ビヨンセが苦しんだ産後ダイエット「悪夢の体重に」と告白

歌姫ビヨンセは、現在も精力的に活動しているが、体重コントロールに苦労しているという。特に、双子妊娠後の体重増加でこれまでにない感覚になったと明かしている。

ステージに立って歌うビヨンセ

体重コントロールに苦労しているというビヨンセ

2017年6月に双子の赤ちゃん、ルミちゃんとサーくんを出産したビヨンセだが、妊娠中に体重が約99kgまで増加。2018年には世界規模の音楽フェスティバル『コーチェラ・フェスティバル』の準備にはいるころには79kg前後まで落としたものの、普段より重い体でのリハーサル、ステージとなった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿


夫ジェイ・Zとの間に7歳の娘ブルー・アイビーちゃんもいるビヨンセは、ヴィーガンダイエットの様子を映した『22デイズ・ニュートリション』という動画をYouTubeに投稿した。

その中で、「双子を出産後、ステージに戻ってきたわ。体が自分のものとは思えなかった」と明かした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿


体重計に乗った様子を収めたところでは「女性誰もの悪夢、175ポンド(約79kg)、これが私の体重。まだまだね。私たちは、今からコーチェラを通して100%菜食となる」と続けている。また、復帰に関しては「仕事するときが来たわ。だからそれに集中しないと。頭を切り替えなきゃ。減量の方が、元のリズムに戻り自然に感じられるようになるよりずっと簡単だった」と話している。

そんなビヨンセは以前、ネットフリックス作品『ホームカミング:ア・フィルム・バイ・ビヨンセ』の中で、ステージ復帰の苦労についてこう語っていた。

「初めのうちは、筋肉のけいれんがひどくて、体の中がうまく繋がっていなかったの。私の心は、そこにはなかった。子供たちと一緒にいたかったのよ」

「私のゴールに達するため、パン、砂糖、乳製品、肉、魚、アルコールを避けている。だからお腹が空いているの!」

「6歳児と双子の母親であるということと、創造性のバランスをとろうとしているだけ。肉体的にはとてもハードよ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿


さらに、ビヨンセは続けて語っている。

「前は15時間連続でリハーサルできたのに、今では、子供や夫がいて、自分の体調にも気を配らないといけない。私は自分の限界以上に努力したわ。そして大切なことを学んだの。今後あれほど自分を押すことは絶対しないとね」

ストイックなビヨンセだからこそ、心に響く歌声を聞かせてくれるのだろう。

提供/Bangshowbiz

●ビヨンセが激太り?『ライオン・キング』プレミアで見せた姿に驚きの声
●プロが明かす、歌姫・ビヨンセ流“大人女性メイク”のテク
●ニッキー・ミナージュ、ビヨンセらの「美尻写真」10枚、セレブにデカ尻ブーム!
●おデブ卒業!マライア・キャリー、体重120kgから1年で奇跡の激ヤセ写真
●わずか10日間で約9kg減!歌姫ビヨンセの【緊急ダイエット法】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事