保湿ケアに。英国発の「ハーブファーマシー」がリニューアル

英国の農園で生まれた美容バームコスメ「ハーブファーマシー」は、創設10周年を迎えパッケージを一新。

herbfarmacy01

「ハーブファーマシー」は、英国で伝説の処方家と呼ばれ、数々のナチュラルコスメブランドの製品作りに携わってきた、植物学博士ポール・リチャーズ氏が、自身の集大成として立ち上げたスキンケアブランド。その製品に使われているのは、土壌づくりからこだわり、愛情を込めて育てた、ソイルアソシエーション認定のハーブ。現地では治療用として使われるほどの品質なのだとか。

同ブランドの核となるのは、ハーブの成分を抽出したインフューズドオイルに少量のミツロウ・シアバターを加えた「ヒーリングバーム」(3204円〜)。9種類の中でも注目は、“じわっとほぐすバーム”という異名をもつ「アスリート バーム」(30ml 4104円)。メドゥスウィート(シモツケ)とセントジョーンズワート(ハイベリカム)のほか、ブラックペッパーやジンジャーを配合していて、スポーツ後のお手入れや肩の疲労にオススメ。

このほか、ラインアップは、クレンジングやローション、リップケアなど多岐に渡る。ハーブの肌へのヒーリング効果を体感してみて。

【データ】
ピー・エス・インターナショナル
電話:0120-17-1543(イーナ イーコスメ)
http://herbfarmacy.jp/

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事