ドライシャンプーに注目!頭皮のベタつきを解消する意外な使い方を紹介【山本浩未さんのメイクのメ】

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は山本さんが、夏のお助けアイテム、ドライシャンプーを教えてくれました。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん
災害時や病気の時など、お湯を使ってシャンプーができない時に、代わりに使えるパウダー状の「ドライシャンプー」って昔からありますよね。昨今の災害などで見直され、「困った時に助けてくれるアイテム」として知られていますが、私はそれを「夏の困った時」にも使っています。

この数年お年頃か、全身に汗をかかなくても頭皮だけは汗をかきやすくて、なんとなく不快感があったんです。髪の根元が湿ることで、トップがペタンとしやすいことにも悩まされていました。そんな時に重宝するのが、「ドライシャンプー」。私はシャンプーをしたい時ではなく、スタイリングを立て直したい時や頭皮が湿ったイヤな感じをスッキリさせるために使っています。

ボリューム復活、ベタつきスッキリ

昔からあるパウダーを振り出すタイプとスプレータイプがありますが、スプレータイプは根元にピンポイントに使いやすいのでおすすめ。使う時はまず、ティッシュペーパーやハンカチで軽く根元の汗を拭きます。もしドライヤーがあれば、ざっと乾かすとよりスッキリしますよ。その後、立ち上げたい部分やベタつきが気になる部分の毛の根元を持ち上げて、頭皮にシャンプーをつけ、指先でなじませます。

これだけでボリューム感が復活して、ベタつきもスッキリ。汗もかきにくくなるので、例えば「今日は汗をかきそうだな」という日は、朝のスタイリングの時につけるようにしています。

各メーカーからいろいろ発売されていますが、最近のお気に入りは、プレディアの『ファンゴ ヘッド ドライ シャンプー』。ちょっとパウダリーな香りが、ジメジメした夏に心地いいんです。

私は特に襟足に汗をかきやすいので、ここに使うとリフレッシュ効果抜群! ひと吹きで根元の立ち上がりも復活するから、1本持っておくと汗をかきやすい今の時期に重宝しますよ!

天然ミネラルの泥が頭皮の汗・皮脂を吸収

清涼感のある使い心地。サラサラのパウダーが皮脂を吸着し、しっかりオフ。プレディア ファンゴ ヘッド ドライ シャンプー 100g 1620円(8月21日発売)/コーセー 電話:0120-763-327

※女性セブン2019年8月15日号

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

→【メイクのメ】の過去の連載を読みたいかたはコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事