植物性乳酸機をプラス。「ベジキッチン」から2種類の甘酒

“飲む点滴”とも呼ばれる甘酒は、製造過程で発酵させることで生まれるオリゴ糖や食物繊維を豊富に含み、腸内環境の改善や美肌作り、疲労回復などに役立つという。

bejikitchen_amazake01

そんな甘酒の健康や美への効果が、最近、ヘルスコンシャスな女性の間で話題になっているみたい。植物性100%の食品ブランド「ベジキッチン」からも甘酒の新商品が登場する。発売日は2016年11月1日(火)だけれど、直営店では10月12日(水)から先行販売をスタート。

フレーバーは、「ベジキッチン すっきり甘酒 プレーン」(150g 300円)、「ベジキッチン ざくろと山梨桃」(150g 321円)の2種類。日本ホリスティックビューティー協会が監修に協力しているとか。

原材料は、山梨県産特Aの「梨北米(りほくまい)」と山梨県白州の造り酒屋の米麹、南アルプスの天然水、と山梨県産にこだわっている。さらに、梨から抽出した植物性乳酸菌を加えることで、美腸効果を高めるとともに、毎日飲みたくなるすっきりとした味わいを実現しているという。

保存料や合成着色料などの添加物を使っていないのはもちろんのこと、グルテンや大豆、砂糖、動物性原料なども不使用。アレルギーがある人にもうれしい。発酵・麹の力を借りて、美腸を目指そう!

【データ】
ベジキッチン「すっきり甘酒」
発売日  :2016/11/01(火)
販売店舗 :公式サイト、および「SINCERE GARDEN(シンシアガーデン)」ほか
・「ベジキッチン すっきり甘酒 プレーン」(150g 300円)
・「ベジキッチン ざくろと山梨桃」(150g 321円)
http://www.bxe.co.jp/vegekitchen/

【関連する記事をチェック!】
食物繊維がたっぷり!痩せ体質になる「もち麦ダイエット」
SHIORI監修。フルーツグラノラ×アーモンド効果のレシピ
【旬菜】便秘に効果的な里芋のレシピ5選
研究で発覚。らっきょうを食べて、腸内に“痩せ菌”を発生!
【野菜ランチ】オーナーも5kg減のサラダボウル専門店

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事