、と。朝食目当てで来ていただいてもいいんです(笑い)。それに、ウエディング会場というきれいなロケーションの中でヨガをやるというところから、興味を持っていただけたらと思っています」

「リビエラ東京」のロビー

「Asapta Yoga」は、朝に運動して活発な1日を過ごしたい人や、ヨガに興味はあるけれど敷居の高さがネックになっているという人にもぴったり。おいしい朝食をごほうびに、『リビエラカフェ グリーンスタイル』で朝ヨガにトライしてみては?

撮影/生熊友博 取材・文/榎本麻紀恵

【データ】
「Asapta Yoga(アサプタヨガ)」
住所  :東京都豊島区西池袋5-9-5(リビエラカフェ グリーンスタイル)
アクセス:JR、東京メトロ各線「池袋駅」C3出口から徒歩1分
金額  :2500円(税込)
開催日 :2019年8月23日(金)、9月6日(金)、9月20日(金)、10月11日(金)、10月25日(金)、11月14日(木)、11月29日(金)
開催時間:7:00開始(6:45受付)
https://www.riviera.co.jp/restaurant/tokyo-cafe/event/asaputa-yoga/index.html

●62歳オバ記者が驚いたヨガパワー!「猫背治った」「ゴルフのスコアUP」
●くびれを1週間で作る!「バスタオルヨガ」で即効ウエストダウン!!
●安藤美姫似のヨガ講師がマッサージに使う“悪魔の媚薬”って?【ジム美女の美習慣】
●へそヨガでお尻や下腹を締める!アンシーが3つのストレッチを伝授
●暗闇トランポリンジム「jump one」でダイエット!楽しく跳ねて理想のボディへ【体験レポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事