シャンプー中に下半身引き締め|普通の腹筋より複数の筋肉を刺激!【進藤学のながらオチョダイエット】

日常生活のちょっとした時間に行うことができる簡単エクサイズがあったら、取り入れたいもの。

進藤学

リラックスして過ごすお風呂タイムにも、もうひとひねりで美ボディを手に入れて。シャンプーをしている時間、空いている下半身のエクササイズをすれば一石二鳥。

そこで、俳優として活躍しながらアルゼンチンタンゴダンサーやダイエットインストラクターの資格を持ち、「オチョダイエット」考案者でもある進藤学さんに、日常生活に簡単に取り入れられる「ながらオチョ」のメソッドを教えてもらった。

シャンプー中に「立ちオチョ」

「立ちオチョ」

スペイン語で「8」を意味する「オチョ」。進藤さんは体の部位を8の字に動かすときに起こるひねり運動によって、激しい筋トレをしなくてもボディメイクができるメソッドとして「オチョダイエット」を考案した。

シャンプーをしながらでも実践できる「立ちオチョ」は、立った状態でお腹周りを8の字に動かしていくエクササイズ。上から見たときに、腰で8の字を描くイメージで行うのがコツ。下腹部、ウエスト周りの筋肉を効果的に動かすことができるため、一般的な腹筋運動に比べ、一度で複数の筋肉を鍛えることができるのだそう。ウエストにくびれを作りたいなら、こちらにトライして。

「立ちオチョ」のやり方

「立ちオチョ」のやり方1

【1】足は腰幅より少しに広めに開いて立つ。上半身は正面に向け、体重を足の母指球(足裏の親指の付け根にあるふくらみ)にのせて背筋を伸ばす。

「立ちオチョ」のやり方2

【2】左の腰骨を左前方へ突き出す。左側に弧を描くように、突き出した左の腰骨を左後方へ回す。

「立ちオチョ」のやり方3

【3】今度は反対に右の腰骨を右前方に突き出す。右側に弧を描くように右の腰骨を右後方へと回す

【4】【2】〜【3】の動作を流れるように繰り返していく。8回×8セットが目安。

【NG】
「立ちオチョ」のやり方NG

上半身が前や後ろにぶれてしまうと、効果なし。体を痛める可能性もあるので、頭のてっぺんから吊られているイメージを持ち続けて。

あくまでも動かすのは骨盤。上半身をしっかりと固定し、骨盤だけを動かすことを意識すると、しっかりと腰のひねり運動を行うことができる。また、シャンプー中は足元が滑りやすいので注意しながら行って。

シャンプーしながら「立ちオチョ」を動画でチェック

撮影/生熊友博 取材・文/榎本麻紀恵

監修:進藤学さん

しんどう・がく。1980年1月7日、東京都生まれ。アルゼンチンタンゴダンサーとして活躍しながら、2005年に俳優デビューを果たす。俳優として活躍するかたわら、ダイエットインストラクターの資格を取得。ラテンダンス、アルゼンチンタンゴの要素を取り入れた「オチョダイエット」を考案し、インストラクターとして指導を行っている。著書に、『オチョリズム 8の字で痩せるダンスエクササイズ』『オチョダイエット 8の字が作りだす究極ボディ』(双葉社)など。

●8の字の動きで体を美しく引き締める「オチョダイエット」を考案者・進藤学が解説
●超簡単!体幹を鍛える方法は背伸び!そのやり方をダイエットインストラクターの進藤学が伝授
●お風呂でできるヨガポーズ6選|自律神経を整え、むくみ、肩こり、目の疲れ解消にも!
●2週間で痩せる!お風呂タイムの【ながらストレッチ】で美脚に
●お風呂でできるお手軽ダイエット!「3・3・3入浴」で代謝を高める

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事