ボトックス注射で脇汗解消、肩こり改善も!料金、効果、手術内容は?

プチ整形が身近なものになりつつある現在、“健康になる”“病気を防ぐ”美容整形を受ける人が急増しているという。

脇を抑える女性

写真/ゲッティイメージズ

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー(44才)が、乳がん予防のために、検査によって遺伝的に87%以上の確率で乳がんになると判明したため、乳房の全摘手術に踏み切ったことが、ニュースになった。

“美容整形”は美しくを追求するためのものだけではなく、病気の予防や症状の改善のために「受けておく」ものになってきている。例えば、プチ整形のひとつで、多汗症や肩こりなどを、注射のみで解消することができるという。

多汗、歯ぎしり、肩こりも予防できるボトックス注射

ヒアルロン酸と並び、顔のしわの改善に効果があると人気のボトックス(ボツリヌストキシン)注射は、注入することで筋肉を動かす神経伝達をブロックするため、注入した周辺の筋肉が動かなくなり、しわを目立たなくすることができるというもの。これは、注射する場所によって、さまざまな予防効果が期待できるのだという。

アンチエイジングを中心に行うアサミ美容外科の総院長・浅見善康さんが語る。

「ボトックス注射は眉間やおでこ、目尻などのしわ取りのために打つのが人気ですが、それ以外の場所に打つことも少なくありません。わきにボトックス注射をすると多汗症対策になります。わきの筋肉が動かないようになれば、汗の分泌も抑えられます。すると、ワキガのリスクも格段に下がる。

中学生の女の子が多汗症治療の施術を受けに来ることもあります。多汗症の子供は、将来的にワキガになる可能性が高いのです。10代は汗や皮脂の分泌も盛んですし、デリケートな時期ですから、本人が気にするのであれば、学生のうちに施術を受けさせてあげるのもいいでしょう。

頬のえらにボトックス注射をすると小顔効果が見込めますが、えらの筋肉を動かなくすることで、歯ぎしりが抑えられ、結果的に歯への負担を減らすことにつながります。肩が張って首が太く、短く見えるという人には、肩や首筋にボトックスを注射します。肩や首まわりをほっそり見せることが目的ですが、肩の筋肉のこわばりが取れるため、肩こりが改善したと喜ぶ人が多いですね」

ボトックス注射は、“プチ整形”としては最も手軽な部類。5~10分で完了し、価格も数万円からという施術で、美容と健康効果の両方が期待できるのはありがたい。

ボトックス注射の内容と料金、受けた方がいい年代

ボトックス注射をわきの下にしようとしている

写真/ゲッティイメージズ

●手術内容
筋肉を収縮させる神経伝達を抑制するボトックス(ボツリヌストキシン)を注射することで、部位によってさまざまな効果が期待できる。打つ場所や求める効果によって価格は異なる。数か月~半年ほどで体内に吸収されて効果がなくなるため、維持したければ定期的な施術が必要だが、1回で10年ほど効果が維持するもの(アクアミド注射)もある。

●受けた方がいい年代
わきの下/10~20代
えら/20~50代

●予算
4万円~

※女性セブン2019年8月22・29日号

●ダレノガレ明美やしずちゃんも受ける話題の“ボトックス注射”って?
●美容整形|ボトックス注射、ヒアルロン酸の効果は?眉間(おでこ)のしわ除去
●【体当たりレポ】数週間でキュッと小顔に!「ボトックス注射」を体験
●口臭・体臭の原因とは?|女性の加齢臭にも要注意&におい対策の食べ物
●ひどい肩こりの治し方|お手軽なマッサージ、ストレッチなど5選まとめ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事