62歳オバ記者、愛猫「三四郎」が天国へ!”ロス”の乗り越え方がわからない…

この悲しみはいつ乗り越えられるのだろうか――。

オバ記者の愛猫「三四郎」

先日、オバ記者は19年ともに暮らした愛猫「三四郎」を失った。大切な”家族”が天国へ旅立ち、オバ記者は悲嘆に暮れる日々だという。今回は、「三四郎」の思い出を秘蔵フォトともに振り返ります。

* * *

ポケットにはいるサイズだった「三四郎」

19年3か月、いっしょに暮らしたオス猫の三四郎が7月25日の朝、息をひきとった。その翌日、骨になった。って、もしかしたら私、かなりのピンチかも。

結婚は4年で終わったし、思えば高卒で茨城の実家から出て以来、19年暮らした生き物は三四郎だけ。ああ、そういえば猫、いるね〜くらいの距離感で飼っていたつもりだったけど、死なれてみると、私の身の置きどころがないというか、これからどうなるか、皆目見当がつかないんだわ。

三四郎が私のところに獣医を通してやってきたのは、生後2、3週間のとき。当時、みんな着ていたフリースのポケットにすっぽりの手の平サイズの猫で、目はブルー。かわいかったのよ。それが日を追うごとに元気を通り越して狂暴。「わあ、“美猫”ね~」と抱こうとした友達は、ほぼ全員、流血騒ぎよ。飼い主の私にはさすがに「にゃお~ん」と鳴いたけど、それでも突然、足首を思いっきり噛まれるわ、後ろから飛び掛かって首を食いつかれたこともあるのよ。あの瞬間、ヤツは私を殺そうとしたね。

背中をなでて「ありがとう」と言って見送った

その三四郎が、今年の7月に入って後ろ脚がもたつくようになったの。そのうち朝開けた猫缶を残すようになり、目の輝きも失われてきた。「ああ、そろそろお別れだな」とは思っていたのよ。

猫の寿命は最近は伸びてきたといっても、15年前後。それが19年を超えたんだから、死んだところで何の文句もない。背中をなでながら「ありがとう」と繰り返して見送れたし、静かな最期でね。「天寿を全うしたのよ」と人には言うよ。でも感情はまた別なんだよ。

たとえばトイレ。私が便座に座ると追っかけてきて、足首に頭をこすりつけた後、背中を向ける。後ろ抱きに抱けっていうサインなのよ。ずっと当たり前だったそれが、今はない。

愛する猫が「いない」ことを実感する毎日

お風呂の蛇口から直接、水を飲むから、いつもドアは薄く開けておいて、水道の水はたえずポタポタと出しっぱなし。でも亡くなった後は蛇口もドアも締めている。自分でそうしたんだけど、見るたび、「ん? あっ、そうか」と、三四郎の死の確認。朝から晩まで、寝ても覚めても、この「ん? あっ、そうか」の連続なんだよね。

それが積もってくると突然、何かがこみ上げてきて、「うおおお~」とお腹の底から絞り出すような雄たけびが出る。ペットロスにならないためには、泣くだけ泣いたほうがいいというけどその後が困るんだって。気持ちがどよ~んとして、何もする気がなくなるんだもの。

お腹は空くけど、食欲がない。ってか、食べるのが面倒。食べたいものが浮かばない。で、どうするかというと、手っ取り早く満腹になる丼物か、うどん。ご飯に豆腐とすりショウガと醤油をかけて、ぐちゃぐちゃご飯。

お酒を飲んだら何をしでかすかわからない…


唯一の救いは、お酒を飲みたいと思わないことね。酔ったら、何をしでかすかわからないから怖くて飲めないのよ。

何するかって? 今考えられるのは、泣き歩きだね。「三四郎、おーい、三四郎やーい」と言いながら秋葉原を歩いたら、そうとう不気味でしょ。

そうだ。何十年も前だけど、失恋して今と同じような無気力になったことがあったの。食べるの面倒臭い症候群。それで気持ちのままの食生活をしていたら、いったんはガクッと体重が落ちたけど、落ち着いたと同時に、ものすごく食欲が出てきた。思えば私が引き戻せないデブ街道を歩きだしたのは、あのときからだったのよね。

アラカンで二の舞はイヤだけど、ああ、ダメだ。まったく前向きな考えが浮かばないわ。

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

●【153】62歳オバ記者、ヨガに夢中!「ヨガは”体をだます”のがうまい」
●【152】62歳オバ記者、トマトにハマる「リコピン、いい仕事するね!」
●【151】62歳オバ記者、ビリー隊長からお腹周りエクササイズ教わり「グッジョブ!」
●【150】62歳オバ記者が64歳ビリー隊長にダイエットと若さの秘訣を直撃!
●【149】62歳オバ記者、あのビリー隊長から直接指導!「キャンプ」への再入隊を志願
●【148】62歳オバ記者、「間食ゼロ&サラダ」ダイエットで2kg減!ところが、思わぬ”壁”が…
●【147】62歳オバ記者、医師のすすめるダイエット法でリバウンドとの闘いに光明!?
●【146】62歳オバ記者、リバウンドと闘う!医師からは「間食禁止令」出る
●【145】62歳オバ記者、リバウンドで令和おっさんに!?医師からダイエット指導受ける
●【144】62歳オバ記者、そっくり91歳“かあちゃん”に健康法を学ぶ!?

→オバ記者の過去の連載はコチラ!

→オバ記者の”月曜断食”に関する全記事はコチラ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. イクラ より:

    なので時間が解決します。後辛い、寂しい時は思いっきり泣いて下さいね。長くなりましたが一ファンとしてこれからも記事を楽しみにしております。

    16+

  2. オオモリイクエ より:

    今年の1月に虹の橋を渡りました。離婚した寂しさから初めて飼った猫で本当に心の支えでした。野原さんが気になる記者さんでここ迄似た経験をした方なので思わず投稿しました。ペットロスはした人にしか解りません❗私は泣くだけ泣いて同じペットを失った方達に話をして時間経過と共に立ち直りつつあります…

    14+

  3. オオモリイクエ より:

    野原さんへ
    こういった物にコメントするのは初めてです。私は❌1アラフィフ女子
    最初に野原さんの記事を読んだのは月曜断食❗本も買い見事に体重も体脂肪も減り大満足しました。年齢も近いですし何より記事の内容が私は好きで見付けると必ず読ませて頂いてます。今回は私の愛猫も…

    2+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事