「老けない体」を作る姿勢&簡単エクササイズ2つを70歳Gカップの美容家が伝授!

「もっと女性らしい体つきになりたい」「メリハリのあるボディを手に入れたい」…人によって、さまざまな体型の願望があるもの。

吉丸美枝子さん

どうやったら、理想の体に近づけるのか? 元はAカップだったのに、今ではGカップのグラマラスな体形をキープし続けるトータル・ビューティー・プロデューサーの吉丸美枝子(よしまる・みえこ)さん。彼女は70歳には見えない、メリハリボディの持ち主。そんな吉丸さんの最新著書『顔もお腹もV字アップ!』(小学館)から、理想の体型を目指すためのメソッドと簡単エクササイズを紹介!

→吉丸さんが語る美と若さのヒミツはコチラ
→吉丸さんが指南!若見え顔エクササイズ2つはコチラ

イメージを変えることが理想のボディへの近道

吉丸さんによると、「痩せたい」と願うのは、今の自分が太っているという自覚の裏返し。悪い暗示をかけずに、理想の姿をビジュアルで思い浮かべることが、脳によいイメージを伝えて理想の体型に近づく第一歩だそう。

「大切なのは、見た目やサイズです。体重よりも、鏡で見たときに理想通りのボディラインか、お気に入りの服が似合っているか、といった観点で自分の体をチェックするようにしましょう」と著書の中で語る吉丸さん。体重を減らすことをゴールにするのではなく、具体的に「マリリン・モンローのようなグラマーな体」「バービー人形のようにすらっと細く長い脚」と立体的に描けるお手本をイメージすれば、脳のスイッチがはいり、意識や行動が変わっていくという。

「イメージ通りの体に近づくための5か条」でスイッチを入れる

【1】着たい服、出かけたい場所を具体的に決める
「あのワンピースを着て半年後の同窓会に出る」など具体的な期日を決め意欲を高める

【2】体重にとらわれない。それよりもなりたいイメージを思い描く
筋肉量で体重は変わるため、数字ではなくなりたい見た目や着たい服を重視する

【3】1日1回、鏡の前に裸で立つ。そして気になるところに手を触れる
気になる部分が昨日よりも締まっているか、ゆるみがないかチェック

【4】まずは何か1つ、体によいことを3日続けてみる。できたら自分を褒める
継続は何よりも大切。3日できたら自分を褒めて、ご褒美にさらに3日続けてみる

【5】見た目の変化を褒められたら、素直に「ありがとう」とお礼を言う
脳は褒められることを喜び、やる気になる。恥ずかしがらずに感謝を

正しい姿勢で太りにくく老け知らずのボディに

インナーマッスルを使う正しい立ち姿勢を手に入れれば、立っているだけでエネルギー消費が高まり、理想のボディへ近づくことができる。

正しい立ち姿勢

正面から見たときに、左右の腰の高さ、肩の位置、口角が水平になっている。横から見たときに、土踏まずからひざ、股関節、肩、耳のラインが一直線になっている。これが正しい姿勢。

正しい立ち方の意識ポイント1
【1】お尻をギュッと引き締めて、恥骨を上向きに立てる。

正しい立ち方の意識ポイント2
【2】お腹に力を入れて上方向に持ち上げ、バストを引き上げる。このとき肩の力は抜いて、呼吸はリラックス。

正しい立ち方
【3】お尻やお腹周りの緊張感を保ったまま、土踏まずの始まるところに体重が乗るよう、重心の位置を正しく調整。あごは軽く引き、背筋を伸ばす。

ベッドの上でできる全身すっきり「赤ちゃん体操」

全身を小刻みに振って揺らすことで、細胞に刺激を与えて元気な状態へと整理できる体操。朝目覚めたときに1分行うだけで、むくみも取れて1日元気に動くことができる。

赤ちゃん体操

【1】仰向けになり、両手と両足を天井へ向けて真上に引き上げる。
【2】全身の力を抜き、ぷるぷると小刻みに60秒間動かす。このとき、犬がプルプルッと全身を震わせるときのように、細かい振動で四股全体を揺らすことを意識。連続で行うのが難しい場合は、10秒動いて10秒休むを繰り返す。
【3】60秒行ったら、楽な位置に手足を戻してリラックス。

トイレ後に美尻メイクチャンス

トイレの後に“ながら”美容で簡単にヒップ矯正ができる美容法。1日7回トイレに行けば、1か月で200回以上行うことに。毎日の積み重ねが美尻への道に。

簡単ヒップ矯正1
【1】ショーツの前面に両手を置く。

簡単ヒップ矯正2
【2】お腹の前面から左右の腰骨を通り、お尻の下部までさすり、脂肪を流す。

簡単ヒップ矯正3

簡単ヒップ矯正4

簡単ヒップ矯正5
【3】お尻の脂肪を中央に寄せるように意識しながら、ウエストの下まで移動させる。

どれも日常のちょっとした時間に試すだけで効果大。さらに『顔もお腹もV字アップ!50、60代になっても若返るすごいテクニック』では、このほかにも若々しい体型を手に入れる方法が紹介されている。歳を重ねても、理想的な女性らしい体を手に入れるための参考に。

著者:吉丸美枝子さん

吉丸美枝子さん

よしまる・みえこ。1949年生まれ。ビューティー・ライフ・プロデューサー。株式会社ルーチェ代表取締役。30代のときに専業主婦から一転、シングルマザーとなり、美容の道へ。整美体操、気功、整体、エステ技術などを学び美容論を研究。51歳でセルフ美容を提唱する『ヴェーネレ』を創設し、現在の会員数は2万人。これまでにDVD7本、著書も多く出版。全国を飛び回り、公演などを行う。7月30日発売の著書『顔もお腹もV字アップ! 50、60代になっても若返るすごいテクニック』(小学館)が発売初日に楽天ブックス総合1位に。

撮影/黒石あみ、生熊友博 文/イワイユウ

●距骨を整えるセルフケア|ダイエットにもなる美ボディメイクの方法を解説
●簡単!効果的なバストアップ方法7選|1週間集中筋トレやエクササイズ、食事レシピも紹介
●ぽっこりお腹も改善!息をするだけでバストアップする「美腹呼吸」

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事